F1第8戦アゼルバイジャンGPも延期が決定【F1 2020】

2020.03.24 自動車ニュース

2020年6月5日~7日に予定されていた、F1世界選手権第8戦アゼルバイジャンGPの開催延期が、同年3月23日に発表された。

新型コロナウイルスの世界的流行を受けて、2020年のシーズン開幕が大幅に遅れているF1。先週末に延期が決まった第5戦オランダGP、第6戦スペインGPに続き、首都バクーの市街地コースで行われるアゼルバイジャンGPについても開催日を見直す決断がくだされた。

これで6月12日~14日の第9戦カナダGPが今年最初のレースとなる可能性が出てきたが、カナダといえば今夏の東京オリンピック・パラリンピックに選手団派遣を見送ることを表明した最初の国でもあり、状況は不透明と言わざるを得ないだろう。

現時点で中止・延期が決まったGPは以下の通り。

  • 第1戦オーストラリアGP(中止)
  • 第2戦バーレーンGP(延期)
  • 第3戦ベトナムGP(延期)
  • 第4戦中国GP(延期)
  • 第5戦オランダGP(延期)
  • 第6戦スペインGP(延期)
  • 第7戦モナコGP(中止)
  • 第8戦アゼルバイジャンGP(延期)

(文=bg)

F1第8戦アゼルバイジャンGPも延期に。これで延期は6レース、中止は2レースとなった。写真は2019年のアゼルバイジャンGPの様子。(Photo=Scuderia Ferrari Press Office)
F1第8戦アゼルバイジャンGPも延期に。これで延期は6レース、中止は2レースとなった。写真は2019年のアゼルバイジャンGPの様子。(Photo=Scuderia Ferrari Press Office)拡大

関連キーワード:
F1 2020, モータースポーツ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事