伝統の“ロングテール”を継承 マクラーレンが「765LT」を日本初披露

2020.11.05 自動車ニュース
マクラーレン765LT
マクラーレン765LT拡大

マクラーレン・オートモーティブ・アジア日本支社は2020年11月5日、東京・天王洲において「マクラーレン765LT」を日本で初披露した。同モデルは「720S」をベースとした高性能バージョンで、世界限定765台のみが販売される。

「765LT」の発表披露イベントに登壇したマクラーレン・オートモーティブ・アジア日本支社代表の正本嘉宏氏。「このクラスのモデルをすべて上回る、圧倒的なパフォーマンスを有しています」とコメントした。
「765LT」の発表披露イベントに登壇したマクラーレン・オートモーティブ・アジア日本支社代表の正本嘉宏氏。「このクラスのモデルをすべて上回る、圧倒的なパフォーマンスを有しています」とコメントした。拡大
大型の可動式ウイングが組み込まれたリアセクション。ボディーサイズは全長×全幅×全高=4600×1930×1193mmと公表されている。
大型の可動式ウイングが組み込まれたリアセクション。ボディーサイズは全長×全幅×全高=4600×1930×1193mmと公表されている。拡大
カーボンとアルカンターラで仕立てられたインテリア。エアコンやオーディオシステムはオプションとなる。
カーボンとアルカンターラで仕立てられたインテリア。エアコンやオーディオシステムはオプションとなる。拡大
カーボンシェルの軽量なバケットシートを装備。表皮の背もたれ部分にレーザー加工のグラフィックが入れられている。
カーボンシェルの軽量なバケットシートを装備。表皮の背もたれ部分にレーザー加工のグラフィックが入れられている。拡大
専用開発された「ピレリPゼロ トロフェオR」タイヤを装着。サイズはフロントが245/35R19、リアが305/30R20となる。
専用開発された「ピレリPゼロ トロフェオR」タイヤを装着。サイズはフロントが245/35R19、リアが305/30R20となる。拡大

マクラーレン765LTは、2020年3月初旬に発表された限定車。1996年に登場したレーシングバージョン「マクラーレンF1 GTRロングテール(LT)」の流れをくむモデルである。パワートレインやエアロダイナミクス性能の強化に加え、徹底した軽量化を実施するなど、「600LT」「675LT」に続きLTシリーズの伝統を受け継いでいるという。

エクステリアはベースとなった720Sに対して、フロントセクションが48mm、大型の可動式ウイングが組み込まれたリアセクションが9mm延長されており、トータルで全長は57mm伸ばされている。

その結果、765LTのボディーサイズは全長×全幅×全高=4600×1930×1193mmとなっている。ホイールベースは2670mmで、こちらは変更されていない。ルーバー付きのカーボン製フロントフェンダーや4本パイプのオールチタン製スポーツエキゾーストシステムもエクステリアを語る上での特徴となる。

リアミドに縦置きされる4リッターV8ツインターボエンジンは720Sを45PSと30N・m上回る最高出力765PS/7500rpm、最大トルク800N・m/5500rpmを発生。カーボンファイバーのモノコックタブやボディーコンポーネント、前述のチタン製エキゾーストシステム、薄いガラスやポリカーボネートの使用などにより車重は1229kgと軽量で、パワーウェイトレシオはクラストップの1.6kg/PSと発表されている。

0-100km/h加速のタイムは2.8秒、0-200km/h加速のタイムは7.0秒、0-300km/h加速のタイムは18.0秒、最高速は330km/hに達するという。

キャビンではアルカンターラ製インテリアトリムのほか、カーボン製のステアリングホイールやメーターナセル、シート、シフトパドルなどが目を引く。軽量化のために空調やオーディオシステムは未装着だが、オプションでオーダーできるようになっている。

価格は4450万円。同年内に国内デリバリーが開始される見込みだ。

(webCG)

マクラーレン765LTの詳しい写真はこちら

関連キーワード:
765LT, マクラーレン, 自動車ニュース

マクラーレン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マクラーレン・セナ 2018.2.13 画像・写真 英マクラーレンはジュネーブショー2018で“アルティメットシリーズ”の最新作「セナ」を発表する。800psの4リッターV8ツインターボエンジン搭載。500台の限定車で、車両価格は67万5000ポンド(約1億0100万円)。その姿を画像で紹介する。
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール(FF/6AT)【試乗記】 2021.5.11 試乗記 デビューから3年を経て、一段とブラッシュアップされたルノーのハイパフォーマンスモデル「メガーヌ ルノースポール」。出力を増したエンジンや最新のエキゾーストシステムを搭載する、改良モデルの走りとは?
  • マクラーレン720Sスパイダー(前編) 2021.2.21 池沢早人師の恋するニューモデル 漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師が今回試乗するのは、F1マシン譲りのテクノロジーが注ぎ込まれた「マクラーレン720Sスパイダー」。最高出力720PSの4リッターV8ツインターボを搭載する、オープンスーパースポーツの印象は?
  • マクラーレン・スピードテール 2020.9.14 画像・写真 マクラーレン・オートモーティブ・アジア 日本支社が「マクラーレン・スピードテール」を日本で初披露した。マクラーレンの市販車史上最速となる403km/hの最高速度を誇るハイパーカーの詳細を写真で紹介する。
  • マクラーレン720Sラグジュアリー(MR/7AT)【試乗記】 2018.1.23 試乗記 最新のカーボンファイバーシャシーや最高出力720psのターボエンジンが与えられた、マクラーレンの中核モデル「720S」に試乗。歴代のマクラーレンを含む、さまざまなスーパースポーツに接してきた清水草一が、その実力を報告する。
ホームへ戻る