「ボルボXC90」にハイブリッドの最新モデル 100台限定の「ノルディックエディション」も

2020.04.23 自動車ニュース

ボルボ・カー・ジャパンは2020年4月23日、最上級SUV「ボルボXC90」のラインナップに「XC90 B5 AWDモメンタム」を追加すると発表。台数100台の限定車「XC90 B5 AWDノルディックエディション」とともに、同日、販売を開始した。

両モデルに搭載される新開発パワートレイン「B5」には、ISGM(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター・モジュール) により発生した電力を48Vリチウムイオンバッテリーに蓄電、エンジンの始動や動力の補助を行うハイブリッドシステムが採用されている。

スターターモーターに代えてISGMでエンジンの始動を行うことにより、アイドリングストップ後の再始動時におけるノイズやバイブレーションも大幅に低減。シリンダー部のフリクションロスを抑えつつ、一定条件下で2気筒走行を可能とする気筒休止システムを採用するなど、2リッター直4ターボエンジン本体にも改良を施すことでエネルギー効率の向上が図られている。

100台限定のXC90 B5 AWDノルディックエディションは、XC90 B5 AWDモメンタムがベースで、人気の高いオプションが装着されている。主な特別装備は以下の通り。

  • クライメートパッケージ(リアドアウィンドウサンブラインド、ステアリングホイールヒーター、リア2列目シートヒーター)
  • チルトアップ機構付き電動パノラマガラスサンルーフ
  • harman/kardonプレミアムサウンドオーディオシステム(600W、14スピーカー、サブウーファー付き)
  • リニアウォールナットウッドパネル
  • 専用20インチアルミホイール(5マルチスポーク9.0J×20ダイヤモンドカット/マットグラファイト、275/45R20サイズタイヤおよびフェンダーエクステンションワイドタイプ付き)

またXC90 B5 AWDノルディックエディションでは、内外装のカラーコンビネーションが以下の3タイプから選べるようになっている。

  • ボディーカラー:サヴィルグレーメタリック、本革シートカラー:スレート、インテリアカラー:チャコール×チャコール
  • ボディーカラー:クリスタルホワイトパール、本革シートカラー:マルーンブラウン、インテリアカラー:チャコール×チャコール
  • ボディーカラー:バーチライトメタリック、本革シートカラー:ブロンド、インテリアカラー:チャコール×ブロンド

価格は以下の通り。

  • XC90 B5 AWDモメンタム:824万円
  • XC90 B5 AWDノルディックエディション:879万円

(webCG)

ボルボXC90 B5 AWDノルディックエディション
ボルボXC90 B5 AWDノルディックエディション拡大

関連キーワード:
XC90, ボルボ, 自動車ニュース

ボルボ XC90 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボXC40 2017.9.21 画像・写真 ボルボが新型コンパクトSUV「XC40」を発表した。小型車向けの新世代アーキテクチャー「CMA」を採用した初のモデルであり、パワープラントには4気筒のガソリンエンジンやディーゼルエンジン、ハイブリッドなどに加え、3気筒エンジンも設定される予定となっている。
  • ボルボXC90 D5 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.5.24 試乗記 「ボルボXC90」のクリーンディーゼル搭載車は、ガソリン車やPHVも選べるXC90において、今後メインになると期待されるモデル。その乗り味を確かめるべく、初夏を迎えた山形・庄内平野を中心にステアリングを握った。
  • ボルボS60 T4モメンタム(FF/8AT)【試乗記】 2020.4.10 試乗記 現行ボルボで唯一のセダンとなった「S60」に試乗。伝統のステーションワゴンやSUVが話題を集めている同ブランドにあって、セダンにはどんな魅力があるのか。最高出力190PSのエントリーモデル「T4」のステアリングを握り、箱根の山岳路で確かめてみた。
  • メルセデス・ベンツB200d(FF/8AT)【試乗記】 2020.5.19 試乗記 メルセデスのルーミーなコンパクトモデル「Bクラス」に、クリーンディーゼル搭載モデルが登場。とことん家庭的なクルマかと思いきや、そのスポーティーな走りとデザインは、筆者の予想を大きく上回っていた。
  • メルセデス・ベンツCLA250 4MATICシューティングブレーク(4WD/7AT)【試乗記】 2020.5.18 試乗記 クーペライクなスタイリングを身上とするメルセデス・ベンツのコンパクトワゴン「CLAシューティングブレーク」が、2代目にモデルチェンジ。気の利いたデザインとワゴンならではの機能性を併せ持つこのモデルの魅力を、ひとことで表すと……?
ホームへ戻る