【F1 2020】第3戦ハンガリーGPでハミルトン完勝 フェルスタッペンは2位

2020.07.20 自動車ニュース

F1世界選手権第3戦ハンガリーGPの決勝が、2020年7月19日、ハンガリーはブダペスト近郊のハンガロリンク・サーキット(4.381km)を70周して行われた。

ウエットからドライへと変わるレースにおいて完勝したのが、メルセデスのルイス・ハミルトン。ポールポジションからトップを守りきり、ファステストラップも記録して前戦シュタイアーマルクGPに続く2連勝、通算86勝目を飾った。ハンガリーでは8勝目となり、ミハエル・シューマッハーが持つ同一サーキットでの最多勝利数記録に並んだ。

ウエットコンディションを味方につけたのが、2位に入ったレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンだった。予選で今季最低の7位に沈んだレッドブルのエースは、スターティンググリッドにつく前のレコノサンスラップ中、ぬれた路面で滑りウオールにヒットしマシンを壊した。メカニックの懸命の修復でレースにはギリギリ間に合い、シグナルが消えると一気に3位にまで浮上。ピットストップで2位の座を奪うと、終盤猛追を仕掛けてきたメルセデスのバルテリ・ボッタスを最後まで抑えてチェッカードフラッグを受けた。

3位はメルセデスのボッタス。スタートで失敗し6位まで後退するも、表彰台の圏内まで挽回。ニュータイヤで最後までフェルスタッペンを追い回したが、その差が1秒を切った時点でタイムアップとなってしまった。

予選で2列目を占拠したレーシングポイント・メルセデスは、ランス・ストロールが4位、セルジオ・ペレスは7位とグリッドから順位を落としてのゴール。予選13位だったレッドブルのアレクサンダー・アルボンは5位入賞を果たした。フェラーリはタイヤ作戦で明暗が分かれ、セバスチャン・ベッテル6位、シャルル・ルクレールはポイント圏外の11位。ルノーのダニエル・リカルド8位、ハース・フェラーリのケビン・マグヌッセン9位、そしてマクラーレン・ルノーのカルロス・サインツJr.は10位でフィニッシュし、それぞれポイントを持ち帰った。

以下、11位ルクレール(フェラーリ)、12位ダニール・クビアト(アルファタウリ・ホンダ)、13位ランド・ノリス(マクラーレン)、14位エステバン・オコン(ルノー)、15位ロメ・グロジャン(ハース)、16位キミ・ライコネン(アルファ・ロメオ・フェラーリ)、17位アントニオ・ジョビナッツィ(アルファ・ロメオ)、18位ジョージ・ラッセル(ウィリアムズ・メルセデス)、19位ニコラス・ラティフィ(ウィリアムズ)が完走した。

ハミルトンが2連勝で63点とし、チームメイトのボッタスからポイントリーダーの座を奪った。2位に落ちたボッタスは58点、3位に上がったフェルスタッペンは33点、4位ノリス26点、5位アルボン22点と続く。

コンストラクターズチャンピオンシップでは、メルセデスが121点で堂々首位をキープ。55点のレッドブルが2位に上がり、40点のマクラーレンは3位に後退した。4位レーシングポイントも40点、5位フェラーリは27点となる。

【追加更新】
レース後、ハースの2台にそれぞれ10秒加算のペナルティーが科され、マグヌッセンは9位から10位、グロジャンは15位から16位に降格した。ハースは、フォーメーションラップ中に路面が乾いてると見るや、スタート前にも関わらずドライバーをピットに呼びインターミディエイトタイヤからドライタイヤへ変更。この作戦が奏功し上位を走ることができた。しかしルール上、スタート前のチームからの無線指示は禁止されているため、今回の裁定がくだった。またマグヌッセンの降格でサインツJr.が9位に繰り上がり、マクラーレンのコンストラクターズポイントは1点増えて41点となった。

(文=bg)

 
【F1 2020】第3戦ハンガリーGPでハミルトン完勝 フェルスタッペンは2位の画像拡大

関連キーワード:
F1 2020, モータースポーツ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事