「シトロエンC5エアクロスSUV」の一部改良モデル登場 全グレードでLEDヘッドライトが標準装備に

2021.04.08 自動車ニュース
シトロエンC5エアクロスSUV
シトロエンC5エアクロスSUV拡大

グループPSAジャパンは2021年4月8日、「シトロエンC5エアクロスSUV」の一部仕様を変更し、販売を開始した。

ナッパレザーパッケージのカラーリングが「ブラック&ライトグレー」に変更された。
ナッパレザーパッケージのカラーリングが「ブラック&ライトグレー」に変更された。拡大
全グレードでLEDヘッドランプが標準装備に。改良前は全車ハロゲン球だった。
全グレードでLEDヘッドランプが標準装備に。改良前は全車ハロゲン球だった。拡大

今回は全グレードにLEDヘッドライトを標準装備としたほか、ナッパレザーパッケージオプション(2リッターディーゼルターボモデル専用)のシートおよびトリムのカラーリングを「ブラウン&ブラック」から「ブラック&ライトグレー」に変更。また、欧州排ガス規制「ユーロ6.3」対応のためのエンジンマネジメント見直しにより1.6リッターガソリンターボエンジンモデルのWLTCモード燃費が13.8km/リッターから15.0km/リッターに改善している。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • シャイン:420万円
  • シャインBlueHDi:439万円
  • シャインBlueHDiナッパレザーパッケージ:476万円

(webCG)

関連キーワード:
C5エアクロスSUV, シトロエン, 自動車ニュース