マクラーレンの新型スーパースポーツ「620R」 4カ月遅れで日本初公開へ【オートモビル カウンシル2020】

2020.07.13 自動車ニュース
マクラーレン620R
マクラーレン620R拡大

マクラーレン・オートモーティブは2020年7月13日、千葉・幕張メッセで開催される自動車イベント「AUTOMOBILE COUNCIL 2020(オートモビル カウンシル2020)」(開催期間:7月31日~8月2日)において、「マクラーレン620R」を日本初公開すると発表した。

レーシーなたたずまいを見せる「マクラーレン620R」のリアビュー。
レーシーなたたずまいを見せる「マクラーレン620R」のリアビュー。拡大
マクラーレンGT
マクラーレンGT拡大

新型コロナウイルスの影響で、開催が延期されたオートモビル カウンシル2020。マクラーレンブースの目玉となるのは、レーシングマシン「マクラーレン570S GT4」の公道仕様と位置づけられるマクラーレン620Rだ。同モデルは、最高出力620PS、最大トルク620N・mを発生する3.8リッターV8ツインターボエンジンを搭載。「公道とサーキット、いずれの環境においてもレーシングカーのエクスペリエンスを実現する」とうたわれている。

このマクラーレン620Rを紹介するプレゼンテーションは、オートモビル カウンシル2020の会場で特別内覧日の7月31日午前に開催される予定。マクラーレンのブースにはこのほか、中核モデルと位置づけられる「マクラーレン720S」とグランドツアラーとして長距離ドライブにも適した「マクラーレンGT」が出展される。

(webCG)

関連キーワード:
620R, マクラーレン, 自動車ニュース

マクラーレン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マクラーレン・セナ 2018.2.13 画像・写真 英マクラーレンはジュネーブショー2018で“アルティメットシリーズ”の最新作「セナ」を発表する。800psの4リッターV8ツインターボエンジン搭載。500台の限定車で、車両価格は67万5000ポンド(約1億0100万円)。その姿を画像で紹介する。
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
  • ホンダN-ONE RS(FF/6MT)【試乗記】 2021.3.3 試乗記 ボディーパネルの大半をキャリーオーバーという前代未聞のフルモデルチェンジを果たした「ホンダN-ONE」。となると、中身のブラッシュアップに相当な熱意が込められていると考えるのが自然だろう。新規設定されたターボエンジン×6段MT仕様に試乗した。
  • フェラーリ・ローマ(FR/8AT)【試乗記】 2020.11.18 試乗記 近年のフェラーリとは大きくイメージの異なる、エレガントで女性的なデザインをまとう新型4シーター「ローマ」。果たして、どんな走りが味わえるのか? 紅葉まっさかりの日本の道で、美しき跳ね馬にむちを入れた。
  • マクラーレン・スピードテール 2020.9.14 画像・写真 マクラーレン・オートモーティブ・アジア 日本支社が「マクラーレン・スピードテール」を日本で初披露した。マクラーレンの市販車史上最速となる403km/hの最高速度を誇るハイパーカーの詳細を写真で紹介する。
ホームへ戻る