クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ジャガー 試乗記・新型情報

ジャガー 試乗記 ジャガー ニュース ジャガー 画像・写真
  • 失敗しない中古車選び

    中古車購入指南 ~ジャガー編~ 2020年版

    優雅なスタイリングと刺激的な走りを身上とする英国のプレミアムブランド、ジャガー。セダンやクーペ、コンバーチブルはもちろんのこと、はやりのSUVにおいてもその“こだわり”を貫き続ける同ブランドの、ユーズドカー事情を紹介する。

  • 2020.11.9 画像・写真

    「ジャガー・ランドローバー柏」内覧会の会場から

    千葉県柏市に位置する「ジャガー・ランドローバー柏」がリニューアル。最大の目玉は、悪路走破性能を体験できる「エクスペリエンスセンター」の新設だ。国内ではこれが初、世界的にも珍しい“ショールーム併設のオフロードコース”で、ランドローバー車の実力を体感した。

  • 2020.11.5 自動車ニュース

    オフロードコースも併設! 千葉県に国内最大級のジャガー・ランドローバー販売拠点が誕生

    千葉県柏市に位置するジャガー・ランドローバーのディーラー「ジャガー・ランドローバー柏」がリニューアル。ランドローバー車の悪路走破性能を体験できるオフロードコースや、最大120台のキャパシティーを誇る認定中古車展示場を備えた、国内最大級の販売拠点がオープンする。

  • 2020.10.9 JAGUAR ~英国が誇る名門の“いま”~<AD>

    ラインナップから読み解くジャガーのいま【I-PACE×島下泰久】

    ジャガーが初めて手がけた100%電気自動車「I-PACE」。そのステアリングを握ったモータージャーナリスト島下泰久は、このブランドが培ってきた独自のテイストと、未来に向けての強いメッセージを感じとったのだった。

  • 2020.10.9 JAGUAR ~英国が誇る名門の“いま”~<AD>

    ラインナップから読み解くジャガーのいま【F-PACE×安東弘樹】

    “低くてスポーティー”を身上としてきたジャガーが、初めて世に問うた背の高いクルマ「F-PACE」。ジャガーが手がけるとSUVにはどんな魅力が宿るのか? あまたのクルマを乗り継いできたフリーアナウンサー安東弘樹が、一目ぼれで手に入れた「F-PACE」の思い出を語る。

  • 2020.10.9 JAGUAR ~英国が誇る名門の“いま”~<AD>

    ラインナップから読み解くジャガーのいま【E-PACE×藤島知子】

    「ジャガーE-PACE」はさまざまな顔を持っている。モータージャーナリストの藤島知子はこう語る。スポーツカーさながらのスタイリングでありながら、そのユーティリティーはさすがSUVという秀逸さ。そしてなにより、走らせればやはりジャガー=スポーツカーなのだ。

  • 2020.10.9 JAGUAR ~英国が誇る名門の“いま”~<AD>

    ラインナップから読み解くジャガーのいま【XE&XF×サトータケシ】

    ジャガーネスを味わうのならサルーンに限る。人気自動車ライターのサトータケシはそう断言する。なぜなら最新の「XE」「XF」には、1965年以来スポーツサルーンを絶やすことなくつくり続けてきた、ジャガーならではのノウハウが注ぎ込まれているからだ。

  • 2020.10.9 JAGUAR ~英国が誇る名門の“いま”~<AD>

    ラインナップから読み解くジャガーのいま【F-TYPE×九島辰也】

    ジャガーのラインナップにおける唯一の2シータースポーツカー「F-TYPE」。モータージャーナリスト九島辰也は、その走りにこそ、この歴史あるブランドのすべてが凝縮されていると言う。

  • 2020.10.9 JAGUAR ~英国が誇る名門の“いま”~<AD>

    名門・ジャガー 98年の歴史を紐解く

    その起源は1922年までさかのぼり、自動車事業に進出してからは、一貫してスポーティーで美しいクルマづくりを身上としてきたジャガー。その歴史を、創業者ウィリアム・ライオンズのエピソードや、各時代を飾る名車の数々とともに紹介する。

  • 2020.10.9 JAGUAR ~英国が誇る名門の“いま”~<AD>

    3つのキーワードで語るジャガーの姿

    美しさや速さ、歴史が宿す重厚感と、さまざまな魅力を持ち合わせる英国の名門ジャガー。この多面的なブランドを“ジャガーたらしめているもの”とは何なのか。複雑で奥深い魅力の源泉を、3つのキーワードから探る。

  • 2020.9.23 試乗記

    ジャガーFタイプRダイナミック コンバーチブルP300(FR/8AT)【試乗記】

    「ジャガーFタイプ」のマイナーチェンジモデルに試乗。連れ出したのはオープントップモデル「コンバーチブル」の2リッターターボエンジン搭載車。実はこの比較的ライトなグレードこそが、ジャガーの導き出した令和の時代を走るスポーツカーの最適解だ。

  • 2020.3.13 ジャガーE-LINEという選択<AD>

    【前編】ジャガーXE R-DYNAMIC HSE P300の魅力を探る

    「E-LINE」と呼ばれるジャガーのコンパクトクラスに名を連ねるのが「XE」と「E-PACE」だ。今回、両モデルをワインディングロードに連れ出し、あらためてその魅力を検証。まずは、2020年モデルで大規模なマイナーチェンジが行われた4ドアサルーン、XEのステアリングを握った。

  • 2020.3.13 ジャガーE-LINEという選択<AD>

    【後編】ジャガーE-PACE R-DYNAMIC HSE P300の魅力を探る

    ジャガーの4ドアサルーン「XE」とプレミアムSUV「E-PACE」。モデル名に“E”を冠したこの2台は、ジャガーのコンパクトクラス「E-LINE」を担うラインナップである。今回は、山岳路でE-PACEを走らせ、その実力を確かめてみた。

  • 2020.2.19 試乗記

    ジャガーFタイプ クーペ/Fタイプ コンバーチブル【海外試乗記】

    マイナーチェンジでフロントフェイスの印象が大きく変わった、ジャガーのスポーツカー「Fタイプ」。では、その走りはどうか? 欧州ポルトガルで、タイプの異なる3モデルに試乗した。

  • 2020.2.18 エッセイ

    第163回:カーマニアの回り道

    清水草一の話題の連載。第163回は「カーマニアの回り道」。「スズキ・ハスラー」の新車価格でセレブな中古車は買える!? アコガレのジャガー車で討ち死にし、イタフラ系をターゲットに物色し始めた筆者に、希望を与えたクルマとは?

  • 2020.2.11 エッセイ

    第162回:新型ハスラーを買うならば

    清水草一の話題の連載。第162回は「新型ハスラーを買うならば」。“デザインよし、走りよし”と筆者絶賛の軽自動車、ところでHow much? 同じ価格帯の中古車なら、アコガレのセレブカーも夢じゃない!? カーマニアの妄想は止まらない。

  • 2020.1.9 自動車ニュース

    「ジャガーFタイプ」マイナーチェンジ デビュー記念の限定車も登場

    ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2020年1月9日、マイナーチェンジした2シータースポーツカー「ジャガーFタイプ」の日本導入を発表し、同日、受注を開始した。

  • 2019.11.14 自動車ニュース

    ジャガーのSUV「Eペース」と「Fペース」に装備充実の限定車「センサリーパフォーマンスエディション」登場

    ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2019年11月14日、ジャガーブランドのSUV「Eペース」および「Fペース」に限定車「Sensory Performance Edition(センサリーパフォーマンスエディション)」を設定。同日、受注を開始した。

  • 2019.10.21 試乗記

    ジャガーIペースHSE(4WD)【試乗記】

    欧州プレミアムブランドの電気自動車(BEV)として、いち早く“公道デビュー”を果たした「ジャガーIペース」。航続距離438km(WLTCモード)という実用性と、スポーツカーもかくやの動力性能を併せ持つ次世代ラグジュアリーカーが見せる新世界とは?

  • 2019.10.21 自動車ニュース

    現行型「ジャガーXJ」に最後の特別仕様車「“V8”ファイナルエディション」登場

    ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2019年10月21日、ジャガーブランドのフラッグシップサルーン「XJ」に特別仕様車「“V8”ファイナルエディション」を設定し、20台の台数限定で注文受付を開始した。

関連サービス(価格.com)
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。