「ダイハツ・キャスト」オートライト常時作動でより安全に

2021.05.10 自動車ニュース

ダイハツ工業は2021年5月10日、軽乗用車「キャスト」の一部仕様を変更し、発売した。

今回の変更により、キャスト全グレードについて、運転中は常にオートライトが作動するようになった。

価格は「スタイルX“SAⅢ”」の131万4500円から「スタイルGターボ“プライムコレクションSAⅢ”」の173万8000円まで。

(webCG)

ダイハツ・キャスト スタイルGターボ“プライムコレクションSAⅢ”
ダイハツ・キャスト スタイルGターボ“プライムコレクションSAⅢ”拡大

関連キーワード:
キャスト スタイル, ダイハツ, 自動車ニュース

ダイハツ キャスト スタイル の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・キャスト スポーツ“SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2015.12.12 試乗記 ダイハツから、ひとつの車型で3つのモデルを取りそろえる軽自動車「キャスト」が登場。今回はその中から、走りを追及した“第3のモデル”こと「スポーツ」に試乗した。「コペンの4人乗りをイメージして作った」とされる同車の特徴を一言で表すと……?
  • ダイハツ・キャスト スポーツ 2015.11.13 画像・写真 「ダイハツ・キャスト」に、専用チューニングのサスペンションや16インチホイールなどを備えたスポーティーな「キャスト スポーツ」が登場。オープン2シーター「コペン」で培ったノウハウを取り入れたというキャスト第3のモデルの姿を、写真で紹介する。
  • ダイハツが「ムーヴ」を一部改良 特別仕様車「カスタムX“VS SA III”」を設定 2021.9.1 自動車ニュース ダイハツが軽乗用車「ムーヴ」に一部改良を実施。オートライトを全車標準装備としたほか、予防安全・運転支援システムが装備されないグレードの一部を廃止した。同時に、パノラマモニター対応カメラを装備した特別仕様車「カスタムX“VS SA III”」を発売した。
  • 新型日産Z(日本名「フェアレディZ」) 2021.8.18 画像・写真 日産がアメリカで7代目となる新型「Z」(日本名「フェアレディZ」)を発表した。歴代のモデルをモチーフにしたという内外装の意匠が特徴で、エンジンには3リッターV6ターボを搭載。6段MT仕様も用意されるという。新型Zの詳細な姿を写真で紹介する。
  • 日産ノート オーラNISMOプロトタイプ(FF)【試乗記】 2021.8.17 試乗記 日産自慢の電動パワートレイン「e-POWER」を搭載した「ノート オーラ」に「NISMO」バーションが登場。レースで培ったノウハウを注ぎ込み、匠(たくみ)と呼ばれる開発ドライバーが磨きをかけたというそのパフォーマンスを、同社のテストコースで確かめた。
ホームへ戻る