「ポルシェ918スパイダー」、日本でも受注開始

2011.05.06 自動車ニュース

「ポルシェ918スパイダー」、日本でも受注開始

ポルシェジャパンは、ハイブリッドスポーツカー「918スパイダー」の予約受注を2011年5月13日に開始する。

「918スパイダー」は、2010年のジュネーブショーでコンセプトカーが公開され、2011年3月にドイツ本国で予約受注が始まった2シーターのプラグインハイブリッドスポーツカー。ボディデザインは「カレラGT」や「917」(レースカー)の要素が採り入れられ、モノコックフレームはカーボンファイバー強化プラスチック製となる、生粋のスポーツカーである。

パワーユニットはV8エンジン+2つのモーター。500ps以上を発生するV8エンジンのパワーを後輪へ、合計218ps以上となる2つのモーターからの出力は前後輪へ伝える、独特な4WDシステムを採用している。トランスミッションには2ペダルMTの7段PDKが組み合わされる。
0-100km/h加速は3.2秒以下、最高速度は320km/h以上。ニュルブルクリンク北コースのラップタイムは7分30秒以内とされ、「カレラGT」をも上回るパフォーマンスを持つという。なお、電気モーターのみによる走行も可能だ。

世界で918台のみの受注生産となるため、納車はオーダーの順番に基づいて行われる。生産は2013年9月18日から、デリバリーは11月から開始される予定。左ハンドルのみが用意され、価格は68万4800ユーロ(1ユーロ=117円で約8012万円)とユーロ建てで設定される。

(webCG 本諏訪)

関連キーワード:
918スパイダー, ポルシェ, 自動車ニュース

ポルシェ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ918スパイダー(4WD/7AT)【海外試乗記】 2013.12.13 試乗記 燃費は3リッター/100km(約33km/リッター)、CO2排出量は70g/kmと、コンパクトカーをもしのぐ環境性能を備えながら、0-100km/hをわずか2.6秒で駆けぬける新時代のスーパースポーツカー「ポルシェ918スパイダー」。そのステアリングを握る日がいよいよやってきた。舞台はスペインのバレンシアサーキット。887psを路面にたたきつける!
  • アウディが「R8」を一部改良 最高出力620PS/最大トルク580N・mに性能向上NEW 2019.8.24 自動車ニュース アウディがフラッグシップスポーツモデル「R8」を一部改良。「クーペ」「スパイダー」ともに、ラインナップの設定を最高出力620PS、最大トルク580N・mを発生する高性能グレードのみとしたほか、エクステリアデザインもよりシャープなものに変更している。
  • スズキ・カタナ(MR/6MT)【レビュー】 2019.8.21 試乗記 2018年にドイツで発表されるや、世界中のベテランライダーをアッと驚かせた新生「スズキ・カタナ」。その走りは、「カタナ」を名乗るのにふさわしいものなのか? オリジナルにも詳しい後藤 武が、新型の仕上がりを報告する。
  • 「ポルシェ911」と「718ケイマン/ボクスター」に限定モデル 懐かしの青いボディーカラーが特徴 2019.8.8 自動車ニュース ポルシェジャパンが「718ケイマンGTS」「718ボクスターGTS」「911カレラGTS」「911カレラGTSカブリオレ」の特別仕様車「ポルシェエクスクルーシブマニュファクチャー」を発売すると発表。外装色を「マリタイムブルー」としたもので、各1台の限定販売となる。
  • マクラーレン600LTスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2019.8.8 試乗記 全方位的な改良によって走りを追求したマクラーレンの高性能モデル「600LT」に、電動ハードトップを持つ「スパイダー」が登場。“硬”と“軟”、2つのキャラクターを併せ持つ最新モデルに試乗し、完璧を求めるマクラーレンの哲学に触れた。
ホームへ戻る