「ランドローバー・ディフェンダー110」に3リッター直6ディーゼルモデルが登場

2020.11.17 自動車ニュース
ランドローバー・ディフェンダー110 X
ランドローバー・ディフェンダー110 X拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2020年11月17日、ランドローバーのクロスカントリーモデル「ディフェンダー」2021年モデルの受注を開始した。

ディフェンダー110 X-Dynamic SE
ディフェンダー110 X-Dynamic SE拡大

新グレードの「X」「X-Dynamic」にも注目

2021年モデルのディフェンダーでは、5ドアモデルの「110」に新たに3リッター直6ディーゼルエンジン「D300」搭載車を設定。同エンジンは最高出力300PS、最大トルク650N・mを発生し、またマイルドハイブリッド機構が組み合わされている。

グレード構成も見直しており、新たに「X」「X-Dynamic」の2つの仕様を設定した。前者はディフェンダーの新たな最上級グレードという位置づけで、エクステリアにはスターライトサテンクロームやグロスブラック、サテンブラックなどといった光沢感のあるブラックのパーツを多用。ブレーキにはコントラストを効かせたオレンジのキャリパーを装備している。一方、インテリアには縫製や色にもこだわったウィンザーレザーやウッドパネルを採用。エンジンは直6ディーゼルのみの設定となる。

これに対し、後者のX-Dynamicはタフさやダイナミックさを強調した内外装が特徴のモデルで、Xと同じ黒いアクセントを用いたエクステリアに、デュオトーンのシート、耐久性の高いGeonix素材のパネルを採用。こちらもエンジンは直6ディーゼルのみとなる。

装備の充実も図っており、ブラインドスポットアシストやアダプティブクルーズコントロール、360°パーキングエイド、リアトラフィックモニターなどからなるドライバー支援システムを全車標準装備化。オプションとして、3列目シート選択時に同時装着が必要なすべての装備をパッケージにした「ファミリーパック」や、空気イオン化テクノロジー(PM2.5 フィルター付き)、専用の通信データプランにより、スムーズな通信環境下でデータ容量を気にすることなくインフォテインメントシステムを使用できる「オンラインパック」、Wi-Fi接続機能などを新設定した。

ボディーカラーは、長野県・白馬のパウダースノーをイメージしたという新色の「ハクバシルバー」を含む全10色。エクステリアでは、110でもファブリックルーフが選択可能となった点もトピックとして挙げられる。

今回の変更により、ディフェンダーのラインナップは12種類に拡大。また需要の高いアイテムをあらかじめ装着した日本独自の仕様「キュレーテッドスペック」も7種類が設定される。

価格は以下の通り。

【ディフェンダー90】

  • ディフェンダー(P300):529万円
  • ディフェンダーS(P300):611万円
  • ディフェンダーSE(P300):654万円
  • ディフェンダーHSE(P300):732万円
  • ディフェンダー ファーストエディション(P300):745万円

【ディフェンダー110】

  • ディフェンダー(P300):619万円
  • ディフェンダーS(P300):692万円
  • ディフェンダーSE(P300):738万円
  • ディフェンダー ファーストエディション(P300):826万円
  • ディフェンダーS(D300):754万円
  • ディフェンダーX-Dynamic SE(D300):863万円
  • ディフェンダーX(D300):1124万円

【キュレーテッドスペック】

  • ディフェンダー90(P300)ファブリックシート仕様:557万5000円~
  • ディフェンダー90(P300)レザーシート仕様:694万6000円~
  • ディフェンダー110(P300)ファブリックシート&5人シート仕様:645万3000円~
  • ディフェンダー110(P300)ファブリックシート&7人シート仕様:691万2000円~
  • ディフェンダー110(P300)レザーシート&7人シート仕様(パノラミックルーフ付き):841万3000円~
  • ディフェンダー110(D300)レザーシート&5人シート仕様:792万2000円~
  • ディフェンダー110(D300)レザーシート&7人シート仕様:966万3000円~

(webCG)

関連キーワード:
ディフェンダー, ランドローバー, 自動車ニュース

ランドローバー ディフェンダー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランドローバー・ディフェンダー110 2020.6.18 画像・写真 ジャガー・ランドローバーが「ランドローバー・ディフェンダー110」を日本で初公開。展示車は正式な国内向け市販モデルであり、その装備やインテリアについても、今回が初披露となった。いよいよ公にされた“日本仕様のディフェンダー”を、写真で紹介する。
  • ランドローバー・ディフェンダー110 HSE(4WD/8AT)【試乗記】 2020.12.23 試乗記 長年にわたり旧型「ランドローバー・ディフェンダー」に乗り続けてきたオーナーが、すべてが刷新された“新型”に試乗。洗練されたオンロードでの振る舞いと圧倒的なオフロード性能に、氏が感じたこととは? 「旧型オーナーの新型ディフェンダー評」をリポートする。
  • ランドローバー・ディフェンダー110 X D300/ディフェンダー90 HSE P300【試乗記】 2021.7.15 試乗記 ランドローバーの本格クロスカントリーモデル「ディフェンダー」に、魅力的な2つの仕様が追加された。3ドア・ショートボディーの「90」と、最大トルク650N・mを誇る3リッター直6ディーゼル。日本に導入されたばかりの、両モデルの走りをリポートする。
  • ランドローバー・ディフェンダー90 S(4WD/8AT)【試乗記】 2021.7.2 試乗記 新型「ランドローバー・ディフェンダー」はカッコいいけど大きいな~……と悩んでいた人に朗報だ。待ちに待ったショートホイールベース仕様「90」の国内デリバリーがようやくスタート。ロングホイールベース仕様「110」との違いを確かめるべく、早速林道に分け入ってみた。
  • ランドローバー・レンジローバー ヴェラールD200 (4WD/8AT)【試乗記】 2021.6.30 試乗記 スタイリッシュなプレミアムSUVとして知られる「レンジローバー ヴェラール」。そのラインナップに加わったマイルドハイブリッドのディーゼル車は、上質な内外装に見合った、極めて品の良い走りを味わわせてくれた。
ホームへ戻る