オフロードコースも併設! 千葉県に国内最大級のジャガー・ランドローバー販売拠点が誕生

2020.11.05 自動車ニュース
「ジャガー・ランドローバー柏 エクスペリエンスセンター」を走行する「ランドローバー・ディフェンダー」。
「ジャガー・ランドローバー柏 エクスペリエンスセンター」を走行する「ランドローバー・ディフェンダー」。拡大

ジャガー・ランドローバーの正規ディーラー事業を手がけるミッドランズは2020年11月5日、千葉県柏市のショールーム「ジャガー・ランドローバー柏」をリニューアル。認定中古車の展示場や特設のオフロードコースを設けるなど、施設を大幅に拡張し、同年11月11日にオープンすると発表した。

ジャガー・ランドローバー柏
ジャガー・ランドローバー柏拡大
ショールームと、新設された認定中古車展示場。
ショールームと、新設された認定中古車展示場。拡大
30°の斜度を駆け上がる「ランドローバー・ディフェンダー」。
30°の斜度を駆け上がる「ランドローバー・ディフェンダー」。拡大
人工池の渡河など、普段はできないような体験が可能だ。
人工池の渡河など、普段はできないような体験が可能だ。拡大
施設にはドッグランも併設される。
施設にはドッグランも併設される。拡大
マスコットの“ランド君”。
マスコットの“ランド君”。拡大
ミッドランズの荒井 賢社長(左)と、ジャガー・ランドローバー・ジャパンのマグナス・ハンソン社長(右)。
ミッドランズの荒井 賢社長(左)と、ジャガー・ランドローバー・ジャパンのマグナス・ハンソン社長(右)。拡大

ゆくゆくはオーナーイベントの開催も計画

ミッドランズは現在、関東圏にて「ジャガー・ランドローバー横浜」「ジャガー・ランドローバー水戸」など4店舗のショールームを運営。中でもジャガー・ランドローバー柏は千葉県北西部をカバーする重要拠点として2019年10月31日に移転・グランドオープンしたばかりだったが、このたびさらに機能を拡充するべく、リニューアルされることとなった。

今回、追加された施設は、「ジャガー・ランドローバー柏 エクスペリエンスセンター」と、屋外の新たな認定中古車展示場である。

このうち、エクスペリエンスセンターはランドローバー車の悪路走破性能を体験できる常設のオフロードコースで、高さ4m、斜度30°のヒルクライムや、斜度25°のバンク、高さ50cmのモーグル、深度90cmのポンド(池)を設置。訪問者は自らのドライビングにより、ランドローバー車のパフォーマンスを味わうことができる。

試乗は電話、もしくはインターネットからの予約制(当面は抽選となる)。周辺にはコースを眺めるテラスやドッグラン、ハーブ菜園、ショールームのマスコットを務める“ランド君”(ロバ)の飼育小屋なども併設しており、ゆくゆくはオーナー向けのオフロード試乗会やバーベキュー・キャンプイベントなども開催したいとしている。

一方、新設された認定中古車展示場は、ショールームに隣接していた敷地を活用したもので、これによりジャガー・ランドローバー柏は最大120台の在庫車の展示が可能となった。これらの施設のオープンにより、ジャガー・ランドローバー柏の敷地面積は約1万m2に拡大し、ジャガー・ランドローバーのディーラーとしては国内最大規模の拠点がオープンすることとなった。

11月5日の内覧会では、ミッドランズ代表取締役社長の荒井 賢氏が登壇。「(ジャガー・ランドローバー柏の施設は)使い方によっていろいろな可能性があると考えている。皆さんに楽しんでいただき、『(ジャガーやランドローバーを)持っていてよかったな』あるいは『欲しいな』という体験をどんどん提供していきたい」とコメント。臨席したジャガー・ランドローバー・ジャパン代表取締役社長のマグナス・ハンソン氏も、「単なるディーラービジネスとしてではなく、こうしたビジョンを持った荒井社長と仕事ができることを誇りに思う」「ジャガーとランドローバーを体験するのに、ここ以上の場所はないと考えている」と祝辞を述べた。

◆ジャガー・ランドローバー柏
住所:千葉県柏市弥生町8-51

(webCG)

関連キーワード:
ディフェンダー, ランドローバー, ジャガー, 自動車ニュース

ランドローバー ディフェンダー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランドローバー・ディフェンダー110 2020.6.18 画像・写真 ジャガー・ランドローバーが「ランドローバー・ディフェンダー110」を日本で初公開。展示車は正式な国内向け市販モデルであり、その装備やインテリアについても、今回が初披露となった。いよいよ公にされた“日本仕様のディフェンダー”を、写真で紹介する。
  • ランドローバー・ディフェンダー110 HSE(4WD/8AT)【試乗記】 2020.12.23 試乗記 長年にわたり旧型「ランドローバー・ディフェンダー」に乗り続けてきたオーナーが、すべてが刷新された“新型”に試乗。洗練されたオンロードでの振る舞いと圧倒的なオフロード性能に、氏が感じたこととは? 「旧型オーナーの新型ディフェンダー評」をリポートする。
  • ランドローバー・ディフェンダー110(4WD/8AT)/ディフェンダー110 S(4WD/8AT)【試乗記】 2020.9.12 試乗記 伝統ある従来モデルとはまったく異なる姿で登場した新型「ランドローバー・ディフェンダー」。モノコックボディー+4輪独立懸架に懐疑的なアンチに対し、ランドローバーが用意した答えとは? 注目の新型オフローダーの出来栄えをチェックした。
  • ランドローバー・ディフェンダー110(4WD/8AT)【試乗記】 2020.8.27 試乗記 「Gクラス」に「ジムニー」「ラングラー」といった本格オフローダーのフルモデルチェンジが相次いだ昨今。遅ればせながら「ランドローバー・ディフェンダー」も新型に生まれ変わった。悪路走破性能……の前に、まずは日常領域での使い勝手をチェックした。
  • 7台のみの貴重な限定モデル「レンジローバーSVOデザインエディション2021」登場 2021.3.19 自動車ニュース ランドローバーの高級SUV「レンジローバー」に、特別仕様車「SVOデザインエディション2021」が登場。ジャガー・ランドローバーのビスポーク部門が手がけた、カタログモデルとは趣を異にするエクステリアデザインが特徴で、装備も充実している。
ホームへ戻る