F1開幕戦オーストラリアGPが新型コロナウイルスの影響で中止に【F1 2020】

2020.03.13 自動車ニュース

2020年3月13日からオーストラリア・メルボルンのアルバートパーク・サーキットで行われる予定だったF1世界選手権の第1戦オーストラリアGPは、開幕日の朝、急きょ中止となった。

F1もまた先行き見えず

世界的に感染が拡大する新型コロナウイルスの影響で、大小さまざまなイベントが対応に追われる中、モータースポーツも例外ではなく、フォーミュラEやWEC(世界耐久選手権)、二輪のMotoGPといった国際格式のレースのほか、アメリカのインディカーシリーズや日本のスーパーフォーミュラなどが相次いで中止・延期を余儀なくされている。

F1においても、2月早々に4月の第4戦中国GPの延期が決まり、開幕目前になって、3月の第2戦バーレーンGPについて主催者が無観客レースとすることを決断。ただ初戦のオーストラリアGPだけは予定通り実施されるということで、各国からメルボルンにドライバー、スタッフ、ジャーナリストたちが集結していた。

しかし、体調不良で検査を受けたチームスタッフがハース、マクラーレンから数人出たことが分かり、開幕日前の12日夜、マクラーレンの1人にコロナウイルスの陽性反応が認められたことが明らかになった。即時にマクラーレンは開幕戦を欠場することを発表。この事態を重く見たF1とFIA(国際自動車連盟)は、関係当局やチーム代表らと協議を重ね、現地時間の13日早朝、オーストラリアGPで予定されていたすべてのセッションやイベントの正式な中止を決定した。

多くのスポーツイベントが事前に中止・延期を決断しているなか、開催を強行しようとしたかに見えるオーストラリアGP。どの国のどの興行にもいえることだが、中止や延期による経済的な損失は小さくなく、F1のようなグローバルスポーツともなれば巨額のマネーが動く。レースが行われなければF1の興行収入がなくなり、参戦するチームへの分配金も減ってしまうことになる。

こうした経済的観点も当然重要だが、F1も認める通り、参加者や観戦者の安全や命に関わることは最優先事項でもある。今回の中止の決定は、遅きに失した感が否めない。

第2戦バーレーンGPは次の週末に迫っているが、チームメンバーが欠ける状況となるに違いないマクラーレンは参戦するのか。そもそもレースそのものは開催されるのか。先行きが見えないこの混乱状況はまだ続きそうである。

(文=bg) 

オーストラリアGPの中止決定後にインタビューに応じる、レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表(写真中央)。中止を受けてレッドブルは「F1ファンとともに失望を感じているが、チーム、ファン、メディアそしてサーキットのスタッフの安全を第一に考えなければならない」との声明を発表し、決定への理解を示した。(Photo=Getty Images/Red Bull Content Pool)
オーストラリアGPの中止決定後にインタビューに応じる、レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表(写真中央)。中止を受けてレッドブルは「F1ファンとともに失望を感じているが、チーム、ファン、メディアそしてサーキットのスタッフの安全を第一に考えなければならない」との声明を発表し、決定への理解を示した。(Photo=Getty Images/Red Bull Content Pool)拡大

関連キーワード:
F1 2020, モータースポーツ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事