クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第576回:ちょっと懐かしいあのタイヤも復活!
ミシュラン製クラシックタイヤの世界

2019.07.04 エディターから一言
ミシュランがラインナップするクラシックカー用タイヤ(のごく一部)。中央の1本が、このほど発売された「MXV3-A」だ。
ミシュランがラインナップするクラシックカー用タイヤ(のごく一部)。中央の1本が、このほど発売された「MXV3-A」だ。拡大

世界有数のタイヤメーカーであるミシュランが、クラシックカー向けのタイヤ、通称“クラシックタイヤ”を豊富に手がけているのをご存じだろうか。戦前のビンテージカーから懐かしのネオレトロまで、幅広いクルマ向けに商品を取りそろえるミシュランの取り組みを紹介する。

幅広い年代のクラシックカー用タイヤを手がけるミシュラン。過日取材した、ボルボ・クラシックガレージがレストアした「122Sアマゾン」も、同社のクラシックタイヤ「XZX」を装着していた。(写真=荒川正幸)
幅広い年代のクラシックカー用タイヤを手がけるミシュラン。過日取材した、ボルボ・クラシックガレージがレストアした「122Sアマゾン」も、同社のクラシックタイヤ「XZX」を装着していた。(写真=荒川正幸)拡大
日本ミシュランタイヤ モータースポーツ クラシックタイヤ担当の鈴木義子さん。モータースポーツ部門のスタッフがクラシックカー用タイヤを担当するのには、もちろん理由があるのだが……。
日本ミシュランタイヤ モータースポーツ クラシックタイヤ担当の鈴木義子さん。モータースポーツ部門のスタッフがクラシックカー用タイヤを担当するのには、もちろん理由があるのだが……。拡大
取材のためにおめかししてくれたのか。ビバンダム氏もこの日はクラシカルな装いだった。
取材のためにおめかししてくれたのか。ビバンダム氏もこの日はクラシカルな装いだった。拡大

ミシュランが「MXV3-A」を“発売”?

日々、たくさんのプレスリリースがメールで届く。なかにはジャンル違いでスルーすることもあるが、反対に妙に引っかかるものもある。「日本ミシュランタイヤ、クラシックタイヤ『MICHELIN MXV3-A』発売」のプレスリリースは、かなり気になる例のひとつだ。

ミシュランがクラシックカー向けのクラシックタイヤを販売しているのは知っていた。知人が古い「ポルシェ911」(正確には「912」だが)用にミシュランの「XAS」を日本で手に入れて装着しており、ほんの少しだが私も運転する機会があったからだ。

でも、それ以外にどんなラインナップがあるか知らなかったし、クラシックと呼ぶにはまだ新しいMXV3-Aが復活することにも興味を持った。そんな話をwebCG編集部のホッタ君にしたところ、「じゃあ、取材に行きましょう」ということになり、6月某日、日本ミシュランタイヤを訪ねたのである。

“ミシュランマン”と見まごうばかりのわれわれ取材班を迎えてくれたのは、クラシックタイヤを担当する鈴木義子さん。名刺をいただくと、所属はなぜかモータースポーツの部署となっている。謎は深まるばかりである……。

古くは1920年代後半のクルマに対応

「私たちがクラシックタイヤとして販売しているのは、1920年代後半から1980年代前半に製造された車両向けのタイヤです。さらにいまは後の年代のものまで範囲が広がってきています」

実際、先日ラインナップに加わったMXV3-Aは1992年に日本国内で発売されたタイヤで、1980年代から1990年代前半に販売された車両が対象とうたわれている。21世紀のクルマが対象になるのも時間の問題だ。

鈴木さんによると、ミシュランがクラシックカータイヤの生産を始めたのは1980年代からだという。

「クラシックカーのオーナーズクラブの方から、『戦前のクルマのタイヤがないので、つくってほしい』という話がフランスの研究部門にありました。そんなお客さまの声に耳を傾け、研究所の小ロットのタイヤラインで対応したのが始まりでした」

最初は特注品という位置づけだったが、その後、クラシックタイヤが欲しいという声が広がってラインナップが増え、ひとつのビジネスとして取り組むようになっていったのだという。

2019年5月に販売が開始された「MXV3-A」。当時のサルーンやスポーティーカー向けに開発された高性能タイヤで、今回の“復活”に際しては、1980年代から1990年代前半に販売された“ヤングタイマー世代”のクルマをターゲットとしている。
2019年5月に販売が開始された「MXV3-A」。当時のサルーンやスポーティーカー向けに開発された高性能タイヤで、今回の“復活”に際しては、1980年代から1990年代前半に販売された“ヤングタイマー世代”のクルマをターゲットとしている。拡大
こちらは、いち早く左右非対称のパターンを取り入れた「XAS」。世界で初めて210km/hまでの速度レンジに対応した量産タイヤとして注目を集めた。
こちらは、いち早く左右非対称のパターンを取り入れた「XAS」。世界で初めて210km/hまでの速度レンジに対応した量産タイヤとして注目を集めた。拡大
当然のことながら、トレッドパターンやサイドウオールは当時のデザインを踏襲。クラシカルな「MICHELIN」のロゴも当時のままだ。
当然のことながら、トレッドパターンやサイドウオールは当時のデザインを踏襲。クラシカルな「MICHELIN」のロゴも当時のままだ。拡大

今や25パターン、95タイプを販売

現在のラインナップは、最新のMXV3-Aを含めて25パターン、95タイプ。基本的には、日本もフランス本国と同じ品ぞろえだそうだ。

「ラインナップがどんどん増えていて、今後もさらに増える予定です。これだけ幅広いラインナップを持つメーカーは珍しいのではないでしょうか」

確かにラインナップの豊富さには驚かされるが、取り組みの早さもまた驚きである。鈴木さんいわく、日本でも1980年代からクラシックタイヤを販売していたというのだ。

「当時は、通常のカタログにいくつか掲載していた程度でした。いまのようにクラシックタイヤ専用のカタログをつくるようになったのは2012年からです」

そのころに、クラシックタイヤの扱いがモータースポーツの部署に移管されたのだという。

「一般のタイヤとはお客さまの要望が違います。趣味性、嗜好(しこう)性が高く、専門的な知識も必要です。そこで、世界的にモータースポーツの部署で取り扱うことになりました」

1970年代のスーパーカーやハイパフォーマンスカーに純正装着されたラジアルタイヤ「XWX」。一部のサイズを除き、最高速度はWレンジ(270km/h)とされていた。
1970年代のスーパーカーやハイパフォーマンスカーに純正装着されたラジアルタイヤ「XWX」。一部のサイズを除き、最高速度はWレンジ(270km/h)とされていた。拡大
クラシックタイヤ用のカタログ。左上の「MICHELIN」のロゴに注目。今日では使われていない、古いロゴを使用しているのだ。
クラシックタイヤ用のカタログ。左上の「MICHELIN」のロゴに注目。今日では使われていない、古いロゴを使用しているのだ。拡大
パワーポイントで「MXV3-A」のターゲット車種を紹介する鈴木さん。「アルファ・ロメオ75」に「アウディ・クワトロ」「シトロエンBX」、日本車では「いすゞ・ピアッツァ」「日産パルサー」と、懐かしい車名が並び、大いに盛り上がった。
パワーポイントで「MXV3-A」のターゲット車種を紹介する鈴木さん。「アルファ・ロメオ75」に「アウディ・クワトロ」「シトロエンBX」、日本車では「いすゞ・ピアッツァ」「日産パルサー」と、懐かしい車名が並び、大いに盛り上がった。拡大

見た目はクラシカルでも

ところで、前述のプレスリリースには、「当時の開発コンセプトと外観はそのままにミシュランの最新技術を投入することで、車両はもちろん現代の路面環境に最適化された新たなクラシックタイヤとしてラインナップします」と書かれていたが、実際にはどのようにつくられているのだろうか?

「クラシックタイヤは当時のままの外観を再現していますが、金型をそのまま使うことができないので、新たに金型を起こしています」

一方、投入される技術については、ゴムをはじめとするタイヤの技術は日々進歩しており、今日のタイヤ技術で、当時の味を再現しているのだという。

「当時の材料で再現することが必ずしも良いわけではありませんし、当時の材料のなかにはいまは使うことができないものがある、という事情もあります」

クラシックタイヤを開発するにあたっては、実際に当時のクルマに装着して走行テストを行い、可能なかぎり当時の乗り味を再現しているという。さらに、安全性や耐久性といった性能に関しては現代のタイヤと同じようにテストを行うため、ラインナップを追加するにはそれなりの時間とコストがかかるのだ。

そんな作業の積み重ねにより、ラインナップの拡大が進んでいるミシュランのクラシックタイヤ。MXV3-Aや往年の「パイロットスポーツ」など、おなじみのモデルも増えているので、ちょっと古いクルマに装着して当時の雰囲気や乗り味を再現したいという人は、カタログやウェブサイトをチェックしてほしい。また、鈴木さんいわく、いまは輸入車向けが多いが、古い日本車オーナーからの要望にも応えたいとのことだった。クラシックカーのタイヤにお困りの際は、ミシュランに相談してみてはいかがだろう。

(文=生方 聡/写真=webCG/編集=堀田剛資)

「MXV3-A」のトレッドパターン。当時の金型を現代の加硫機に取り付けるのは不可能なので、クラシックタイヤを製造するためには、同じデザインの金型をわざわざつくり直す必要があるのだ。
「MXV3-A」のトレッドパターン。当時の金型を現代の加硫機に取り付けるのは不可能なので、クラシックタイヤを製造するためには、同じデザインの金型をわざわざつくり直す必要があるのだ。拡大
2019年のオートモビル カウンシルにおけるミシュランのブースの様子。過日の「シトロエン100周年記念ミーティング」にもクラシックタイヤのブースを出展するなど、ミシュランはさまざまなイベントに積極的に参加している。ブースを見かけたら、ぜひのぞいてみよう。
2019年のオートモビル カウンシルにおけるミシュランのブースの様子。過日の「シトロエン100周年記念ミーティング」にもクラシックタイヤのブースを出展するなど、ミシュランはさまざまなイベントに積極的に参加している。ブースを見かけたら、ぜひのぞいてみよう。拡大
日本ミシュランタイヤの鈴木義子さんと、クラシックカー用タイヤの新製品「MVX3-A」。
日本ミシュランタイヤの鈴木義子さんと、クラシックカー用タイヤの新製品「MVX3-A」。拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

関連キーワード

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。