「トヨタ・ヤリス」のワンメイクレース用競技車両「ヤリス カップカー」が登場

2020.12.11 自動車ニュース
トヨタ・ヤリス カップカー
トヨタ・ヤリス カップカー拡大

トヨタカスタマイジング&ディベロップメントは2020年12月11日、「トヨタ・ヤリス」のワンメイクレース用競技車両「ヤリス カップカー」を発表。同日、販売を開始した。

 
「トヨタ・ヤリス」のワンメイクレース用競技車両「ヤリス カップカー」が登場の画像拡大
 
「トヨタ・ヤリス」のワンメイクレース用競技車両「ヤリス カップカー」が登場の画像拡大
 
「トヨタ・ヤリス」のワンメイクレース用競技車両「ヤリス カップカー」が登場の画像拡大
 
「トヨタ・ヤリス」のワンメイクレース用競技車両「ヤリス カップカー」が登場の画像拡大

トヨタカスタマイジング&ディベロップメントはTRDブランドを介してモータースポーツ活動や、競技用部品の供給に取り組むトヨタ自動車の子会社である。

今回発表されたヤリス カップカーは、2021年より開催予定のワンメイクレース「TOYOTA GAZOO Racing Yaris Cup」への参加車両として開発されたコンプリート車であり、レース参戦に必要となるロールケージなどの装備を、リーズナブルにパッケージ化しているという。

ユーザーが気兼ねなく交換できるよう、ホイールやシートなどには廉価仕様の装備を採用。レーシングスピードでの周回走行を可能にするべく、CVT/MTの両仕様に最適化したエンジンオイルクーラーを装備している。また足まわりには、歴代ワンメイクレース用競技車両として初めて、リア側に減衰力調整機構を備えた専用チューニングサスペンションセットを標準装備。ドライバーの走行スタイルに合わせたセットアップを可能としている。

このほかにも、架装メーカーオプションとして車両情報と走行軌跡を記憶する「トヨタ ガズーレーシング レコーダー」も用意している。

価格は6段MT仕様が217万1100円、CVT仕様が238万0100円。

(webCG)

関連キーワード:
ヤリス, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ ヤリス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタGRヤリス(後編) 2020.9.4 画像・写真 多彩なバリエーションや、モータースポーツ向けに取りそろえられた豊富な用品も「トヨタGRヤリス」の魅力。貴重な初版限定モデル「ファーストエディション」や、FF+CVTのエントリーモデル「RS」、競技用ベース車「RC」、各種用品装着車を写真で紹介する。
  • トヨタGRヤリス(前編) 2020.9.4 画像・写真 いよいよ発売となったトヨタのコンパクトスポーツ「GRヤリス」。まずは1.6リッター直噴ターボエンジンと、トヨタ久々のスポーツ4WDシステムを組み合わせたハイパフォーマンスグレード「RZ」「RZ“ハイパフォーマンス”」の詳細を写真で紹介する。
  • トヨタGRヤリスRS(FF/CVT)【試乗記】 2021.1.13 試乗記 ラリーのトップカテゴリーで勝つことを念頭に開発された、トヨタのコンパクトハッチバック「GRヤリス」。たとえFF・CVT仕様のエントリーグレードであっても、そのこだわりの走りは、出自を感じさせる非凡さにあふれていた。
  • トヨタGRヤリス【試乗記】 2020.11.20 試乗記 トヨタのクルマは低燃費だけど低刺激。そんなイメージをすっかり忘れさせてしまうのが「GRヤリス」だ。専用設計のシャシーに最高出力272PSの1.6リッター直3ターボエンジンや独自設計の4WDシステムを積んだ、幻のホモロゲーションモデルの実力を試す。
  • ホンダ・シビック タイプR リミテッドエディション(FF/6MT)【試乗記】 2020.11.21 試乗記 ホームコースの鈴鹿サーキットで、ホンダがFF車最速の座を宿敵ルノーから奪還した。その立役者となったのが、「シビック タイプR」のマイナーチェンジと同時に登場した「リミテッドエディション」。聖地・鈴鹿に赴き、進化と速さの秘密を探った。
ホームへ戻る