三菱が「アウトランダーPHEV」を一部改良 予防安全装備の設定を拡充

2020.10.29 自動車ニュース

三菱自動車は2020年10月29日、プラグインハイブリッド車「アウトランダーPHEV」のグレード体系を見直すととともに、一部改良を実施。同日、販売を開始した。

今回の主な変更点としては、ラインナップに関しては、これまでエントリーグレードとして設定していた「Gリミテッドエディション」を廃止し、カタログモデルを「G」「Gプラスパッケージ」「Gプレミアムパッケージ」「Sエディション」の4グレードに整理。これに特別仕様車「ブラックエディション」を加えた5モデルを継続販売することとした。

一方、機能・装備の面では、これまで「Gプレミアムパッケージ」「Sエディション」のみ標準装備としていた、レーンチェンジアシスト機能付き後側方車両警報システム「BSW/LCA」と、後退時車両検知警報システム「RCTA」を全車に搭載。また車両接近通報装置の法規対応に伴い、同装置のOFFスイッチを廃止するとともに通報音の音量と音質を最適化させた。

価格は436万4800円~529万4300円。

(webCG)

三菱アウトランダーPHEV Gプレミアムパッケージ
三菱アウトランダーPHEV Gプレミアムパッケージ拡大

関連キーワード:
アウトランダーPHEV, 三菱, 自動車ニュース

三菱 アウトランダーPHEV の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱アウトランダーPHEV Sエディション/Gプレミアムパッケージ【試乗記】 2018.9.15 試乗記 大規模なマイナーチェンジを受けた「三菱アウトランダーPHEV」に試乗。既にデビューから6年目となる同車だが、走りの面での古さは皆無。三菱が手塩にかけて育てたことで、今やプレミアム感すら漂わせるクルマへとステップアップしていた。
  • 三菱アウトランダーPHEV Sエディション(4WD)【試乗記】 2017.3.22 試乗記 マイナーチェンジを受けた「三菱アウトランダーPHEV」に試乗。プラグインハイブリッドシステムの改良や先進安全装備の搭載など、全方位的に進化を遂げた最新モデルの出来栄えを、最上級グレード「Sエディション」で確かめた。
  • 三菱アウトランダーPHEV Sエディション/アウトランダーPHEV Gプラスパッケージ【試乗記】 2018.7.23 試乗記 「三菱アウトランダーPHEV」がビッグマイナーチェンジを受けた。そのハイライトは、主要構成部品の9割に手を入れたというプラグインハイブリッドシステムの刷新だ。デビューから5年間の集大成ともいうべき、三菱自慢のシステムの出来栄えを試した。
  • 新型トヨタ・ランドクルーザー 2021.6.10 画像・写真 トヨタが新型「ランドクルーザー」を世界初公開した。ランクルの本質である信頼性と耐久性、悪路走破性を進化させつつ継承すること、さらに世界中のどんな道でも運転しやすく、疲れにくい走りを実現することを狙いに開発された新型の姿を写真で紹介する。
  • ボルボが新型電気自動車「C40リチャージ」の注文受け付けをスタート 2021.6.3 自動車ニュース スウェーデンのボルボ・カーズは2021年6月2日(現地時間)、100%電気自動車「ボルボC40リチャージ」の注文受け付けを開始した。同車はオンラインでの販売のみとなり、日本への導入は今秋を予定している。
ホームへ戻る