「ランドローバー・レンジローバー スポーツ」の限定車「HST+」登場

2021.04.27 自動車ニュース
「ランドローバー・レンジローバー スポーツHST+」。ボディーカラーは15台限定の「フジホワイト」。
「ランドローバー・レンジローバー スポーツHST+」。ボディーカラーは15台限定の「フジホワイト」。拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2021年4月27日、「ランドローバー・レンジローバー スポーツ」に特別仕様車「HST+」を設定し、29台の台数限定で注文受け付けを開始した。

「フジホワイト」にはエボニー/アイボリーシート(エボニーヘッドライニング)の内装が組み合わされる。
「フジホワイト」にはエボニー/アイボリーシート(エボニーヘッドライニング)の内装が組み合わされる。拡大
「カルパチアングレイ」のボディーカラーは14台限定。
「カルパチアングレイ」のボディーカラーは14台限定。拡大
「カルパチアングレイ」にはエボニー/エクリプスシート(シーラスヘッドライニング)の内装が組み合わされる。
「カルパチアングレイ」にはエボニー/エクリプスシート(シーラスヘッドライニング)の内装が組み合わされる。拡大

今回のランドローバー・レンジローバー スポーツHST+は、2021年モデルから追加された3リッター直6の「インジニウム」ガソリンターボエンジン(最高出力400PS/最大トルク550N・m)を搭載した新グレード「HST」がベース。直6エンジン搭載グレードとしては初めての特別仕様車となっている。

ボディーカラーは「フジホワイト」(限定15台)と「カルパチアングレイ」(限定14台)の2色を設定。22インチの“スタイル5086”5スプリットスポークホイール(グロスブラックフィニッシュ)によって外観を引き締めている。インテリアはフジホワイトにはエボニー/アイボリーシート(エボニーヘッドライニング)を、カルパチアングレイにはエボニー/エクリプスシート(シーラスヘッドライニング)をそれぞれ組み合わせている。

さらに、ハイスピードエマージェンシーブレーキやブラインドスポットアシスト、アダプティブクルーズコントロール(ステアリングアシスト付き)、レーンキープアシスト、パークアシスト機能からなる「ドライバーアシストパック」を装備し、安全性と利便性の向上を図っている。

価格はボディーカラーがフジホワイトのモデルが1290万円でカルパチアングレイのモデルが1284万円。

(webCG)

関連キーワード:
レンジローバー スポーツ, ランドローバー, 自動車ニュース