トヨタが「シエンタ」を一部改良 特別仕様車“セーフティーエディションII”も設定

2021.06.02 自動車ニュース
トヨタ・シエンタ ハイブリッドG“セーフティーエディションII”
トヨタ・シエンタ ハイブリッドG“セーフティーエディションII”拡大

トヨタ自動車は2021年6月2日、ミニバン「シエンタ」を一部改良するとともに特別仕様車「G“セーフティーエディションII”」「ファンベースG“セーフティーエディションII”」を設定し、販売を開始した。

 
トヨタが「シエンタ」を一部改良 特別仕様車“セーフティーエディションII”も設定の画像拡大
 
トヨタが「シエンタ」を一部改良 特別仕様車“セーフティーエディションII”も設定の画像拡大
 
トヨタが「シエンタ」を一部改良 特別仕様車“セーフティーエディションII”も設定の画像拡大
 
トヨタが「シエンタ」を一部改良 特別仕様車“セーフティーエディションII”も設定の画像拡大

今回の改良では、周囲の明るさを検知してヘッドライトを自動で点灯/消灯する「コンライト」の設定を拡大し、全車に標準装備としている。

シエンタの価格は181万8500円~258万円。

特別仕様車のG“セーフティーエディションII”およびファンベースG“セーフティーエディションII”は、それぞれ「G」「ファンベースG」がベース。外装にはブラック加飾を施したアウターミラーとホイールキャップを装備し、内装色は特別なブラックを採用。衝突被害軽減に寄与するインテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]と、バックカメラを含むナビレディ―パッケージも装備する。ボディーカラーは特別設定色の「グレイッシュブルー」を含めた全5色を設定した。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • G“セーフティーエディションII”(7人乗り):215万1000円
  • G“セーフティーエディションII”(6人乗り):229万5000円
  • ハイブリッドG“セーフティーエディションII”(7人乗り):251万7000円
  • ファンベースG“セーフティーエディションII”(5人乗り):211万円
  • ハイブリッド ファンベースG“セーフティーエディションII”(5人乗り):247万6000円

(webCG)

関連キーワード:
シエンタ, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ シエンタ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・シエンタ ファンベースG(FF/CVT)【試乗記】 2019.1.10 試乗記 トヨタの人気ミニバン「シエンタ」に、3列目シートを取り払った5人乗り仕様「ファンベース」が追加された。乗車可能人数を削減してまで手にした広いラゲッジスペースは、家族にどのような世界を見せてくれるのだろうか。
  • トヨタ・エスティマハイブリッド アエラス スマート(4WD/CVT)【試乗記】 2016.9.1 試乗記 マイナーチェンジが施された、トヨタのミニバン「エスティマ」に試乗。登場から11年目を迎えたロングセラーモデルは、どのようにリファインされたのか。走りや乗り心地を、ハイブリッドモデルで確かめた。
  • トヨタ・エスティマハイブリッド(4WD/CVT)/エスティマ(FF/CVT)【試乗記】 2016.7.11 試乗記 登場から10年以上の時を経て、3代目「トヨタ・エスティマ」に本格的な仕様変更が施された。大がかりなテコ入れで、ミニバンとしての使い勝手や走りは、どのように変化したのか? ガソリン車とハイブリッド車の2車種に試乗して確かめた。
  • トヨタ・エスティマ3.5G 7人乗り(FF/6AT)【ブリーフテスト】 2006.4.10 試乗記 ……515万5920円
    総合評価……★★★

    3代目ニュー「エスティマ」に新しく採用された、280psを発生する3.5リッターV6エンジン搭載のトップグレードに試乗。高性能版の走りはどうなのか。


  • キャデラックCT5プラチナム 2021.1.17 画像・写真 ゼネラルモーターズがキャデラックの新型セダン「CT5」を日本に導入。クーペを思わせるファストバックスタイルが特徴で、エンジンには2リッター直噴ターボを採用している。コンセプトカー「エスカーラ」をモチーフにしたというニューモデルの姿を、写真で紹介する。
ホームへ戻る