クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

アウディQ5スポーツバック ファーストエディション(FF/7AT)

スタイルこそ命 2021.08.11 試乗記 「アウディQ5」から派生したニューモデル「Q5スポーツバック」が上陸。クーペスタイルのスポーティーなフォルムと、最新のディーゼルパワートレイン「40 TDIクワトロ」が織りなす走りを、ロングドライブに連れ出し確かめてみた。

買い得感のあるファーストエディション

Q5スポーツバックは、BMWでいうと「X4」、メルセデスなら「GLCクーペ」に相当するQ5のクーペ版で、ベースとなる現行2代目Q5のデビューから約4年遅れの追加となった。Q5といえば、日本でもマイナーチェンジモデルが2021年2月に上陸しており、今回のQ5スポーツバックも、ハードウエアはその最新型Q5と同様である。ちなみに本国ではマイチェン版Q5が2020年6月、スポーツバックが同年11月に登場しており、日本での発売は全体に8カ月ほど遅れているが、両車のタイムラグはほぼ同じだ。

車体そのものにおけるスポーツバックならではの造形は、リアに向けて弧を描いて下降していくルーフラインや、強く傾斜したリアゲートなど、センターピラーより後方にかぎられるようだ。実際にはさらに、前後バンパーやグリルの意匠も差別化されている。上級スポーツモデルの「SQ5」を除けば、日本のQ5スポーツバックに用意されるエンジンは、ひとまず2リッターディーゼル=「40 TDIクワトロ」のみである。

今回の試乗車は“記念限定車”の名目で先行輸入された「ファーストエディション」だった。これはカタログモデルでいう「40 TDIクワトロSライン」をベースに、通常はSQ5専用装備となる「マトリクスOLEDリアライト」を備えるほか、コントラストペイントやコントラストカラー20インチホイール、ダンピングコントロール付きサスペンション、ファインナッパレザーシートなど、通常はオプションあるいは設定のない装備の数々をトッピングしている。

まあ、これら特別装備の内容は通常オプションのそれと微妙にちがうのだが、ベースモデル比でプラス50万円というファーストエディションの価格設定には、まずまずの買い得感はある。マトリクスOLEDリアライトのOLEDとはいわゆる有機ELのことで、最近のアウディが順次導入している新機軸だ。通常のLEDライトにはない、浮き上がるようなグラフィックと、後続車に接近を自動警告する機能などがOLEDリアライトの売りだ。

2021年7月14日に日本導入が発表された「アウディQ5スポーツバック」は、ミドルクラスSUV「Q5」をベースとした派生モデル。クーペスタイルのスポーティーなフォルムが特徴だ。
2021年7月14日に日本導入が発表された「アウディQ5スポーツバック」は、ミドルクラスSUV「Q5」をベースとした派生モデル。クーペスタイルのスポーティーなフォルムが特徴だ。拡大
今回の試乗車は「Q5スポーツバック」の日本導入を記念して設定された、限定モデル「ファーストエディション」。カタログモデルには設定のない「マトリクスOLEDリアライト」を標準装備している。車両本体価格は837万円。
今回の試乗車は「Q5スポーツバック」の日本導入を記念して設定された、限定モデル「ファーストエディション」。カタログモデルには設定のない「マトリクスOLEDリアライト」を標準装備している。車両本体価格は837万円。拡大
なだらかに傾斜するルーフラインが特徴的な「Q5スポーツバック」のエクステリアデザイン。全高はベースとなった「Q5」よりも15mm低い1660mmとなっている。
なだらかに傾斜するルーフラインが特徴的な「Q5スポーツバック」のエクステリアデザイン。全高はベースとなった「Q5」よりも15mm低い1660mmとなっている。拡大
導入記念モデル「Q5スポーツバック ファーストエディション」のエクステリアデザインは、「Sライン」に準じたもの。専用アルミニウムルックインサート付きハニカムメッシュグリルや、マトリクスLEDヘッドライトなどが標準装備される。
導入記念モデル「Q5スポーツバック ファーストエディション」のエクステリアデザインは、「Sライン」に準じたもの。専用アルミニウムルックインサート付きハニカムメッシュグリルや、マトリクスLEDヘッドライトなどが標準装備される。拡大

車内の実質的なスペースはQ5と同等

通常のQ5と比較すると全長が15mm長く、全高が5mm低いスポーツバックだが、実用上で影響を受けているのは、見た目からも想像できるように後席空間と荷室である。公式資料によると、後席の頭上高はQ5より16mm減少して、荷室空間はフル乗車時で40リッター削られているという。

ただ、実際のスポーツバックの後席は、身長178cmの典型的胴長日本人である筆者が背筋を伸ばして座っても、頭上にはまだ少し余裕がある。しかも、ホールド性の高い形状でスライド機構まで備わるリアシートそのものもQ5と共通だ。また、数値上は40リッターせまくなっているというトランクスペースも、床の形状や面積、トノカバーより下の荷室高……といった主要部分の寸法では、Q5とのちがいはほとんどない。つまり、使い勝手における実質的な差は驚くほど小さい。

その他のインテリアデザインや装備もベースのQ5と選ぶところはない。マイチェン版Q5と同じ音声操作も可能なタッチセンサー式の10.1インチ中央モニターが目をひくが、もともとが最新の八角形モチーフが使われはじめる直前世代のデザインゆえに、なんとなく古さを感じなくもない。

しかし、ドアポケットにまであしらわれたソフトパッドや、体が当たりやすいところに効果的に配されたレザーパッド、繊細なメッキ使いなど、細部のつくりこみはさすがアウディ。個人的には、ちょっとガチャついた印象のある最新アウディの内装よりも、落ち着いていて好ましいくらい……なんていうと、若者には古いセンスで凝り固まったオジサン世代だと思われてしまうのだろうか。

「Q5スポーツバック」の導入記念モデル「ファーストエディション」には、「ウルトラブルーメタリック」(130台)と「グレイシアホワイトメタリック」(100台)の2種類の外装色が設定されており、今回の試乗車は前者となる。
「Q5スポーツバック」の導入記念モデル「ファーストエディション」には、「ウルトラブルーメタリック」(130台)と「グレイシアホワイトメタリック」(100台)の2種類の外装色が設定されており、今回の試乗車は前者となる。拡大
マット仕上げのアルミパネルが目をひく「Q5スポーツバック」のインテリア。ベースとなった「Q5」と同じく10.1インチモニターを直接タッチして操作を行う、最新のインフォテインメントシステム「MIB3」が標準装備されている。
マット仕上げのアルミパネルが目をひく「Q5スポーツバック」のインテリア。ベースとなった「Q5」と同じく10.1インチモニターを直接タッチして操作を行う、最新のインフォテインメントシステム「MIB3」が標準装備されている。拡大
「Q5スポーツバック ファーストエディション」に標準装備されるファインナッパレザー仕立てのフロントスポーツシート。「ウルトラブルーメタリック」の外装色には、アンスラサイトのステッチが施された「ローターグレー」のシート表皮色(写真)が組み合わされる。
「Q5スポーツバック ファーストエディション」に標準装備されるファインナッパレザー仕立てのフロントスポーツシート。「ウルトラブルーメタリック」の外装色には、アンスラサイトのステッチが施された「ローターグレー」のシート表皮色(写真)が組み合わされる。拡大
「Q5スポーツバック ファーストエディション」のリアシート。フロントシートと同じく、質感の高いファインナッパレザーが採用されている。座面から天井までの高さは「Q5」よりも16mm低い、982mmという設定。
「Q5スポーツバック ファーストエディション」のリアシート。フロントシートと同じく、質感の高いファインナッパレザーが採用されている。座面から天井までの高さは「Q5」よりも16mm低い、982mmという設定。拡大

12Vマイルドハイブリッドの効果は控えめ

改良された新世代ディーゼルエンジンにベルト駆動の12Vスターター兼発電機を備えたマイルドハイブリッド(MHEV)となるパワートレインは、以前に乗ったマイチェン前のQ5ディーゼルと比較すると、確実に洗練された印象だ。エンジンノイズは音量・音質とも当時より確実にディーゼル臭が薄まっている。とくに80~100km/hで淡々と巡航していると、エンジン音はほとんど耳に届かない。

12VのMHEVの効果は、最近ヨーロッパでハヤっている48Vタイプより、体感的な効果ははっきり控えめだ。たとえば、アイドルストップからの再始動も、反応速度やスムーズさにおいてちょっと物足りない。1500rpm付近の超低速域もスムーズであるが、いわゆる電動パワートレインらしいパンチには欠ける気がする。また、実燃費への貢献もごくわずかで、“電動パワートレイン”というには黒子に徹しすぎるくらいのシステムだが、かといって邪魔になるわけではない。

ただ、2000~4000rpmのパワーバンドにハマったときのレスポンスは、ちょっとうれしくなるくらい活発になった。ほどほどの快音を伴いながら、アクセルペダル操作とのラグをほとんど感じさせないリニアな吹け上がりは素直に気持ちいい。このあたり、アクセル操作と明確な過給ラグを感じた以前のディーゼルからはハッキリと進化している。

このように明確にパワーアップしつつも、同時に過給ラグも体感的にほぼ解消してみせているパワートレインの洗練度は、新型エンジンによるところが大きいと思うが、もしかしたら瞬間的なMHEVのアシスト効果があるのかもしれない。もしそうであれば、ここまではパッとしなかった(失礼!)12VのMHEVのありがたみも一気に増すというものだが、実効果がどれくらいなのかは現時点ではよくわからない。

「Q5スポーツバック ファーストエディション」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4695×1900×1660mm、ホイールベースは2825mm。車重は1910kgと発表されている。
「Q5スポーツバック ファーストエディション」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4695×1900×1660mm、ホイールベースは2825mm。車重は1910kgと発表されている。拡大
フロントに縦置きされる2リッター直4ディーゼルターボエンジンには、ベルト駆動式オルタネータースターター(BAS)と12Vのリチウムイオンバッテリーを用いたマイルドハイブリッドシステムが組み込まれている。最高出力204PS/3800-4200rpm、400N・m/1750-3250rpmを発生。
フロントに縦置きされる2リッター直4ディーゼルターボエンジンには、ベルト駆動式オルタネータースターター(BAS)と12Vのリチウムイオンバッテリーを用いたマイルドハイブリッドシステムが組み込まれている。最高出力204PS/3800-4200rpm、400N・m/1750-3250rpmを発生。拡大
トランスミッションは、7段デュアルクラッチ式AT「Sトロニック」を搭載。センターコンソールパネルは、最新のインフォテインメントシステム「MIB3」を採用する「Q5」に準じたデザインとなっている。
トランスミッションは、7段デュアルクラッチ式AT「Sトロニック」を搭載。センターコンソールパネルは、最新のインフォテインメントシステム「MIB3」を採用する「Q5」に準じたデザインとなっている。拡大
「Q5スポーツバック」の荷室容量は、5人乗車の通常使用時で510リッター。後席を折りたためば、最大で1480リッターにまで拡大できる。ベースとなった「Q5」よりも容量は前者で40リッター、後者で70リッター少なくなっている。
「Q5スポーツバック」の荷室容量は、5人乗車の通常使用時で510リッター。後席を折りたためば、最大で1480リッターにまで拡大できる。ベースとなった「Q5」よりも容量は前者で40リッター、後者で70リッター少なくなっている。拡大

レアな足まわりにも注目

本国ではスポーツバックのみスポーツサスペンションを標準にして差異化を図っているようだが、日本では普通のQ5もスポーツバックも「ダイナミックサスペンション」に統一されており、各グレードのタイヤサイズもQ5とスポーツバックで共通である。そこに電子制御の可変ダンパーと20インチタイヤを追加したフットワークは、日本だと現時点でファーストエディションでしか手に入らないレアな組み合わせである。

ファーストエディションのシャシーは、ずばり能力は非常に高い。いくつかのドライブモードも用意されるが、デフォルトの「オート」モードのデキが飛びぬけて良好だ。ここにセットしておけば、市街地でも「コンフォート」に大きく劣らず快適で、高速では明確にフラットとなり、山坂道では「ダイナミック」に匹敵するくらい俊敏に曲がる。ロール剛性も高く、一般公道ではいかに振り回してもロールはほとんど体感できないほどである。

ただ、最近のアウディとしては、乗り心地や接地感が絶品とまではいえないのが、ちょっと残念といえば残念。マイチェン前に試乗した複数台のQ5経験からすると、より有機的な乗り心地や接地感がほしいなら、カタログモデルに用意される「アダプティブエアサスペンション」(Q5スポーツバックでは32万円)を選ぶといいかもしれない。

そんなQ5スポーツバックの本体価格は、カタログモデルどうしで比較すると、同エンジンの同等グレードのQ5に対して48万円高。走行メカや装備内容は普通のQ5と基本的に差はない。「スポーツバックのほうが割高やん。カッコのためだけの48万円か?」との指摘があると思うが、それはそのとおりである。クーペとは本来そういうものだ。

もっとも、実車を目の前にしたときの(Q5との)別物感は写真で見るより明らかに強いし、販売台数もスポーツバックのほうが少なくなるのは間違いない。そうした“たたずまい”や希少性に、ためらいなくエクストラコストを支払える人が、この種の高級クーペの想定顧客である。

(文=佐野弘宗/写真=花村英典/編集=櫻井健一)

山岳路を行く「Q5スポーツバック ファーストエディション」。コイルスプリングに電子制御の連続可変ダンパーを組み合わせた「ダンピングコントロール付きサスペンション」が装備されるのは、現時点ではファーストエディションだけだ。
山岳路を行く「Q5スポーツバック ファーストエディション」。コイルスプリングに電子制御の連続可変ダンパーを組み合わせた「ダンピングコントロール付きサスペンション」が装備されるのは、現時点ではファーストエディションだけだ。拡大
コントラストグレーポリッシュ色の「5セグメントスポークデザイン」アルミホイールは、「Q5スポーツバック ファーストエディション」専用のアイテム。試乗車は255/45R20サイズの「ミシュラン・ラティチュードスポーツ3」タイヤを組み合わせていた。
コントラストグレーポリッシュ色の「5セグメントスポークデザイン」アルミホイールは、「Q5スポーツバック ファーストエディション」専用のアイテム。試乗車は255/45R20サイズの「ミシュラン・ラティチュードスポーツ3」タイヤを組み合わせていた。拡大
「アウディドライブセレクト」の設定画面。「エフィシェンシー」「コンフォート」「オート」「ダイナミック」と、パワーステアリングのアシスト量やシフトタイミングなどを個別に設定できる「インディビジュアル」の全5種類から選択できる。
「アウディドライブセレクト」の設定画面。「エフィシェンシー」「コンフォート」「オート」「ダイナミック」と、パワーステアリングのアシスト量やシフトタイミングなどを個別に設定できる「インディビジュアル」の全5種類から選択できる。拡大
「Q5スポーツバック」のパワートレインは全車、ディーゼルエンジンと「AWDクラッチ」付き4WDシステム「クワトロ」の組み合わせとなる。低負荷時には前輪にのみトルクを配分するほか、エンジンを完全停止し惰力走行を行うコースティング機能も備わっている。
「Q5スポーツバック」のパワートレインは全車、ディーゼルエンジンと「AWDクラッチ」付き4WDシステム「クワトロ」の組み合わせとなる。低負荷時には前輪にのみトルクを配分するほか、エンジンを完全停止し惰力走行を行うコースティング機能も備わっている。拡大

テスト車のデータ

アウディQ5スポーツバック ファーストエディション

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4695×1900×1660mm
ホイールベース:2825mm
車重:1910kg
駆動方式:4WD
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ディーゼル ターボ
トランスミッション:7段AT
最高出力:204PS(150kW)/3800-4200rpm
最大トルク:400N・m(40.8kgf・m)/1750-3250rpm
タイヤ:(前)255/45R20 101W/(後)255/45R20 101W(ミシュラン・ラティチュードスポーツ3)
燃費:14.5km/リッター(WLTCモード)
価格:837万円/テスト車=837万円
オプション装備:なし

テスト車の年式:2021年型
テスト開始時の走行距離:1455km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(2)/高速道路(6)/山岳路(2)
テスト距離:587.0km
使用燃料:48.6リッター(軽油)
参考燃費:12.1km/リッター(満タン法)/12.8km/リッター(車載燃費計計測値)

アウディQ5スポーツバック ファーストエディション
アウディQ5スポーツバック ファーストエディション拡大
 
アウディQ5スポーツバック ファーストエディション(4WD/7AT)【試乗記】の画像拡大
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

アウディ の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。