ミシュランがクラシックタイヤ「XAS FF」の新サイズを発表 チューブレスホイールにも対応

2020.07.07 自動車ニュース

日本ミシュランタイヤは2020年7月7日、クラシックカー向けタイヤ「XAS FF」の新サイズを、同年9月1日に発売すると発表した。

XAS FFは、かつて生産・販売されていた同名の製品を、現代の技術を取り入れて復刻させたクラシックタイヤである。

オリジナルのXAS FFは、1965年に登場した高性能タイヤ「XAS」をベースにレース専用のコンパウンドを採用したもので、1968年のレース「Formula France(フォーミュラ・フランス)」でデビュー。製品名のFFとは、このレースの名称に由来したものだ。性能の高さと対応範囲の広さから、サーキットでのレースはもちろん、ラリーやヒルクライムなどさまざまなモータースポーツで活躍した。

今回追加されるサイズは145HR13 TL 74Hの1種類で、チューブレスホイールにも対応。既存の155HR13 TT 78H、165HR13 TT 82Hと合わせ、全3サイズの展開となる。価格はオープン。

(webCG)

ミシュランXAS FF
ミシュランXAS FF拡大

関連キーワード:
タイヤ・スタッドレスタイヤ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事