フォルクスワーゲンが「cross up!」を再び日本導入 SUVスタイルに仕立てた「up!」の限定車

2019.12.04 自動車ニュース
フォルクスワーゲンcross up!
フォルクスワーゲンcross up!拡大

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2019年12月3日、Aセグメントのスモールカー「up!」に限定モデル「cross up!」を設定し、同日販売を開始した。

 
フォルクスワーゲンが「cross up!」を再び日本導入 SUVスタイルに仕立てた「up!」の限定車の画像拡大
 
フォルクスワーゲンが「cross up!」を再び日本導入 SUVスタイルに仕立てた「up!」の限定車の画像拡大
 
フォルクスワーゲンが「cross up!」を再び日本導入 SUVスタイルに仕立てた「up!」の限定車の画像拡大
 
フォルクスワーゲンが「cross up!」を再び日本導入 SUVスタイルに仕立てた「up!」の限定車の画像拡大
 
フォルクスワーゲンが「cross up!」を再び日本導入 SUVスタイルに仕立てた「up!」の限定車の画像拡大

cross up!は、SUVテイストのスタイリングを特徴とするup!の特別仕様車である。2017年、2018年に続く、3度目の日本導入となる今回は、500台が販売される。

装備も充実しており、2018年導入モデルで好評だった安全装備や快適装備に加え、プレミアムサウンドシステムや純正インフォテインメントシステム、フルオートエアコン、シートヒーター、クルーズコントロールなどが標準で採用されている。

これらを含む特別装備は以下の通り。

  • プレミアムサウンドシステム“beats sound system”(総出力300W、8チャンネル、7スピーカー)
  • オプティカルパーキングブレーキシステム
  • リアビューカメラ“Rear Assist”
  • 純正インフォテインメントシステム"Composition Phone" (5インチカラーディスプレイ、MP3/WMA再生、AM/FMラジオ、SDカード、Bluetoothオーディオ/ハンズフリーフォン)
  • スマートフォンホルダー、iPod/iPhone/USBデバイス接続装置
  • フルオートエアコンディショナー/アレルゲン除去機能付きフレッシュエアフィルター(花粉/ダスト除去外気導入フィルター)
  • 専用エクステリア(フロント&リアバンパー、ホイールハウスエクステンション、ブラックサイドモールディング、シルバードアミラー、シルバールーフレール)
  • 専用ドアシルプレート
  • レザーマルチファンクションステアリングホイール
  • 185/50R16タイヤ、6J×16インチアルミホイール

ボディーカラーは「スタアズールメタリック」「ハニーイエローメタリック」「トルネードレッド」の3色。価格は216万9000円となっている。

(webCG)

関連キーワード:
cross up!, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン cross up! の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・アルテオンRライン4MOTIONアドバンス(4WD/7AT)【試乗記】 2018.1.22 試乗記 フォルクスワーゲンから新しい上級モデル「アルテオン」が登場。カッコよさに使いやすさ、そして快適な乗り心地と、およそジドーシャに求められるすべての要素を満たしたニューモデルに触れ、資本主義社会における商品のあり方について思いを巡らせた。
  • 第2回:富士山麓への旅で知るE-Grip Comfortの真価 2018.3.5 GOODYEARが提案する“上質”の新基準<PR> グッドイヤーの新製品「エフィシェントグリップ コンフォート」を装着した「フォルクスワーゲン・アルテオン」で、風光明媚な精進湖を目指す。霊峰・富士の遠景を求める小トリップの様子を、写真とともにリポートする。
  • 第1回:竹岡 圭が語るE-Grip Comfortの魅力と実力 2018.3.5 GOODYEARが提案する“上質”の新基準<PR> 世界3大タイヤメーカーの一角、グッドイヤーから、新しいコンフォートタイヤ「エフィシェントグリップ コンフォート」が登場。高い静粛性とシャープなハンドリングの両立をうたう新製品の実力を、モータージャーナリストの竹岡 圭が試した。
  • フォルクスワーゲン・アルテオン 2017.3.7 画像・写真 独フォルクスワーゲンは第87回ジュネーブ国際モーターショー(開催期間:2017年3月7日~19日)で、新型5ドアハッチバック車「アルテオン」を世界初公開する。その姿を画像で紹介する。
  • フォルクスワーゲンがゴルフ トゥーランの仕様を変更 新エンジンを採用し装備も大幅拡充 2021.4.16 自動車ニュース フォルクスワーゲンがコンパクトミニバン「ゴルフ トゥーラン」の仕様を変更。ガソリン車のエンジンを新世代の「1.5 TSI」に変更したほか、インフォテインメントシステムを通信サービスに対応する最新のものとするなど、装備の強化も図っている。
ホームへ戻る