ランドローバーのSUV「ディスカバリー」がマイナーチェンジ 新型の直6エンジンを搭載

2021.07.08 自動車ニュース webCG 編集部
ランドローバー・ディスカバリー
ランドローバー・ディスカバリー拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2021年7月8日、大型SUV「ランドローバー・ディスカバリー」の2022年モデルを発表。同日、注文受け付けを開始した。

 
ランドローバーのSUV「ディスカバリー」がマイナーチェンジ 新型の直6エンジンを搭載の画像拡大
 
ランドローバーのSUV「ディスカバリー」がマイナーチェンジ 新型の直6エンジンを搭載の画像拡大
 
ランドローバーのSUV「ディスカバリー」がマイナーチェンジ 新型の直6エンジンを搭載の画像拡大
 
ランドローバーのSUV「ディスカバリー」がマイナーチェンジ 新型の直6エンジンを搭載の画像拡大
 
ランドローバーのSUV「ディスカバリー」がマイナーチェンジ 新型の直6エンジンを搭載の画像拡大
 
ランドローバーのSUV「ディスカバリー」がマイナーチェンジ 新型の直6エンジンを搭載の画像拡大
 
ランドローバーのSUV「ディスカバリー」がマイナーチェンジ 新型の直6エンジンを搭載の画像拡大
 
ランドローバーのSUV「ディスカバリー」がマイナーチェンジ 新型の直6エンジンを搭載の画像拡大

運転支援システムやインフォテインメントシステムも強化

2022年モデルのディスカバリーには、2017年の現行型登場以来初となる、大幅なマイナーチェンジが施されている。

特に大きいのがエンジンラインナップの刷新で、「INGENIUM」と呼ばれるジャガー・ランドローバー独自開発の3リッター直6ガソリンエンジン(最高出力360PS、最大トルク500N・m)と、同ディーゼルエンジン(最高出力300PS、最大トルク650N・m)が採用された。パワートレインの電動化も推し進められており、両エンジンともにベルトインテグレーテッドスタータージェネレーター(BiSG)とリチウムイオンバッテリーで構成される、48Vのマイルドハイブリッドシステムが組み合わされている。

内外装の仕様も変更しており、エクステリアではLEDヘッドランプやテールランプ、前後バンパーの意匠を変更。インテリアでは3列目シートを標準装備としたほか、2列目シートの形状を変更し、快適性の向上を図っている。また新グレードとして、アグレッシブな内外装が特徴の「R-DYNAMIC」を新設定した。

装備の拡充も図っており、ディスカバリーではこれが初採用となる3Dサラウンドカメラをはじめ、ブラインドスポットアシストやアダプティブクルーズコントロール、クリアイグジットモニター、リアコリジョンモニター、リアトラフィックモニターなどの運転支援システムを標準装備。インフォテインメントシステムはジャガー・ランドローバー最新の「Pivi Pro」で、付帯するオンラインパックには、各種コネクテッドアプリをデータ容量を気にせず利用できる専用のデータプランが用意されている。

さらに空調には、多機能な空気浄化システムをオプションで用意。外気の状態や車内のCO2量をモニタリングし、必要に応じて内気循環を作動させたり、エアコン動作時にマイナスイオンを発生させたりするほか、PM2.5や花粉、バクテリアなどのアレルゲン物質を取り除くフィルターも備わっている。

ボディーカラーは、新色の「ハクバシルバー」「ランタオブロンズ」「シャラントグレイ」を含む全12色。ラインナップと価格は以下の通り。

【3リッター直6ガソリンモデル】

  • P360:780万円
  • S P360:815万円
  • SE P360:885万円
  • R-DYNAMIC SE P360:930万円
  • R-DYNAMIC HSE P360:978万円

【3リッター直6ディーゼルモデル】

  • D300:840万円
  • S D300:886万円
  • SE D300:950万円
  • R-DYNAMIC SE D300:996万円
  • R-DYNAMIC HSE D300:1031万円

(webCG)

関連キーワード:
ディスカバリー, ランドローバー, 自動車ニュース