フェラーリが「812コンペティツィオーネ」を発表 V12エンジン搭載のリミテッドモデル

2021.05.06 自動車ニュース
フェラーリ812コンペティツィオーネ
フェラーリ812コンペティツィオーネ拡大

伊フェラーリは2021年5月5日(現地時間)、「812コンペティツィオーネ」とそのオープントップモデルである「812コンペティツィオーネA」を発表した。

 
フェラーリが「812コンペティツィオーネ」を発表 V12エンジン搭載のリミテッドモデルの画像拡大
 
フェラーリが「812コンペティツィオーネ」を発表 V12エンジン搭載のリミテッドモデルの画像拡大
812コンペティツィオーネA
812コンペティツィオーネA拡大
 
フェラーリが「812コンペティツィオーネ」を発表 V12エンジン搭載のリミテッドモデルの画像拡大
 
フェラーリが「812コンペティツィオーネ」を発表 V12エンジン搭載のリミテッドモデルの画像拡大
 
フェラーリが「812コンペティツィオーネ」を発表 V12エンジン搭載のリミテッドモデルの画像拡大
 
フェラーリが「812コンペティツィオーネ」を発表 V12エンジン搭載のリミテッドモデルの画像拡大
 
フェラーリが「812コンペティツィオーネ」を発表 V12エンジン搭載のリミテッドモデルの画像拡大

エンジンの改良により最高出力を30PS向上

812コンペティツィオーネ/812コンペティツィオーネAは、既存のV12エンジン搭載モデル「812スーパーファスト」をベースに動力性能をより高めた、数量限定のリミテッドモデルである。販売台数は、前者が999台、後者が599台とされている。

エンジンは812スーパーファストの6.5リッターV12自然吸気をベースに独自の改良を加えたもので、チタン製のコンロッドや特殊なコーティングを施したピストンピン、バランス取りしたクランクシャフトを採用するなどして、摺動(しゅうどう)部の軽量化とフリクション低減を追求。バルブトレインとシリンダーヘッドについては、F1の技術を用いた完全新設計としている。

吸気システムの設計も変更しており、マニホールドとプレナムチャンバーのコンパクト化により、高回転域における出力を向上。同時に、状況に応じて吸気ダクトアッセンブリーの長さを変更する可変ジオメトリー吸気ダクトの採用により、レッドゾーンまで“谷間”をみせないトルク特性を実現している。これらの改良により、エンジンの最高出力はベース車の800PS/8500rpmから830PS/9250rpmに向上。燃料噴射装置の改良やガソリンパーティキュレートフィルターの採用などにより、最新の排出ガス規制に対応する排ガス浄化性能も獲得している。

これに組み合わされるトランスミッションはデュアルクラッチ式7段ATで、制御のキャリブレーションにより変速スピードを5%向上。ベース車より500rpm高められたエンジンの最高回転数(9500rpm)とも相まって、よりスポーティーな変速を実現しているという。

ボディー全体で改善が図られた空力性能と冷却効率

ボディーについても、エンジンやドライブトレインの冷却性と空力性能の向上のため、全体にわたり大幅な改良が加えられた。

フロントまわりでは、エアインテークを横いっぱいに拡張することでエンジンの冷却効率を10%向上させたほか、車両底部からの熱気の放出を減らし、ボンネットやフェンダーから排出するよう流路を変えたことで、エアロダイナミクスの改善も図っている。

一方リアでは、ディフューザーの大型化と排出ガスのエアロダイナミクスへの積極的な利用により、大幅にダウンフォースを増強。クーペタイプの812コンペティツィオーネでは、デザイン上の特徴ともなっているアルミ製リアカウルのボルテックスジェネレーターも、ダウンフォースの増大に寄与しているという。これに対し、タルガトップの812コンペティツィオーネAでは、気流を無駄なくスポイラーへ流すよう、フライングバットレスの間にブリッジ状のエレメントを配置。空気抵抗の増大を抑えるとともに、812コンペティツィオーネとほぼ同等のダウンフォースを実現したという。

また、冷却関連では「SF90ストラダーレ」で初採用されたフロントエアロキャリパーの導入もトピックとして挙げられる。これは鋳造キャリパー内にエアインテークを組み込んだシステムであり、ブレーキの作動温度を約30℃下げることにより、長時間のサーキット走行でも安定した制動力を発揮すると説明されている。

後輪操舵機構の採用や軽量化にも注目

シャシーや足まわりにも手を加えており、リアアクスルには左右後輪の舵角を独立制御する独立後輪ステアリングを初採用。通常のリアステア機構より素早い反応速度と、横方向のレスポンスの効率的なマネジメントを実現しているという。また、同機構の採用に合わせ、ドライブトレインや足まわりを統合制御するサイドスリップコントロール(SSC)もバージョン7.0に進化。タイヤには同車専用設計の「ミシュラン・カップ2R」を採用している。

このほかにも、812コンペティツィオーネ/812コンペティツィオーネAでは重量の軽減も図っており、既述の軽量なエンジン部品に加え、カーボンファイバー製の外装パーツやリチウムイオンバッテリー、鍛造アルミニウム製のホイールやチタン製のスタッドボルトを採用。遮音材も削減することで、総重量をベース車より38kg軽減したという。さらにはフェラーリのV12モデルとして初めて、総カーボンファイバー製のホイールも設定している。

これらの改良により、812コンペティツィオーネは最高速が340km/h、0-100km/h加速が2.85秒、0-200km/h加速が7.5秒という動力性能を実現。フェラーリのテストコースであるフィオラノサーキットでのラップタイムは、1分20秒と公表されている。

(webCG)

関連キーワード:
812コンペティツィオーネ, 812コンペティツィオーネA, フェラーリ, 自動車ニュース