「ランボルギーニ・ウルス」に初のカスタマイズオプションが登場

2020.06.19 自動車ニュース
ランボルギーニ・ウルス<パールカプセル>
ランボルギーニ・ウルス<パールカプセル>拡大

伊アウトモビリ・ランボルギーニは2020年6月17日(現地時間)、SUV「ウルス」の新たなデザインエディション「パールカプセル」を発表した。

 
「ランボルギーニ・ウルス」に初のカスタマイズオプションが登場の画像拡大
 
「ランボルギーニ・ウルス」に初のカスタマイズオプションが登場の画像拡大
 
「ランボルギーニ・ウルス」に初のカスタマイズオプションが登場の画像拡大
 
「ランボルギーニ・ウルス」に初のカスタマイズオプションが登場の画像拡大
 
「ランボルギーニ・ウルス」に初のカスタマイズオプションが登場の画像拡大

ウルスにとって初のカスタマイズオプションとなるパールカプセルを手がけたのはランボルギーニのデザイン部門であるチェントロ・スティーレ。他の追随を許さないウルスのスタイルと高揚感あふれるパフォーマンスをさらに引き立てるのが目的だという。

エクステリアカラーは、ランボルギーニ伝統の高光沢4層パールカラー「ジアッロインティ」「アランチョボレアリス」「ヴェルデマンティス」にハイグロスブラックのルーフとリアディフューザー、スポイラーリップなどのディテールを組み合わせたツートンを採用。スポーティーなマットグレーのテールパイプには、ボディーカラーのアクセントを加えたハイグロスブラックの23インチホイールを組み合わせるのがランボルギーニのおすすめだ。

インテリアにもツートンカラーを適用したほか、ディテール部分にはカーボンとブラックアルマイトを採用。シートには六角形の「Q-Citura」ステッチに加えて、モデルロゴとブランドロゴのステッチもあしらわれる。さらに、パールカプセル専用オプションとして、表皮にパーフォレーション加工を施したアルカンターラ仕立てのフルエレクトリックシートも用意する。

カスタマイズオプションのパールカプセルは2021モデルイヤーのウルスから適用。2021モデルではキーデザインが新しくなったほか、ボタンを押すだけで自動で縦列駐車と並列駐車ができる「パーキングアシスト」がオプション設定されている。さらに、730Wのアンプと17個のスピーカーからなるサウンドシステム「Sensonum」も含まれている。

ウルスの2021イヤーモデルの価格は3068万1070円。

(webCG)

関連キーワード:
ウルス, ランボルギーニ, 自動車ニュース

ランボルギーニ ウルス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランボルギーニ・ウルス(4WD/8AT)【試乗記】 2018.12.18 試乗記 ランボルギーニが開発した、スーパーカーならぬ“スーパーSUV”「ウルス」。いざ日本の道でステアリングを握ってみると、他社のSUVとも従来のランボルギーニとも違う走りに、驚かされることとなった。
  • アストンマーティンDBX(4WD/9AT)【試乗記】 2020.9.25 試乗記 デビューから1年近くがたち、ようやく日本上陸を果たした「アストンマーティンDBX」。英国のラグジュアリーブランドが初めて手がけたSUVは、待ち焦がれたファンも納得するであろう上質な走りを味わわせてくれた。
  • ポルシェ911カレラ4カブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.9.21 試乗記 最新のポルシェは最良のポルシェ……。このような言い回しが流布して久しいが、果たして現在でもこの図式は成り立つのだろうか。まさに最新の992型「911カレラ4カブリオレ」と半日向き合って考えてみた。
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.8.25 試乗記 デビューから約5年というタイミングで、マイナーチェンジを受けた「ベントレー・ベンテイガ」。完璧の“さらに上”を目指したという大幅改良は、このラグジュアリーSUVにどのような変化をもたらしたのか? クローズドコースで実力の片りんに触れた。
  • ランボルギーニ・ウルス(4WD/8AT)【試乗記】 2018.11.16 試乗記 ランボルギーニが“スーパーSUV”と呼ぶ「ウルス」がいよいよ日本に上陸した。全長5m超のボディーに、最高出力650ps、最大トルク850NmのV8エンジンを備えたこの“猛牛”は、果たして日本の交通事情の中で生き延びていけるのだろうか……。
ホームへ戻る