【F1 2020】第6戦スペインGPでハミルトンが今季4度目のポール・トゥ・ウィン

2020.08.17 自動車ニュース

F1世界選手権第6戦スペインGPの決勝が、2020年8月16日、スペインのサーキット・デ・バルセロナ・カタルーニャ(4.655km)を66周して行われた。

気温30度、路面温度50度となった真夏のバルセロナで、メルセデスのルイス・ハミルトンが卓越したタイヤマネジメントを遂行し、今季4度目のポール・トゥ・ウィンを達成。スペインGPにおける4連勝と通算88勝目を飾った。

2位に入ったのはレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンだった。自身初優勝の地で3番グリッドを獲得。最前列に並んだメルセデス勢の間に割って入り、スタートで2位に上がり、そのポジションを守り切った。

3位に終わったのはメルセデスのバルテリ・ボッタス。スタートでつまずき2番グリッドから4位に後退、すぐに3位まで挽回するも、前のレッドブルを攻略することはできなかった。ファイナルラップでファステストラップを記録し、ボーナスの1点をポイントに加えた。

レーシングポイント・メルセデスの2台が4-5フィニッシュを決めたが、最初にチェッカードフラッグを受けたセルジオ・ペレスはブルーフラッグ無視の5秒加算ペナルティーで5位に降格。ランス・ストロールが繰り上がり4位となった。

マクラーレン・ルノーのカルロス・サインツJr.が母国で6位入賞。2ストップが大勢を占めた今回、フェラーリのセバスチャン・ベッテルが1ストップ&ソフトタイヤでのロングランを成功させ7位でゴールした。

レッドブルのもう1台、アレクサンダー・アルボンは予選6位から8位、アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは10番グリッドから1つ順位を上げ9位だった。ポイント圏最後の10位でフィニッシュしたのは、マクラーレンのランド・ノリスだった。

以下、11位ダニエル・リカルド(ルノー)、12位ダニール・クビアト(アルファタウリ)、13位エステバン・オコン(ルノー)、14位キミ・ライコネン(アルファ・ロメオ・フェラーリ)、15位ケビン・マグヌッセン(ハース・フェラーリ)、16位アントニオ・ジョビナッツィ(アルファ・ロメオ)、17位ジョージ・ラッセル(ウィリアムズ・メルセデス)、18位ニコラス・ラティフィ(ウィリアムズ)、19位ロメ・グロジャン(ハース)が完走した。

6戦4勝のハミルトンが132点としポイントリーダーの座をキープ。ランキング2位フェルスタッペン95点、3位ボッタス89点、4位ルクレール45点、5位ストロール40点と続く。

コンストラクターズランキングは、1位メルセデス221点、2位レッドブル135点、3位レーシングポイント63点、4位マクラーレン62点、5位フェラーリ61点という顔ぶれとなる。

(文=bg)

 
【F1 2020】第6戦スペインGPでハミルトンが今季4度目のポール・トゥ・ウィンの画像拡大

関連キーワード:
F1 2020, モータースポーツ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事