「マセラティ・ギブリ」のディーゼルエンジン搭載ファイナルモデル登場

2020.11.04 自動車ニュース
マセラティ・ギブリ ディーゼル ファイナルエディション
マセラティ・ギブリ ディーゼル ファイナルエディション拡大

マセラティ ジャパンは2020年11月4日、スポーティーセダン「ギブリ」に特別仕様車「ディーゼル ファイナルエディション」を設定し、発売すると発表した。マセラティはすでにパワートレインの電動化移行を表明しており、同モデルはディーゼルモデルの生産終了に伴い導入される。

「ギブリ ディーゼル ファイナルエディション」に装着される日本初登場の「19インチ プロテオホイール マットブラック&レッド」。
「ギブリ ディーゼル ファイナルエディション」に装着される日本初登場の「19インチ プロテオホイール マットブラック&レッド」。拡大

ギブリ ディーゼルは、CO2の排出量が最も少ないマセラティ車であるとともに、ギブリのエントリーモデルとして2016年に登場した。今回発売されるギブリ ディーゼル ファイナルエディションは、日本未導入の「19インチ プロテオホイール マットブラック&レッド」の装着など、総額164万円相当となる人気のオプションをパッケージにした販売台数24台の限定モデル。

ギブリ ディーゼル ファイナルエディションに採用される主な特別装備は下記の通り。

  • 19インチ プロテオホイール マットブラック&レッド
  • メタリックペイント
  • レッドキャリパー
  • エクステンドレザー
  • シフトパドル
  • フルアダプティブLEDヘッドランプ
  • ソフトドアクロージャー
  • ツーリングパッケージ
  • 電動ステアリングホイール
  • ドライバーアシスタンスパッケージ
  • ネリッシモパッケージ

ボディーカラーは「グリジオ」「グリジオ マラテア」「ネロ リベーレ」の3色で、各8台が販売される。価格は950万円、右ハンドル仕様のみの設定となる。

(webCG)

関連キーワード:
ギブリ, マセラティ, 自動車ニュース