「ランボルギーニ・ウルス」に初のカスタマイズオプションが登場

2020.06.19 自動車ニュース
ランボルギーニ・ウルス<パールカプセル>
ランボルギーニ・ウルス<パールカプセル>拡大

伊アウトモビリ・ランボルギーニは2020年6月17日(現地時間)、SUV「ウルス」の新たなデザインエディション「パールカプセル」を発表した。

 
「ランボルギーニ・ウルス」に初のカスタマイズオプションが登場の画像拡大
 
「ランボルギーニ・ウルス」に初のカスタマイズオプションが登場の画像拡大
 
「ランボルギーニ・ウルス」に初のカスタマイズオプションが登場の画像拡大
 
「ランボルギーニ・ウルス」に初のカスタマイズオプションが登場の画像拡大
 
「ランボルギーニ・ウルス」に初のカスタマイズオプションが登場の画像拡大

ウルスにとって初のカスタマイズオプションとなるパールカプセルを手がけたのはランボルギーニのデザイン部門であるチェントロ・スティーレ。他の追随を許さないウルスのスタイルと高揚感あふれるパフォーマンスをさらに引き立てるのが目的だという。

エクステリアカラーは、ランボルギーニ伝統の高光沢4層パールカラー「ジアッロインティ」「アランチョボレアリス」「ヴェルデマンティス」にハイグロスブラックのルーフとリアディフューザー、スポイラーリップなどのディテールを組み合わせたツートンを採用。スポーティーなマットグレーのテールパイプには、ボディーカラーのアクセントを加えたハイグロスブラックの23インチホイールを組み合わせるのがランボルギーニのおすすめだ。

インテリアにもツートンカラーを適用したほか、ディテール部分にはカーボンとブラックアルマイトを採用。シートには六角形の「Q-Citura」ステッチに加えて、モデルロゴとブランドロゴのステッチもあしらわれる。さらに、パールカプセル専用オプションとして、表皮にパーフォレーション加工を施したアルカンターラ仕立てのフルエレクトリックシートも用意する。

カスタマイズオプションのパールカプセルは2021モデルイヤーのウルスから適用。2021モデルではキーデザインが新しくなったほか、ボタンを押すだけで自動で縦列駐車と並列駐車ができる「パーキングアシスト」がオプション設定されている。さらに、730Wのアンプと17個のスピーカーからなるサウンドシステム「Sensonum」も含まれている。

ウルスの2021イヤーモデルの価格は3068万1070円。

(webCG)

関連キーワード:
ウルス, ランボルギーニ, 自動車ニュース