「三菱アウトランダーPHEV」の特別仕様車「ブラックエディション」発売

2020.06.04 自動車ニュース

三菱自動車は2020年6月4日、プラグインハイブリッド車「アウトランダーPHEV」に特別仕様車「ブラックエディション」を設定し、販売を開始した。

三菱アウトランダーPHEVブラックエディションは、「G」グレードをベースに、内外装にブラックのアクセントカラーを配することで上質感とスポーティーさを強調した特別仕様車である。ブラックエディションはすでにガソリン車の「アウトランダー」や「エクリプス クロス」「ミラージュ」「RVR」に設定されており、アウトランダーPHEVはこれらに続く第5弾モデルとなる。

エクステリアではフロントグリルにブラックメッキを、前後スキッドプレートにはブラックマイカを、フロントフォグランプベゼルにはピアノブラックを採用。18インチアルミホイールにもブラック塗装を施した。

ボディーカラーはモノトーンの「ブラックマイカ」と、「チタニウムグレー/ブラックマイカ」「レッドダイヤモンド/ブラックマイカ」「ホワイトパール/ブラックマイカ」のツートンカラー3タイプの、全4タイプを設定。ツートンカラーはルーフ部分をブラックマイカとすることで低重心な印象を強調している。

インテリアはヘッドライニングと各種トリムをブラックで統一し、スポーティーなドライビング空間をイメージ。本革巻きステアリングホイールや前後コンビネーションシート、メーターフードのステッチをレッドとしたほか、ピアノブラックのセレクターレバーやブラックカーボン調のドアトリムオーナメント、アルミペダルも採用した。

このほか、カタログモデルでは最上級グレード「Sエディション」のみに標準装備されているビルシュタイン製ショックアブソーバーを装備する。

価格は441万3200円。

(webCG)

三菱アウトランダーPHEVブラックエディション
三菱アウトランダーPHEVブラックエディション拡大

関連キーワード:
アウトランダーPHEV, 三菱, 自動車ニュース

三菱 アウトランダーPHEV の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱アウトランダーPHEVという選択 2016.12.8 プラグインハイブリッドでGO!<PR> デビュー以来着実に改良を重ねてきた、充電可能な三菱のSUV「アウトランダーPHEV」に試乗。国内外でプラグインハイブリッドモデルに注目が集まりつつあるいま、あらためてその実力を確かめた。
  • ランドローバー・ディフェンダー110/ジープ・ラングラー アンリミテッド(後編)【試乗記】 2020.11.24 試乗記 “これぞジープ”の味を守り続ける「ラングラー」と、新世代のオフローダーへと大胆な変身を遂げた「ランドローバー・ディフェンダー」。後半ではメカニズムの違いがもたらす走破性や乗り味の違いを考えながら、林道を奥へ奥へと進んでみた。
  • 三菱エクリプス クロス<PHEV>プロトタイプ(4WD)【試乗記】 2020.10.19 試乗記 三菱のコンパクトSUV「エクリプス クロス」が大規模なマイナーチェンジを受けた。ボディーサイズの拡大やデザイン変更などトピックは多いが、なんといってもメインはプラグインハイブリッドモデルの追加設定だ。発売前のプリプロダクションモデルでその仕上がりを確かめた。
  • 第6回:プレミアムSUVとしての実力に迫る 2017.12.26 徹底検証! ボルボXC60 世代交代を果たした最新の「ボルボXC60」は、どんなクルマに仕上がっているのだろうか。今回は、同車に近いスペックを持つレクサスのSUV「RX」との乗り比べを通して、それぞれの個性を浮き彫りにする。
  • ボルボV90 B6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.27 試乗記 48Vマイルドハイブリッド搭載の「ボルボV90 B6 AWDインスクリプション」で、古都・金沢まで約650kmの道のりをロングドライブ。高速道での快適性やボルボが誇るADAS「インテリセーフ」の実用性に加え、燃費性能もチェックした。
ホームへ戻る