世界限定765台 「マクラーレン765LT」の動力性能が明らかに

2020.09.29 自動車ニュース
マクラーレン765LT
マクラーレン765LT拡大

マクラーレン・オートモーティブは2020年9月29日、新型車「765LT」について追加情報を発信した。

 
世界限定765台 「マクラーレン765LT」の動力性能が明らかにの画像拡大

2020年3月初旬に発表された765LTは「720S」をベースとした限定車だ。マクラーレンの「ロングテール(LT)」モデルの文法にのっとり、パワートレインやエアロダイナミクス性能の強化に加えて、徹底した軽量化を実施。さらなるハイパフォーマンスを追求している。

今回は動力性能をアピールする数値が明らかにされた。0-100km/h加速のタイム2.8秒は見込み通りだったものの、7.0秒という0-200km/h加速のタイムと9.9秒の0-1/4マイル(約402m)加速のタイムはいずれも想定を上回る数値だったという。最高速は330km/hに達する。

マクラーレン765LTのパワーユニットは最高出力765PS、最大トルク800N・mを発生する4リッターV8ツインターボエンジン。トランスミッションは7段ATを組み合わせる。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4600×1930(ドアミラーを含めると2161)×1193mmで、ホイールベースは2670mm。軽量さとエアロダイナミクス性能を追求したカーボンファイバー製空力パーツを備えるほか、リアのロングテール部分には可動式のウイングも装備する。

世界限定765台のみが販売される765LT。組み立て作業がスタートした2020年生産分の割り当て先はすでに決定しており、2021年分についても製造予定台数を上回るオーダーが寄せられる見込みだという。

(webCG)

関連キーワード:
765LT, マクラーレン, 自動車ニュース