最高出力700PS! 「ポルシェ・パナメーラ ターボS Eハイブリッド」の最新モデルが日本上陸

2020.10.20 自動車ニュース
ポルシェ・パナメーラ ターボS Eハイブリッド
ポルシェ・パナメーラ ターボS Eハイブリッド拡大

ポルシェジャパンは2020年10月20日、「パナメーラ」シリーズのプラグインハイブリッドモデル「パナメーラ ターボS Eハイブリッド」および「パナメーラ4 Eハイブリッド」のマイナーチェンジモデルの国内導入を発表し、予約注文受け付けを開始した。

 
最高出力700PS! 「ポルシェ・パナメーラ ターボS Eハイブリッド」の最新モデルが日本上陸の画像拡大
パナメーラ4 Eハイブリッド スポーツツーリスモ
パナメーラ4 Eハイブリッド スポーツツーリスモ拡大

シリーズのトップパフォーマンスモデルであるパナメーラ ターボS Eハイブリッドはフロントに積まれる4リッターV8ツインターボエンジンの最高出力が550PSから571PSへと向上。同136PSのモーターと合わせて、システム全体で最高出力700PSと最大トルク870N・mを発生する。駆動用リチウムイオンバッテリーの容量も14.1kWhから17.9kWhに拡大され、最適化が図られたドライブモードの効果と合わせてバッテリーのみでの航続可能距離が50kmから59km(NEDCモード)に延びた。0-100km/h加速のタイムは従来モデルを0.2秒上回る3.2秒、最高速は同じく5km/h上回る315km/hと公表されている。

一方のパナメーラ4 Eハイブリッドは、システム全体で最高出力462PSと最大トルク700N・mを生み出す、2.9リッターV6エンジン(同330PS)とモーター(同136PS)からなるドライブトレインはキャリーオーバー。ターボS Eハイブリッドと同じ容量17.9kWhのリチウムイオンバッテリーの搭載とドライビングモードの最適化によってバッテリーのみでの航続可能距離が50kmから64kmへと拡大したほか、動力性能も0-100km/k加速のタイムが4.4秒(従来モデル比で-0.2秒)に、最高速が280km/h(同+2km/h)に強化されている。

今回追加されたモデルのラインナップと価格は以下の通り。

  • パナメーラ4 Eハイブリッド:1528万円
  • パナメーラ4 Eハイブリッド スポーツツーリスモ:1575万円
  • パナメーラ ターボS Eハイブリッド:2973万円

(webCG)

関連キーワード:
パナメーラ, パナメーラ スポーツツーリスモ, ポルシェ, 自動車ニュース

ポルシェ パナメーラ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・パナメーラ ターボS(4WD/8AT)【試乗記】 2021.3.20 試乗記 大幅改良を受けた「ポルシェ・パナメーラ」のラインナップの中から、最高出力630PSの4リッターV8ターボエンジンを搭載した「ターボS」に試乗。ニュルブルクリンク北コースで“エグゼクティブカー”の最速タイムを記録したという、その実力の一端に触れた。
  • アウディRS 7スポーツバック(4WD/8AT)【試乗記】 2021.3.22 試乗記 スタイリッシュな4ドアクーペフォルムが特徴の「アウディRS 7スポーツバック」が2代目に進化。開発を手がけたアウディスポーツは、ベースとなる「A7」をいかなるレシピでハイパフォーマンスモデルに仕立てたのか。ロングドライブに連れ出し、確かめてみた。
  • BMWアルピナB3リムジン アルラット(4WD/8AT)【試乗記】 2021.3.23 試乗記 圧倒的な速さを誇るアルピナ各車だが、目指すところは「毎日使える実用性」であり、それは最新の「B3」にもきちんと継承されている。先代モデルからの進化点と変化点を、ワインディングロードで探ってみた。
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
  • アウディRS 6アバント(4WD/8AT)【試乗記】 2021.4.10 試乗記 最高出力600PS、最大トルク800N・m。スーパーカー顔負けのスペックを誇る「アウディRS 6アバント」にむちを入れたら……? 全知全能と思えるほどのスーパーワゴンの走りとは、こういうものだ。
ホームへ戻る