1960年代の希少なルマンカーが登場【オートモビル カウンシル2020】

2020.02.13 自動車ニュース
イソ・グリフォA3/C
イソ・グリフォA3/C拡大

「CLASSIC MEETS MODERN」をテーマに掲げる自動車イベント「AUTOMOBILE COUNCIL 2020(オートモビル カウンシル2020)」が、2020年4月3日から5日にかけて千葉県の幕張メッセで開催される。その主催者による展示の内容が発表された。

アルピーヌM63
アルピーヌM63拡大

2020年の主催者展示のテーマは「60年代ルマンカーの凄(すご)みと美しさ」。これに沿って1966年「イソ・グリフォA3/C」と1963年「アルピーヌM63」の2台が展示される。

【イソ・グリフォA3/C】
日本でも大ヒットしたハリウッド映画『フォードvsフェラーリ』。このルマン24時間レースの舞台でひそかに注目を集めたのがイソ・グリフォA3/Cだ。

設計者はジウジアーロをして“天才”と言わしめたジョット・ビッザリーニ。「フェラーリGTO」の開発リーダーを務めた男でもある。

そのビッザリーニが高級グランドツアラー「イソ・グリフォ」をベースに純粋な競技車両に仕立てたのがA3/Cである。末尾の「C」はコンペティション、もしくはイタリア語のコルサを指すとされ、パワーユニットは「シボレー・コルベット」用の5.3リッタープッシュロッドV8エンジンにハイチューンを施した特別仕立て。7000個のリベットを用いたという低く美しく、なおかつ戦闘的なボディーはイタリアならではだ。全6台のみが製作されたうちの1台、オリジナルデザインに忠実な個体が幕張メッセに展示される。

【アルピーヌM63】
アルピーヌといえばラリーのイメージが強いが、創始者ジャン・レデレはサーキットレースにも情熱を燃やしていた。初代「A110」がデビューした1963年に初めてアルピーヌの名を冠したレーシングスポーツがルマンデビューを果たしているのが、それを雄弁に物語る。そのマシンこそがM63である。

リアに積まれたエンジンはわずか996ccの4気筒。その最高出力は95bhpにすぎないが、最高速は240km/hに到達した。まさにマルセル・ユベールが手がけたボディーのたまものといえるだろう。A110との共通点はウインドスクリーンのみ。サルトサーキットの長いストレートと高速コーナーに照準を合わせ、徹底的にエアロダイナミクスを磨いたこのボディーの空気抵抗はCd値0.20~0.22を実現していたという。

オートモビル カウンシル2020に展示されるのはシャシーナンバー1701、M63の1号車だ。ルマンの本戦ではリタイアを余儀なくされたものの、テストでは同じエンジンを積むライバル「ルネ・ボネ」よりも5秒も速いラップタイムをマーク。ルマンからひと月後に挑んだニュルブルクリンク1000kmではデビューウインを飾った由緒正しき個体だ。

FRPボディーによる軽量ライトウェイトの思想はアルピーヌそのもの。小排気量エンジンで効率の高さを限界まで追求する姿勢は、当時のフランス車ならではの特徴、美点といえるだろう。

(webCG)

関連キーワード:
オートモビル カウンシル2020, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事