「三菱アウトランダーPHEV」の特別仕様車「ブラックエディション」発売

2020.06.04 自動車ニュース

三菱自動車は2020年6月4日、プラグインハイブリッド車「アウトランダーPHEV」に特別仕様車「ブラックエディション」を設定し、販売を開始した。

三菱アウトランダーPHEVブラックエディションは、「G」グレードをベースに、内外装にブラックのアクセントカラーを配することで上質感とスポーティーさを強調した特別仕様車である。ブラックエディションはすでにガソリン車の「アウトランダー」や「エクリプス クロス」「ミラージュ」「RVR」に設定されており、アウトランダーPHEVはこれらに続く第5弾モデルとなる。

エクステリアではフロントグリルにブラックメッキを、前後スキッドプレートにはブラックマイカを、フロントフォグランプベゼルにはピアノブラックを採用。18インチアルミホイールにもブラック塗装を施した。

ボディーカラーはモノトーンの「ブラックマイカ」と、「チタニウムグレー/ブラックマイカ」「レッドダイヤモンド/ブラックマイカ」「ホワイトパール/ブラックマイカ」のツートンカラー3タイプの、全4タイプを設定。ツートンカラーはルーフ部分をブラックマイカとすることで低重心な印象を強調している。

インテリアはヘッドライニングと各種トリムをブラックで統一し、スポーティーなドライビング空間をイメージ。本革巻きステアリングホイールや前後コンビネーションシート、メーターフードのステッチをレッドとしたほか、ピアノブラックのセレクターレバーやブラックカーボン調のドアトリムオーナメント、アルミペダルも採用した。

このほか、カタログモデルでは最上級グレード「Sエディション」のみに標準装備されているビルシュタイン製ショックアブソーバーを装備する。

価格は441万3200円。

(webCG)

三菱アウトランダーPHEVブラックエディション
三菱アウトランダーPHEVブラックエディション拡大

関連キーワード:
アウトランダーPHEV, 三菱, 自動車ニュース

三菱 アウトランダーPHEV の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る