「シトロエンC5エアクロスSUV」の一部改良モデル登場 全グレードでLEDヘッドライトが標準装備に

2021.04.08 自動車ニュース
シトロエンC5エアクロスSUV
シトロエンC5エアクロスSUV拡大

グループPSAジャパンは2021年4月8日、「シトロエンC5エアクロスSUV」の一部仕様を変更し、販売を開始した。

ナッパレザーパッケージのカラーリングが「ブラック&ライトグレー」に変更された。
ナッパレザーパッケージのカラーリングが「ブラック&ライトグレー」に変更された。拡大
全グレードでLEDヘッドランプが標準装備に。改良前は全車ハロゲン球だった。
全グレードでLEDヘッドランプが標準装備に。改良前は全車ハロゲン球だった。拡大

今回は全グレードにLEDヘッドライトを標準装備としたほか、ナッパレザーパッケージオプション(2リッターディーゼルターボモデル専用)のシートおよびトリムのカラーリングを「ブラウン&ブラック」から「ブラック&ライトグレー」に変更。また、欧州排ガス規制「ユーロ6.3」対応のためのエンジンマネジメント見直しにより1.6リッターガソリンターボエンジンモデルのWLTCモード燃費が13.8km/リッターから15.0km/リッターに改善している。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • シャイン:420万円
  • シャインBlueHDi:439万円
  • シャインBlueHDiナッパレザーパッケージ:476万円

(webCG)

関連キーワード:
C5エアクロスSUV, シトロエン, 自動車ニュース

シトロエン C5エアクロスSUV の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シトロエンC5エアクロスSUVプラグインハイブリッド(FF/8AT)【試乗記】 2021.8.7 試乗記 「シトロエンC5エアクロスSUV」にプラグインハイブリッドモデル(PHEV)が追加設定された。先に上陸しているプジョーやDS版と決定的にちがうのは、このクルマが“トラクシオン アヴァン=前輪駆動”であるということだ。果たしてその仕上がりは?
  • MINIクーパー 3ドア(FF/7AT)【試乗記】 2021.8.23 試乗記 2021年5月にマイナーチェンジを受けた「MINI 3ドア」の最新モデルに試乗。従来型からの進化のポイントをチェックするとともに、オールドミニのスタイルを受け継ぎ、3世代20年にわたり歴史を重ねてきた“ニューMINI”の足跡に思いをはせた。
  • シトロエンC3エアクロスSUVシャイン(FF/6AT)【試乗記】 2019.11.18 試乗記 個性派シトロエンの中でも変わった見た目の「C3エアクロスSUV」は、どんな味わいのクルマなのか? 高速道路からワインディングロードまで走らせた筆者は、かつて胸をときめかせてくれた、むかしのフランス車を思い出していた。
  • メルセデス・ベンツC300eセダン(FR/9AT)【海外試乗記】 2021.9.1 試乗記 メルセデス・ベンツの主力セダン「Cクラス」がフルモデルチェンジ。国内では2021年秋からのデリバリーが予定されているが、一足早く欧州でそのステアリングを握るチャンスを得た。プラグインハイブリッドモデル「C300e」の仕上がりを報告する。
  • シトロエンC5エアクロスSUVシャイン(FF/8AT)【試乗記】 2020.6.22 試乗記 シトロエンの「C5エアクロスSUV」に1.6リッターガソリンターボ搭載モデルが追加された。先に導入された2リッターディーゼル車と比べると、最高出力は微増で最大トルクは大幅減、そして車両重量も大幅減。果たしてその仕上がりは?
ホームへ戻る