「マセラティ・ギブリ」のディーゼルエンジン搭載ファイナルモデル登場

2020.11.04 自動車ニュース
マセラティ・ギブリ ディーゼル ファイナルエディション
マセラティ・ギブリ ディーゼル ファイナルエディション拡大

マセラティ ジャパンは2020年11月4日、スポーティーセダン「ギブリ」に特別仕様車「ディーゼル ファイナルエディション」を設定し、発売すると発表した。マセラティはすでにパワートレインの電動化移行を表明しており、同モデルはディーゼルモデルの生産終了に伴い導入される。

「ギブリ ディーゼル ファイナルエディション」に装着される日本初登場の「19インチ プロテオホイール マットブラック&レッド」。
「ギブリ ディーゼル ファイナルエディション」に装着される日本初登場の「19インチ プロテオホイール マットブラック&レッド」。拡大

ギブリ ディーゼルは、CO2の排出量が最も少ないマセラティ車であるとともに、ギブリのエントリーモデルとして2016年に登場した。今回発売されるギブリ ディーゼル ファイナルエディションは、日本未導入の「19インチ プロテオホイール マットブラック&レッド」の装着など、総額164万円相当となる人気のオプションをパッケージにした販売台数24台の限定モデル。

ギブリ ディーゼル ファイナルエディションに採用される主な特別装備は下記の通り。

  • 19インチ プロテオホイール マットブラック&レッド
  • メタリックペイント
  • レッドキャリパー
  • エクステンドレザー
  • シフトパドル
  • フルアダプティブLEDヘッドランプ
  • ソフトドアクロージャー
  • ツーリングパッケージ
  • 電動ステアリングホイール
  • ドライバーアシスタンスパッケージ
  • ネリッシモパッケージ

ボディーカラーは「グリジオ」「グリジオ マラテア」「ネロ リベーレ」の3色で、各8台が販売される。価格は950万円、右ハンドル仕様のみの設定となる。

(webCG)

関連キーワード:
ギブリ, マセラティ, 自動車ニュース

マセラティ ギブリ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マセラティ・ギブリ ディーゼル(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.4 試乗記 「マセラティ・ギブリ」の最新モデルとして、この春、ラインナップに加わった「ギブリ ディーゼル」に試乗した。3リッターV6ディーゼルユニットは、モデナの名門にふさわしいマナーと走りを披露するのだろうか。
  • BMW X2 xDrive20d MスポーツX エディションジョイ+(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.10 試乗記 「BMW X2」に追加設定された「xDrive20d MスポーツX」に試乗。既発の「xDrive18d」比で+40PSとなる190PSのディーゼルユニットとMスポーツサスペンションのコンビネーションは、導入初期モデルの印象を上書きするのに十分な仕上がりだった。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア2.0ターボ スプリント(FR/8AT)【試乗記】 2020.11.5 試乗記 「アルファ・ロメオ・ジュリア」にインフォテインメントシステムや先進運転支援装備(ADAS)を強化した大規模改良モデルが登場。往年の名跡「スプリント」を襲う新グレードで、その仕上がりを確かめた。
  • フェラーリ・ローマ(FR/8AT)【試乗記】 2020.11.18 試乗記 近年のフェラーリとは大きくイメージの異なる、エレガントで女性的なデザインをまとう新型4シーター「ローマ」。果たして、どんな走りが味わえるのか? 紅葉まっさかりの日本の道で、美しき跳ね馬にむちを入れた。
  • ランドローバー・ディフェンダー110 SE(前編) 2020.11.12 谷口信輝の新車試乗 レーシングドライバー谷口信輝が、クロスカントリーの雄「ランドローバー・ディフェンダー」に試乗。谷口が抱いていたイメージを覆すほどの、新型の走りのポテンシャルとは?
ホームへ戻る