三菱が「アウトランダーPHEV」を一部改良 予防安全装備の設定を拡充

2020.10.29 自動車ニュース

三菱自動車は2020年10月29日、プラグインハイブリッド車「アウトランダーPHEV」のグレード体系を見直すととともに、一部改良を実施。同日、販売を開始した。

今回の主な変更点としては、ラインナップに関しては、これまでエントリーグレードとして設定していた「Gリミテッドエディション」を廃止し、カタログモデルを「G」「Gプラスパッケージ」「Gプレミアムパッケージ」「Sエディション」の4グレードに整理。これに特別仕様車「ブラックエディション」を加えた5モデルを継続販売することとした。

一方、機能・装備の面では、これまで「Gプレミアムパッケージ」「Sエディション」のみ標準装備としていた、レーンチェンジアシスト機能付き後側方車両警報システム「BSW/LCA」と、後退時車両検知警報システム「RCTA」を全車に搭載。また車両接近通報装置の法規対応に伴い、同装置のOFFスイッチを廃止するとともに通報音の音量と音質を最適化させた。

価格は436万4800円~529万4300円。

(webCG)

三菱アウトランダーPHEV Gプレミアムパッケージ
三菱アウトランダーPHEV Gプレミアムパッケージ拡大

関連キーワード:
アウトランダーPHEV, 三菱, 自動車ニュース

三菱 アウトランダーPHEV の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱アウトランダーPHEV Sエディション/Gプレミアムパッケージ【試乗記】 2018.9.15 試乗記 大規模なマイナーチェンジを受けた「三菱アウトランダーPHEV」に試乗。既にデビューから6年目となる同車だが、走りの面での古さは皆無。三菱が手塩にかけて育てたことで、今やプレミアム感すら漂わせるクルマへとステップアップしていた。
  • 第6回:プレミアムSUVとしての実力に迫る 2017.12.26 徹底検証! ボルボXC60 世代交代を果たした最新の「ボルボXC60」は、どんなクルマに仕上がっているのだろうか。今回は、同車に近いスペックを持つレクサスのSUV「RX」との乗り比べを通して、それぞれの個性を浮き彫りにする。
  • 三菱アウトランダーPHEVという選択 2016.12.8 プラグインハイブリッドでGO!<PR> デビュー以来着実に改良を重ねてきた、充電可能な三菱のSUV「アウトランダーPHEV」に試乗。国内外でプラグインハイブリッドモデルに注目が集まりつつあるいま、あらためてその実力を確かめた。
  • ランドローバー・ディフェンダー110/ジープ・ラングラー アンリミテッド(後編)【試乗記】 2020.11.24 試乗記 “これぞジープ”の味を守り続ける「ラングラー」と、新世代のオフローダーへと大胆な変身を遂げた「ランドローバー・ディフェンダー」。後半ではメカニズムの違いがもたらす走破性や乗り味の違いを考えながら、林道を奥へ奥へと進んでみた。
  • ボルボXC60 B6 AWD R-DESIGN(4WD/8AT)/V60 B5 R-DESIGN(FF/8AT)【試乗記】 2020.10.23 試乗記 ボルボの中核を担う「60シリーズ」に、新エンジンを搭載した「XC60 B6 AWD R-DESIGN」と、「V60」初の「R-DESIGN」モデルとなる「V60 B5 R-DESIGN」が登場。ともに48Vのマイルドハイブリッドシステムを搭載した両モデルは、どのような走りを見せるのか?
ホームへ戻る