アウディが「Q5スポーツバック」を日本に導入 記念モデル「1st edition」も設定

2021.07.14 自動車ニュース
アウディQ5スポーツバック
アウディQ5スポーツバック拡大

アウディ ジャパンは2021年7月14日、クーペスタイルのミドルクラスSUV「Q5スポーツバック」を、同年8月17日に発売すると発表した。

 
アウディが「Q5スポーツバック」を日本に導入 記念モデル「1st edition」も設定の画像拡大
 
アウディが「Q5スポーツバック」を日本に導入 記念モデル「1st edition」も設定の画像拡大
 
アウディが「Q5スポーツバック」を日本に導入 記念モデル「1st edition」も設定の画像拡大
 
アウディが「Q5スポーツバック」を日本に導入 記念モデル「1st edition」も設定の画像拡大
Q5スポーツバック40 TDIクワトロ アドバンスト
Q5スポーツバック40 TDIクワトロ アドバンスト拡大
Q5スポーツバック40 TDIクワトロSライン
Q5スポーツバック40 TDIクワトロSライン拡大
マトリクスOLEDリアライト
マトリクスOLEDリアライト拡大
 
アウディが「Q5スポーツバック」を日本に導入 記念モデル「1st edition」も設定の画像拡大

SUVの機能性とスポーティーなスタイリングを併せ持つ

Q5スポーツバックは、アウディのミドルクラスSUVである「Q5」をベースとした派生モデルであり、「A5スポーツバック」や「A7スポーツバック」などに通じる、テールゲートと一筆書きでつながる伸びやかなルーフラインを特徴としている。SUVのスポーツバックとしては「Q3スポーツバック」「e-tronスポーツバック」に続く3番目のモデルにあたり、アウディは同車について「クーペスタイルのスポーティーなキャラクターと高い実用性を兼ね備えたモデル」と説明している。

エクステリアは、Q5のデザインコンセプトを踏襲しつつ上述の独自のルーフラインを取り入れたものとなっているが、同時にシングルフレームグリルや前後バンパーも専用の意匠とすることで、ベース車との違いを強調。ボディーサイズはQ5より全長が15mm長く、全高が5mm低くなっており(全幅は同等)、よりロー&ロングなスタイリングとなった。

ディテールはグレードによって異なり、「アドバンスト」ではアウディSUV製品群の最上級モデル「Q8」に通じるグリッド形状のグリルにマットアルミルックの垂直ラインを採用。オプションとしてマトリクスLEDヘッドライトや19インチアルミホイールなどからなる「plusパッケージ」も用意している。一方「Sライン」では、グリルがスポーツバック専用のアルミニウムルックインサート付きハニカムメッシュグリルとなるほか、マトリクスLEDヘッドライトを標準装備。前後ランプにはダイナミックインジケーターを内蔵している。

エンジンは2リッター直4ディーゼルターボのみ

一方、インテリアにはベース車のQ5と同じくアウディ最新のインフォテインメントシステム「MIB3」を搭載。10.1インチのセンターディスプレイはタッチパネル式となっており、よりシンプルでクリーンなインストゥルメントパネルまわりを強調している。また、こちらの仕様もグレードによって異なり、Sラインにはマイクロファイバースエードの「ダイナミカ」とレザーのコンビシートを採用。一方アドバンストでは、ドアアームレストやセンターコンソールにアーティフィシャルレザーを用いており、またリアシートヒーターなどからなる「ラグジュアリーパッケージ」を設定している。 

車内については、空間効率の高さも特徴として挙げられており、“後ろ下がり”のルーフラインとしながらも、ベース車のQ5から後席居住空間の減少はほとんどないという。さらにラゲッジスペースには5名乗車時で510リッター、後席格納時で1480リッターの容量を確保。それぞれ520リッター/1520リッターのQ5より、積載能力のダウンを最小限に抑えている。

パワーユニットは最高出力204PS、最大トルク400N・mを発生する2リッター直4ディーゼルターボエンジンで、ベルト駆動式オルタネータースターター(BAS)と12Vのリチウムイオンバッテリーを用いたマイルドハイブリッドシステムを組み合わせることにより、高効率な走りを追求。トランスミッションにはデュアルクラッチ式ATの7段Sトロニックを採用している。

駆動システムは「クワトロ」フルタイム4WDで、FF走行時にはドライブトレインからプロペラシャフトとリアドライブシャフトをクラッチで切り離すことにより“引きずり抵抗”を低減。低負荷走行時には積極的にエンジンを切ってコースティング(惰力走行)を行い、実燃費の向上を図っている。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • 40 TDIクワトロ アドバンスト:729万円
  • 40 TDIクワトロSライン:787万円

日本導入を記念した限定モデルも登場

またQ5スポーツバックの日本導入を記念して、限定モデル「1st edition(ファーストエディション)」も設定される。

40 TDIクワトロSラインをベースに、より装備を充実させたもので、カタログモデルにはオプションでも設定のないマトリクスOLEDリアライトを採用。このランプには後続車へのアラート機能が備わっており、停車中に後続車が2m以内の距離まで近づくと、超音波センサーがそれを探知してリアランプを点灯。後続車のドライバーに注意を促すという。 

またコントラストペイントや、コントラストカラーの20インチホイール、ダンピングコントロール付きサスペンション、ファインナッパレザーの採用なども、ファーストエディションの特徴となっている。

価格は837万円。販売台数は、ボディーカラーが「ウルトラブルーメタリック」のものが130台、「グレイシアホワイトメタリック」のものが100台の、計230台となっている。

(webCG)

◆関連ニュース:アウディが「SQ5スポーツバック」の日本導入を発表
◆ギャラリー:アウディQ5スポーツバック 1st edition

関連キーワード:
Q5スポーツバック, アウディ, 自動車ニュース

アウディ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディQ5スポーツバック 1st edition 2021.7.14 画像・写真 バラエティー豊かなSUVを取りそろえるアウディから、クーペスタイルのニューモデル「Q5スポーツバック」が登場。SUVの機能性とスポーティーなスタイリングを併せ持つ最新モデルの姿を、発表会の様子とともに写真で紹介する。
  • ランドローバー・ディフェンダー110 X D300/ディフェンダー90 HSE P300【試乗記】 2021.7.15 試乗記 ランドローバーの本格クロスカントリーモデル「ディフェンダー」に、魅力的な2つの仕様が追加された。3ドア・ショートボディーの「90」と、最大トルク650N・mを誇る3リッター直6ディーゼル。日本に導入されたばかりの、両モデルの走りをリポートする。
  • アウディA3スポーツバック(FF/7AT)/A3セダン(FF/7AT)【試乗記】 2021.7.7 試乗記 新型「アウディA3」のスタンダードモデルには1リッター直3エンジンが搭載されている。気になるのは、電気とターボの力を借りた最新ユニットとはいえ、果たしてそれでプレミアムモデルとして成立するかというところだろう。「スポーツバック」と「セダン」で試してみた。
  • アウディが「SQ5スポーツバック」の日本導入を発表 スポーティーな走りが自慢の高性能SUV 2021.7.14 自動車ニュース アウディが高い動力性能を特徴とする「SQ5スポーツバック」の日本導入を発表。クーペスタイルのミドルクラスSUV「Q5スポーツバック」の高性能モデルにあたり、最高出力354PSの3リッターV6ターボエンジンや、機械式デフ付きのフルタイム4WDを採用している。
  • ポルシェ911ターボ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.7.3 試乗記 最高出力580PS、最大トルク750N・mのパフォーマンスを誇る「ポルシェ911ターボ」に試乗。さまざまなステージで600km以上を走り込むと、先に登場した上位モデル「ターボS」とのちがいが見えてきた。果たしてこの“素のターボ”を選ぶ意味とは?
ホームへ戻る