「トヨタ・シエンタ」の特別仕様車“セーフティーエディション”発売

2020.01.07 自動車ニュース
トヨタ・シエンタ ファンベースG“セーフティーエディション”
トヨタ・シエンタ ファンベースG“セーフティーエディション”拡大

トヨタ自動車は2020年1月7日、ミニバン「シエンタ」に特別仕様車“セーフティーエディション”を設定し、販売を開始した。

 
「トヨタ・シエンタ」の特別仕様車“セーフティーエディション”発売の画像拡大
 
「トヨタ・シエンタ」の特別仕様車“セーフティーエディション”発売の画像拡大

今回の特別仕様車は3列シート車の「G」および2列シート車の「ファンベースG」がベース。車名の通り先進安全装備の充実を図っており、ペダルの踏み間違いなどによる衝突被害の軽減に寄与する「インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]」と、目視しにくい周囲の安全確認をサポートする「パノラミックビュー対応ナビレディーパッケージ」を特別装備する。また、快適装備の「スーパーUVカット&シートヒーターパッケージ」も採用した。

内装では、ベース車ではオレンジのアクセントが加わるインストゥルメントパネルを、すべてブラックとしている。

ボディーカラーは「ホワイトパールクリスタルシャイン」「シルバーメタリック」「ブラックマイカ」「センシュアルレッドマイカ」の全4色展開。

G“セーフティーエディション”の価格は1.5リッターガソリンモデルのFF車が215万6000円で、4WD車が230万0100円。1.5リッターハイブリッドモデル(FF車)は248万1600円。ファンベースG“セーフティーエディション”(FF車のみ)の価格は1.5リッターガソリンモデルが211万5300円で、1.5リッターハイブリッドモデルが248万1600円。

(webCG)

関連キーワード:
シエンタ, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ シエンタ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・シエンタ ファンベースG(FF/CVT)【試乗記】 2019.1.10 試乗記 トヨタの人気ミニバン「シエンタ」に、3列目シートを取り払った5人乗り仕様「ファンベース」が追加された。乗車可能人数を削減してまで手にした広いラゲッジスペースは、家族にどのような世界を見せてくれるのだろうか。
  • アウディA6 45 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.3.25 試乗記 「アウディA6」に追加された2リッターターボエンジン搭載モデルに試乗。位置づけはエントリーとはいえ、そこはアウディ。ドライビング性能を高める多彩な装備を用意しているのだ。“技術による先進”の最先端を味わってみた。
  • ホンダ・フィットの新開発4WDを試す 2020.3.10 だから新型フィットは心地いい<AD> いよいよ街を走りだした、新型「ホンダ・フィット」。フレンドリーなデザインや優れたユーティリティー性で話題だが、その走行性能も見逃せない。なかでも注目なのが、新開発のハイブリッドと4WDシステムの絶妙なコンビネーションが実現する心地いい走りだ。
  • トヨタが「シエンタ」をマイナーチェンジ 2列シート車を新設定 2018.9.11 自動車ニュース トヨタ自動車は、コンパクトミニバン「シエンタ」をマイナーチェンジし、2018年9月11日に販売開始した。現行モデルの登場から丸3年が経過した今回の変更では、従来の3列シート車に加え新たに2列シート車を設定するとともに、安全性能を強化した。
  • トヨタ・エスティマハイブリッド アエラス スマート(4WD/CVT)【試乗記】 2016.9.1 試乗記 マイナーチェンジが施された、トヨタのミニバン「エスティマ」に試乗。登場から11年目を迎えたロングセラーモデルは、どのようにリファインされたのか。走りや乗り心地を、ハイブリッドモデルで確かめた。
ホームへ戻る