マクラーレンの新型スーパースポーツ「620R」 4カ月遅れで日本初公開へ【オートモビル カウンシル2020】

2020.07.13 自動車ニュース
マクラーレン620R
マクラーレン620R拡大

マクラーレン・オートモーティブは2020年7月13日、千葉・幕張メッセで開催される自動車イベント「AUTOMOBILE COUNCIL 2020(オートモビル カウンシル2020)」(開催期間:7月31日~8月2日)において、「マクラーレン620R」を日本初公開すると発表した。

レーシーなたたずまいを見せる「マクラーレン620R」のリアビュー。
レーシーなたたずまいを見せる「マクラーレン620R」のリアビュー。拡大
マクラーレンGT
マクラーレンGT拡大

新型コロナウイルスの影響で、開催が延期されたオートモビル カウンシル2020。マクラーレンブースの目玉となるのは、レーシングマシン「マクラーレン570S GT4」の公道仕様と位置づけられるマクラーレン620Rだ。同モデルは、最高出力620PS、最大トルク620N・mを発生する3.8リッターV8ツインターボエンジンを搭載。「公道とサーキット、いずれの環境においてもレーシングカーのエクスペリエンスを実現する」とうたわれている。

このマクラーレン620Rを紹介するプレゼンテーションは、オートモビル カウンシル2020の会場で特別内覧日の7月31日午前に開催される予定。マクラーレンのブースにはこのほか、中核モデルと位置づけられる「マクラーレン720S」とグランドツアラーとして長距離ドライブにも適した「マクラーレンGT」が出展される。

(webCG)

関連キーワード:
620R, マクラーレン, 自動車ニュース

マクラーレン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マクラーレン・スピードテール 2020.9.14 画像・写真 マクラーレン・オートモーティブ・アジア 日本支社が「マクラーレン・スピードテール」を日本で初披露した。マクラーレンの市販車史上最速となる403km/hの最高速度を誇るハイパーカーの詳細を写真で紹介する。
  • マクラーレン・セナ 2018.2.13 画像・写真 英マクラーレンはジュネーブショー2018で“アルティメットシリーズ”の最新作「セナ」を発表する。800psの4リッターV8ツインターボエンジン搭載。500台の限定車で、車両価格は67万5000ポンド(約1億0100万円)。その姿を画像で紹介する。
  • BMWアルピナD3 Sツーリング(4WD/8AT)【試乗記】 2021.9.15 試乗記 アルピナとして初めて48Vマイルドハイブリッドシステムを採用した「D3 Sツーリング」に試乗。最高巡航速度270km/hを誇るパフォーマンスとWLTP値で13.0km/リッターという燃費性能を両立した、スポーツディーゼルの走りとは?
  • ランドローバー・レンジローバー スポーツHSEダイナミックD300(4WD/8AT)【試乗記】 2021.9.13 試乗記 ランドローバーの新しい3リッター直6ディーゼルを搭載した「レンジローバー スポーツ」に試乗。ブラッシュアップされた内外装の仕上がりや、同じ48Vマイルドハイブリッド機構を組み込んだ直6ガソリンエンジン車との違いを確かめた。
  • フォルクスワーゲン・アルテオンTSI 4MOTIONエレガンス(4WD/7AT)【試乗記】 2021.9.11 試乗記 フォルクスワーゲンのラインナップにおいて、他のモデルとは趣を異にする伸びやかなスタイリングが目を引く「アルテオン」。ブランドの旗艦を担う5ドアクーペは、マイナーチェンジでどのような進化を遂げたのか。上質な仕様の「エレガンス」で確かめた。
ホームへ戻る