「ベントレー・ベンテイガ」に新グレード「S」登場 日本には2022年上陸

2021.05.26 自動車ニュース
ベントレー・ベンテイガS
ベントレー・ベンテイガS拡大

英ベントレーモーターズは2021年5月25日(現地時間)、ラグジュアリーSUV「ベンテイガ」の新グレード「ベンテイガS」を発表した。

 
「ベントレー・ベンテイガ」に新グレード「S」登場 日本には2022年上陸の画像拡大
 
「ベントレー・ベンテイガ」に新グレード「S」登場 日本には2022年上陸の画像拡大
 
「ベントレー・ベンテイガ」に新グレード「S」登場 日本には2022年上陸の画像拡大
 
「ベントレー・ベンテイガ」に新グレード「S」登場 日本には2022年上陸の画像拡大
 
「ベントレー・ベンテイガ」に新グレード「S」登場 日本には2022年上陸の画像拡大
 
「ベントレー・ベンテイガ」に新グレード「S」登場 日本には2022年上陸の画像拡大

スポーティーさを一段と強調

ベンテイガSは、「ベンテイガ」の敏しょう性と存在感をさらにアップさせたという新グレード。ベンテイガを実際に走らせ運動性能を体感している、膨大な数のユーザーから寄せられた意見を反映し開発したという。

エクステリアは、スポーティーなドライビングエクスペリエンスを予感させるようドレスアップ。具体的には、ダークティントのヘッドライトおよびリアコンビランプと、ベンテイガSバッジ、3種類の仕上げが用意される専用デザインの22インチホイール、大型のリアスポイラー、楕円(だえん)形を分割したデザインのエキゾーストパイプなどが装着される。

4人乗り、5人乗り、7人乗りの各仕様が選べる内装は、シートやステアリングホイール、シフトレバーなどにアルカンターラを採用。インストゥルメントパネル、センターコンソール、ドアパッド、シートボルスターなどはアクセントカラーでドレスアップされる。また助手席側フェイシアには「S」バッジが添えられ、シートのバックレストには「S」の刺しゅうが施される。

フロントに搭載される4リッターV8ターボエンジンは、最高出力550PS、最大トルク770N・mを発生。0–100km/h加速4.5秒、最高速290km/hというパフォーマンスを誇る。航続距離654kmという足の長さもセリングポイントとなっている。

走行性能に関わるメカニズムとしては、48V電動式アクティブロールコントロールシステム「ベントレーダイナミックライド」を標準装備。コーナリング時のロールを抑制し、タイヤの接地性を最大限に高め、快適な乗り心地と優れた操縦性をもたらすとうたわれる。

ベンテイガSでは、スタンダードなベンテイガに比べスポーツモードが強化されている。同モードの選択時には、エアサスペンションの減衰力が15%増加し、ステアリングフィールとターンインレスポンスが向上、ボディーロールが一段と減少するという。

ベントレー・ベンテイガSの日本における価格は2690万円。デリバリーの開始時期は2022年第1四半期が予定されている。

(webCG)

関連キーワード:
ベンテイガ, ベントレー, 自動車ニュース

ベントレー ベンテイガ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ベントレー・フライングスパーV8(4WD/8AT)【試乗記】 2021.6.1 試乗記 ベントレーのフラッグシップサルーン「フライングスパー」にV8モデルが登場。635PSの最高出力を誇るW12に対して、550PSとなるV8の走りとは? 印象的なボディーカラーをまとった導入記念仕様車「ファーストエディション」に試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • ベントレー・フライングスパー(4WD/8AT)【試乗記】 2020.5.25 試乗記 ベントレーの新たな旗艦モデルの座を担う、新型「フライングスパー」が日本上陸。最新のテクノロジーを惜しみなく投入して開発された、ラグジュアリースポーツサルーンの仕上がりをテストする。
  • BMW X7 xDrive40d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.7.27 試乗記 「BMW X7」に、3リッター直6ディーゼルエンジンと48Vのマイルドハイブリッド機構を組み合わせた「xDrive40d」が登場。新しいパワートレインを積んだBMWの3列・フルサイズSUVは、そのコワモテとは裏腹に、フレンドリーで家族思いなクルマに仕上がっていた。
  • ボルボXC90 B6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2021.7.20 試乗記 2種類の過給機にマイルドハイブリッドシステムを組み合わせる、ボルボのラージサイズSUV「XC90 B6 AWD」。高速道路や山道を行くドライブ旅に出てみれば、グランドツーリングカーとしての優れた資質が見えてきた。
  • ランドローバー・ディフェンダー110 X D300/ディフェンダー90 HSE P300【試乗記】 2021.7.15 試乗記 ランドローバーの本格クロスカントリーモデル「ディフェンダー」に、魅力的な2つの仕様が追加された。3ドア・ショートボディーの「90」と、最大トルク650N・mを誇る3リッター直6ディーゼル。日本に導入されたばかりの、両モデルの走りをリポートする。
ホームへ戻る