三菱が7人乗りの新型クロスオーバー「エクスパンダー クロス」を世界初披露

2019.11.13 自動車ニュース
三菱エクスパンダー クロス
三菱エクスパンダー クロス拡大

三菱自動車は2019年11月12日、インドネシアのジャカルタで、新型クロスオーバー「エクスパンダー クロス」を世界初披露し、翌11月13日に発売した。

ベースとなった「エクスパンダ―」比で20mm車高がアップされた「エクスパンダー クロス」。
ベースとなった「エクスパンダ―」比で20mm車高がアップされた「エクスパンダー クロス」。拡大
チルトとテレスコピックの調整が可能なステアリングホイールやクルーズコントロールなどを装備。
チルトとテレスコピックの調整が可能なステアリングホイールやクルーズコントロールなどを装備。拡大
3人掛けとなる2列目シートはタンブル機構の採用により、3列目シートへのアクセスが容易に行える。
3人掛けとなる2列目シートはタンブル機構の採用により、3列目シートへのアクセスが容易に行える。拡大

今回お披露目されたエクスパンダー クロスは、インドネシアで数々の賞に輝いた「エクスパンダ―」シリーズの最上位モデル。MPVならではの使い勝手に優れた広い室内空間と、SUVならではの力強さや高い走行性能、快適な乗り心地を兼ね備える三菱らしさを際立たせたモデルだとアピールされる。

エクステリアでは、最新の「ダイナミックシールド」フロントデザインコンセプトを採用。ボディーサイドにブラックのホイールアーチモールディングを追加し50mm全幅を広げ、17インチタイヤと新デザインのアルミホイールを装備する。エクスパンダ―比で20mm高められた車高と相まって、よりSUVらしさを強調したと三菱は同車のデザインを説明している。

パワートレインは、ベースとなったエクスパンダーと同様に4A91型1.5リッターガソリンエンジンを搭載。トランスミッションは4段ATと5段MTをラインナップする。

クラストップレベルの広々とした室内空間を持ち、快適な7人乗りと乗客が簡単に出入りできる室内レイアウトとしたほか、高性能の吸音材と防振材を使用し実現した高い静粛性も自慢だという。

エクスパンダー クロスはエクスパンダーと同様に、同社のインドネシアでの乗用車生産拠点であるミツビシ・モータース・クラマ・ユダ・インドネシア(西ジャワ州ブカシ県)で生産される。アセアン地域をはじめとした各国にも輸出していく予定である。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
新着記事