低燃費タイヤの新商品「ミシュラン・エナジーセイバー4」登場

2019.12.10 自動車ニュース
ミシュラン・エナジーセイバー4
ミシュラン・エナジーセイバー4拡大

日本ミシュランタイヤは2019年12月10日、低燃費タイヤの新商品「エナジーセイバー4」を、2020年2月1日に発売すると発表した。

 
低燃費タイヤの新商品「ミシュラン・エナジーセイバー4」登場の画像拡大
 
低燃費タイヤの新商品「ミシュラン・エナジーセイバー4」登場の画像拡大
ミシュランマン(写真左)と日本ミシュランタイヤのポール・ペリニオ社長(同右)。
ミシュランマン(写真左)と日本ミシュランタイヤのポール・ペリニオ社長(同右)。拡大

ミシュラン・エナジーセイバー4は「エナジーセイバー+」の後継製品であり、優れた低燃費性能を受け継ぎながら、ウエットブレーキ性能と快適性を高めているとうたわれている。設計・開発の舞台をヨーロッパから日本に移したことで、日本の環境と消費者ニーズによりフォーカスしたというのがミシュランの主張だ。

具体的には、縦溝の幅を最適化することでパターンノイズを低減(従来品比で5%減)したほか、トレッド面の下に特性の違うゴム(アンダートレッドラバー)をレイアウトすることでロードノイズを抑制(同9%減)。新配合のコンパウンドを採用し、ウエットブレーキ性能を高めている(同5.5%増)。

145/80R13から205/55R16までの全23サイズ展開で、価格はオープン。

(webCG)

関連キーワード:
タイヤ・スタッドレスタイヤ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事