【F1 2021】波乱の第6戦アゼルバイジャンGPでペレスが自身2勝目

2021.06.07 自動車ニュース

F1世界選手権第6戦アゼルバイジャンGPの決勝が、2021年6月6日、アゼルバイジャンのバクー・シティ・サーキット(6.003km)を51周して行われた。

タイヤ交換を終えて1-2となったレッドブル・ホンダ勢。メルセデスのルイス・ハミルトンを後方3位に従え、優勝に向けて順調に周回を重ねていたところ、首位快走中のフェルスタッペンを不運が襲った。フェルスタッペンの左リアタイヤが何の前触れもなくバーストし大クラッシュ。この前に、ランス・ストロールのアストンマーティンも同じようにハードタイヤの左後輪が壊れていた。

フェルスタッペンのクラッシュで3周を残して赤旗中断。30分以上の後に再開した、残り2周のスプリントレースでは、2位ルイス・ハミルトンがまさかのコースオフ、ポイント圏外に脱落するというドラマも起きた。波乱のレースを制したのは、レッドブルのセルジオ・ペレス。昨季サキールGP以来となる自身2勝目を飾った。

2位はアストンマーティン・メルセデスのセバスチャン・ベッテル。予選11位から終盤には4位に上がり、フェルスタッペンとハミルトンの脱落で2位に。昨季のトルコGP以来、また新天地アストンでの初ポディウムに満面の笑みを浮かべた。

3位はアルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリー。自身最高タイの4位からスタート、最後の2周にはフェラーリのシャルル・ルクレールと丁々発止とやりあいながら見事表彰台の一角を守り切った。

2戦連続でポールシッターだったルクレールはレースではペースを維持できず4位。マクラーレン・メルセデスのランド・ノリスは、予選での赤旗中の違反で3グリッド降格ペナルティーを受け9位から出走、5位まで追い上げた。アルピーヌ・ルノーのフェルナンド・アロンソは6位、アルファタウリの角田裕毅は自身最高7位でゴールし、開幕戦に次ぐ入賞を果たした。フェラーリのカルロス・サインツJr.8位、マクラーレンのダニエル・リカルド9位、そしてアルファ・ロメオ・フェラーリのキミ・ライコネンが10位となり今季初ポイントを獲得した。

以下、11位アントニオ・ジョビナッツィ(アルファ・ロメオ)、12位バルテリ・ボッタス(メルセデス)、13位ミック・シューマッハー(ハース・フェラーリ)、14位ニキータ・マゼピン(ハース)、15位ハミルトン(メルセデス)、16位ニコラス・ラティフィ(ウィリアムズ・メルセデス)、17位ジョージ・ラッセル(ウィリアムズ)、18位フェルスタッペン(レッドブル)が完走となった。

ドライバーズチャンピオンシップ首位を争う2人がノーポイントだったことで、1位フェルスタッペン105点、2位ハミルトン101点は変わらず。3位に69点のペレスが上がり、4位ノリス66点、5位ルクレール52点が続いている。

コンストラクターズチャンピオンシップは、メルセデスが無得点に終わったことで、174点を獲得している首位レッドブルが、2位メルセデス(148点)に対し26点もの差をつけることに成功した。3位フェラーリ94点、4位マクラーレン92点とこちらは接戦状態、5位に39点のアルファタウリがつけている。

(文=bg)

 
【F1 2021】波乱の第6戦アゼルバイジャンGPでペレスが自身2勝目の画像拡大

関連キーワード:
F1 2021, モータースポーツ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事