マクラーレンが公道を走れるレーシングカー「620R」を日本初公開【オートモビル カウンシル2020】

2020.03.23 自動車ニュース

マクラーレン・オートモーティブは2020年3月23日、千葉県の幕張メッセで開催される自動車イベント「AUTOMOBILE COUNCIL 2020(オートモビル カウンシル2020)」(開催期間:4月3日~5日)において、「マクラーレン620R」を日本初公開すると発表した。

マクラーレン620Rはレーシングマシン「マクラーレン570S GT4」の公道仕様に位置づけられるスーパースポーツカーだ。パワーユニットは最高出力620PS、最大トルク620N・mを発生する3.8リッターV8ツインターボエンジンで、「公道とサーキット、いずれの環境においてもレーシングカーのエクスペリエンスを実現する」といううたい文句が掲げられている。

マクラーレン・オートモーティブは同イベントにおいて4月3日の11時5分から、620Rに関する20分程度のプレゼンテーションを予定している。

(webCG)

マクラーレン620R
マクラーレン620R拡大

関連キーワード:
620R, マクラーレン, オートモビル カウンシル2020, モーターショー, 自動車ニュース