「シトロエンC5エアクロスSUV」のガソリンターボモデル登場

2020.04.09 自動車ニュース
シトロエンC5エアクロスSUV
シトロエンC5エアクロスSUV拡大

グループPSAジャパンは2020年4月9日、シトロエンブランドのクロスオーバーSUV「C5エアクロスSUV」にガソリンエンジン搭載モデルを追加設定し、販売を開始した。

 
「シトロエンC5エアクロスSUV」のガソリンターボモデル登場の画像拡大

今回追加されたガソリンモデルに搭載されるのは最高出力180PS/5500rpm、最大トルク250N・m/1650rpmの1.6リッターターボユニット。トランスミッションはアイシン・エィ・ダブリュと共同開発した8段AT「EAT8」で、駆動方式はFFのみの設定となる。WLTCモードの燃費値は13.8km/リッター。車両重量は1520kgと公表されており、既存の2リッターディーゼルモデルより120kg軽いという点も見逃せない。

なお、そのディーゼルモデルも含めて、純正装着タイヤが235/55ZR18のオールシーズンタイヤから、225/55ZR18のサマータイヤへと変更されている。

価格はディーゼルモデルよりも22万9000円安い409万円。

(webCG)

関連キーワード:
C5エアクロスSUV, シトロエン, 自動車ニュース

シトロエン C5エアクロスSUV の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シトロエンC3エアクロスSUVシャイン(FF/6AT)【試乗記】 2019.11.18 試乗記 個性派シトロエンの中でも変わった見た目の「C3エアクロスSUV」は、どんな味わいのクルマなのか? 高速道路からワインディングロードまで走らせた筆者は、かつて胸をときめかせてくれた、むかしのフランス車を思い出していた。
  • シトロエンC5エアクロスSUVシャイン(FF/8AT)【試乗記】 2020.6.22 試乗記 シトロエンの「C5エアクロスSUV」に1.6リッターガソリンターボ搭載モデルが追加された。先に導入された2リッターディーゼル車と比べると、最高出力は微増で最大トルクは大幅減、そして車両重量も大幅減。果たしてその仕上がりは?
  • ホンダeアドバンス(RWD)【試乗記】 2020.9.19 試乗記 ホンダの新しい電気自動車「ホンダe」に試乗。すでに報じられている通り、その実態は航続距離や居住性をほどほどのところで割り切った都市型コミューターだ。市街地と高速道路主体にドライブした印象をリポートする。
  • ボルボXC40 B5 AWD R-DESIGN(4WD/8AT)【試乗記】 2020.9.16 試乗記 ボルボの電動化戦略の一翼を担う、SUV「XC40」のマイルドハイブリッドモデル。“エコ”ゆえにおとなしいキャラクターかと思いきや、その走りは驚くほどファン・トゥ・ドライブに満ちていた。
  • フォルクスワーゲンTロックTDI Rライン(FF/7AT)【試乗記】 2020.9.17 試乗記 フォルクスワーゲンから“コンパクトSUV 3兄弟”のトリをかざるニューモデル「Tロック」が登場。「コンパクトSUV市場をロック(rock=揺さぶる)する」というメッセージとともに送り出された新顔の実力を確かめた。
ホームへ戻る