クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第292回:ポルシェの今とこれから ~ラインナップ急拡大の真相に迫る

2015.04.20 エディターから一言

「911」をはじめとするスポーツカーを手がけるメーカーとして知られるポルシェ。一方で、SUVや4ドアサルーンなどのニューモデルを次々と送り出し、各モデルのバリエーションの拡大にも余念がない。ドイツの老舗ブランドの狙いはどこにあるのか? そしてこの先、どんな展開が待っているのか? モータージャーナリスト、河村康彦がリポートする。

ポルシェのブランドイメージをけん引する「911」シリーズ。サーキットを意識した超高性能モデルからオープンカーまで、バリエーション豊かに取りそろえられる。
ポルシェのブランドイメージをけん引する「911」シリーズ。サーキットを意識した超高性能モデルからオープンカーまで、バリエーション豊かに取りそろえられる。
    拡大

ポルシェ ジャパン オフィシャルサイト(2015年4月20日現在)で見られるラインナップ表。「911」シリーズだけで、その数は21車種にのぼる。


    ポルシェ ジャパン オフィシャルサイト(2015年4月20日現在)で見られるラインナップ表。「911」シリーズだけで、その数は21車種にのぼる。
    拡大
国内でも好調なセールスが伝えられる、ポルシェのコンパクトSUV「マカン」。写真は2013年11月、ロサンゼルスオートショーでデビューした際のもの。かたわらの女性は、テニスプレーヤーのマリア・シャラポワ。
国内でも好調なセールスが伝えられる、ポルシェのコンパクトSUV「マカン」。写真は2013年11月、ロサンゼルスオートショーでデビューした際のもの。かたわらの女性は、テニスプレーヤーのマリア・シャラポワ。
    拡大
MRのスポーツクーペ「ケイマン」(写真左)と、走行性能を先鋭化させた「911 GT3」。
MRのスポーツクーペ「ケイマン」(写真左)と、走行性能を先鋭化させた「911 GT3」。
    拡大

たじろぐほどの新車攻勢

発売後、ほんの1年の間でも新たなニュースが途切れれば、たちまち話題性を失い魅力も低下してしまう、やっかいな存在――それがスポーツカーだ。
そんな性質を理解しているからこそ、ポルシェもフェラーリも決して大規模なメーカーではないのに、メジャーなモーターショーでは必ず新たなモデルを発表し続けてきた。

スポーツカーを実際に購入する人など、世の中でほんのひと握り。そんな人々の手元に行き渡った段階から、さらに需要の掘り起こしを継続させるためには――彼ら既納客を再びターゲットとしながら、買い換えの動機を昂(たかぶ)らせる新たな仕掛けを組み込んだニューモデルを提案する以外に、なかなか手だてはない。それが“スポーツカーの商売”なのだ。

……と、そんな理屈は分かった上でも、ポルシェのこのところのニューモデル攻勢には、ちょっとたじろぐほどだ。

ブランドの“魂”である911のバリエーション拡大に加え、「GTS」だ、「GT4」だ、「スパイダー」だと、このところ喧(かまびす)しいのがミドシップレンジにおける展開である。さらに、「カイエン」に「パナメーラ」、そして、最も若いモデルである「マカン」のバリエーション拡充も上乗せされるから、結果として、「年がら年中、ニューモデルが発表・発売されている」というイメージが強く印象付けられる。

揺らぐポルシェのヒエラルキー

ここ1年ほどの間に発表された最新ポルシェ車の中にあって、特に大きな話題を集めたのが「ケイマンGT4」というモデルであったという点に、異論のある人は少ないだろう。

「911 GT3」と同様に、同社の研究所内のモータースポーツ部門がチューニングを手がけたボディーおよびシャシーに、「911カレラS」用の3.8リッターフラット6エンジンを搭載。このモデル、当然シリーズ最高のパフォーマンスを発揮する。

それどころか、ドイツのニュルブルクリンクにおいて、911カレラSや従来型の911 GT3と同等のラップタイムをたたき出すというのだから、これまで何かにつけてアピールされてきた「911との上下関係」を、自らないがしろにするモデルであるようにも受け取れる。

いや、冷静に考えれば、ケイマンGT4の速さは、実際には現行カレラSのそれを上回っていると評されるべきだ。
なぜならば、ケイマンGT4に用意をされるのは、変速時の駆動力途絶が構造上避けられないMTのみ。一方で、「同等の速さ」とされる現行911カレラSのデータは、シームレスな変速を実現し、サーキットでのラップタイムではMT仕様のそれを凌駕(りょうが)することが明らかになって久しい、PDK搭載車両のものなのだから。

「ケイマンGT4」。385psを発生する水平対向6気筒エンジンを搭載した、シリーズ最強モデルである。
「ケイマンGT4」。385psを発生する水平対向6気筒エンジンを搭載した、シリーズ最強モデルである。
    拡大
レザーとアルカンターラが多用される「ケイマンGT4」のインテリア。
レザーとアルカンターラが多用される「ケイマンGT4」のインテリア。
    拡大
サーキットを駆け抜ける「ケイマンGT4」。同モデルが0-100km/h加速に要する時間は4.4秒(参考値:MT車の「ケイマンS」=5.0秒、同「ケイマンGTS」=4.9秒)で、最高速度は295km/h。ドイツ・ニュルブルクリンク北コースのラップタイムは7分40秒と伝えられる。
サーキットを駆け抜ける「ケイマンGT4」。同モデルが0-100km/h加速に要する時間は4.4秒(参考値:MT車の「ケイマンS」=5.0秒、同「ケイマンGTS」=4.9秒)で、最高速度は295km/h。ドイツ・ニュルブルクリンク北コースのラップタイムは7分40秒と伝えられる。
    拡大

「4気筒の新型」は秒読み段階!?

かくして、「ついに2ドアモデルの“社内下克上”の始まりか!」という印象すら漂うケイマンGT4の存在には、実はもうひとつ、ポルシェの将来的なプロジェクトにとって重要な伏線が秘められていると想像できる。

それは、このモデルと先日発表された新型「ボクスター スパイダー」が、共に「自然吸気の水平対向6気筒エンジンを搭載する、最後のミドシップモデルになるのではないか?」ということだ。

MRのモデルレンジについては、「この先、ターボ付きのフラット4エンジンが搭載される」というのは、もはや“公然の秘密”。 実際、ポルシェの開発ドライバーでもありブランドアンバサダーでもあるヴァルター・ロール氏からは、2年以上前に開催されたとあるイベントで同席した際に、「330psと37.7kgm(370Nm)を発する2.5リッターの水平対向4気筒ターボエンジンを開発中なのです」というコメントを得ているのである。

ケイマンGT4やボクスター スパイダーのローンチは、「自然吸気エンジンも、ポルシェの大切な財産です」という開発のトップ、ヴォルフガング・ハッツ氏の発言を裏打ちする一方で、いよいよ前出の“ダウンサイジング4気筒ユニット”の登場が間近である可能性を示唆しているようにも思える。
「インテリジェントパフォーマンス」を掲げるポルシェにとって、さらなるCO2排出量の削減=燃費改善が変わらぬ目標であるのは間違いない。だからこそ、燃費向上よりも速さにフォーカスした、GT4とスパイダーの“この期に及んでの登場”が、逆に4気筒ターボモデルのデビューが秒読み段階へと入ったことを想起させる……というのは、考え過ぎというものだろうか?

「ケイマンGT4」


    「ケイマンGT4」
    拡大

「ケイマン」および「ボクスター」にミドシップされる水平対向エンジン。現在のパワーユニットは、自然吸気の6気筒に限られる。


    「ケイマン」および「ボクスター」にミドシップされる水平対向エンジン。現在のパワーユニットは、自然吸気の6気筒に限られる。
    拡大
SUVの「マカン」(写真)は、237psを発生する2リッター直4ターボを搭載。水平対向エンジンにも、新たな4気筒ユニットの波が……?
SUVの「マカン」(写真)は、237psを発生する2リッター直4ターボを搭載。水平対向エンジンにも、新たな4気筒ユニットの波が……?
    拡大
高性能を誇るオープンモデル「ボクスター スパイダー」。2015年4月に発表された最新型(写真)は、2代目にあたる。
高性能を誇るオープンモデル「ボクスター スパイダー」。2015年4月に発表された最新型(写真)は、2代目にあたる。
    拡大

マーケティングがもたらす「成功のサイクル」

ポルシェが「たゆまぬ技術開発を続ける頭脳集団」としての一面を見せる一方で、先々の商品開発計画を綿密に練りあげ、それに適したモデルを適切なタイミングでリリースする「マーケティングカンパニー」としての側面も顕著である点は、このメーカーの実像を知る上で非常に興味深い。

“空冷時代”からの積年の思いであった4ドアモデルの上市を、2002年のカイエンのローンチによって実現。その後、パナメーラ、そしてマカンと追加されたブランニューモデルを全てヒットさせることで、かつて見られた“911のみの一本足打法”から、4ドアモデルで過半数の収益を上げる構造へと体質改善を果たしたのが現在のポルシェだ。
そこで得られた大きな利益を、より魅力的な2ドアスポーツカーの開発へと注ぎ込むことで、さらに高いブランドイメージを獲得するという“好循環”につなげることにも成功。こうした動きが、「史上最高の業績を更新」というニュースが連続して聞かれる要因になっているわけだ。

最近、全てのプロダクトを縦断する新たなブランディングを手がけ始めた点も興味深い。各モデルに設定されている「GTS」というグレードがその一例だ。
モデル間で統一された、コミュニケーションボディーカラーの設定やインテリア素材の採用、よりパワーを高めたエンジンの搭載などにより、ベースの「S」グレードに対し「より速く、より快適」という立ち位置を訴求するのがこのグレード。それは、あたかもフォルクスワーゲンの「GTI」のような、新たなグレードを軸としたブランド戦略であることは明白だ。

他を圧倒するハードウエアのポテンシャルを備える2ドアのピュアスポーツモデルでまずは際立つブランドイメージを構築し、それを利用して4ドアモデルで巨額の利益を上げる――そうしたサイクルがうまく回っているのが現在のポルシェである。
次々現れるニューモデルは、その全てが、そうしたサクセスストーリーを継続させていくための“小さな歯車”であるということなのだ。

(文=河村康彦/写真=ポルシェ)

ポルシェの4ドアサルーン「パナメーラ」は、2009年4月の上海モーターショーでデビュー。以来、モデルバリエーションの強化が図られてきた。写真は、プラグインハイブリッド車の「パナメーラS E-ハイブリッド」。
ポルシェの4ドアサルーン「パナメーラ」は、2009年4月の上海モーターショーでデビュー。以来、モデルバリエーションの強化が図られてきた。写真は、プラグインハイブリッド車の「パナメーラS E-ハイブリッド」。
    拡大
「カイエンGTS」。440psと61.2kgmを発生するスポーティーモデルである。
「カイエンGTS」。440psと61.2kgmを発生するスポーティーモデルである。
    拡大

こちらは「911カレラGTS」。ほかのポルシェと同様、GTSは“速さ”と“快適さ”を兼ね備えるモデルとされている。


    こちらは「911カレラGTS」。ほかのポルシェと同様、GTSは“速さ”と“快適さ”を兼ね備えるモデルとされている。
    拡大
ブラックを基調に、表皮の多くにアルカンターラが使われる「911カレラGTS」のインテリア。
ブラックを基調に、表皮の多くにアルカンターラが使われる「911カレラGTS」のインテリア。
    拡大
「911カレラGTSカブリオレ」
「911カレラGTSカブリオレ」
    拡大
webCG MoviesYouTube公式
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

ポルシェ の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。