独ダイムラーが新たなEVコンセプト「コンセプト・メルセデス・マイバッハEQS」を世界初公開

2021.09.06 自動車ニュース
コンセプト・メルセデス・マイバッハEQS
コンセプト・メルセデス・マイバッハEQS拡大

独ダイムラーは2021年9月5日(現地時間)、新たな電気自動車(EV)のコンセプトカー「コンセプト・メルセデス・マイバッハEQS」を世界初公開した。

 
独ダイムラーが新たなEVコンセプト「コンセプト・メルセデス・マイバッハEQS」を世界初公開の画像拡大
 
独ダイムラーが新たなEVコンセプト「コンセプト・メルセデス・マイバッハEQS」を世界初公開の画像拡大
 
独ダイムラーが新たなEVコンセプト「コンセプト・メルセデス・マイバッハEQS」を世界初公開の画像拡大
 
独ダイムラーが新たなEVコンセプト「コンセプト・メルセデス・マイバッハEQS」を世界初公開の画像拡大
 
独ダイムラーが新たなEVコンセプト「コンセプト・メルセデス・マイバッハEQS」を世界初公開の画像拡大

コンセプト・メルセデス・マイバッハEQSは、メルセデスの高級サブブランド、マイバッハ初のEVとなるSUVタイプのコンセプトカーだ。メルセデスのエグゼクティブクラス向けのEVモジュラープラットフォームをベースとしており、伝統のラグジュアリーブランドの電動化された未来を象徴するモデルとうたわれている。

エクステリアでは、低く構えたフロントエンドや傾斜したAピラーからリアスポイラーまでを切れ目のないラインでつないだ、ダイナミックなシルエットが特徴だ。曲面を多用した、流れるようなラインによって新時代への移行を視覚的に表現している。フロントのブラックパネルには、マイバッハならではのピンストライプを大胆にレイアウト。ピンストライプは前後バンパーの下部にもあしらわれている。

ボンネットの先端には「MAYBACH」ロゴが刻まれるほか、リアピラー部分には「M」をかたどったエンブレムが貼られる。このエンブレムのモチーフはヘッドランプユニットやウィンドウモールにも連続的にレイアウトされている。

インテリアではマイバッハ専用の表示スタイルとコンテンツを持つ「MBUXハイパースクリーン」が目を引く。この大型の曲面スクリーンは左右のAピラー間を結ぶように3つのディスプレイが一枚のガラスで覆われてレイアウトされ、1つに融合したかのように収められている。

後席は2人乗りとなっており、2つのファーストクラスシートと左右席を隔てる大型のセンターコンソールを搭載。宙に浮いているかのような形状のセンターコンソールには季節に応じた花を生けられる花瓶が標準装備されるほか、下部には大型の収納スペースを用意。食器類や折り畳み式テーブル、シャンパンゴブレットの箱、冷蔵室などの各種オプションを納められるようにしている。

(webCG)

関連キーワード:
EQS, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG EQS53 4MATIC+ 2021.9.6 画像・写真 独ダイムラーは2021年9月5日(現地時間)、電気自動車「メルセデスAMG EQS53 4MATIC+」を発表した。AMGが手がけた最高出力761PS、最大トルク1020N・mのパワーユニットを搭載する、AMG EQS53 4MATIC+の姿を写真で紹介。
  • AMGが手がけたピュアEV「メルセデスAMG EQS53 4MATIC+」発表 2021.9.6 自動車ニュース 独ダイムラーは2021年9月5日(現地時間)、高性能電気自動車「メルセデスAMG EQS53 4MATIC+」を発表した。オプションの「ダイナミックプラスパッケージ」装着車は、最高出力761PS(560kW)、最大トルク1020N・mを発生する。
  • メルセデス・ベンツEQE 2021.9.6 画像・写真 独ダイムラーは2021年9月5日(現地時間)、ミドルサイズの新型電気自動車「メルセデス・ベンツEQE」を発表した。容量90kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載し、WLTPモードで最大660kmの航続距離を誇るEQEの姿を写真で紹介する。
  • メルセデス・ベンツが新型電気自動車「EQE」を発表 2022年に販売をスタート 2021.9.6 自動車ニュース 独ダイムラーは2021年9月5日(現地時間)、ミドルサイズの新型電気自動車(EV)「メルセデス・ベンツEQE」を発表した。ボディーサイズは、先に登場したEV「EQS」よりもひとまわり小さい設定になっている。
  • メルセデス・ベンツEQS450+(RWD)【海外試乗記】 2021.8.5 試乗記 メルセデスEQの新たな電気自動車「EQS」は新開発のEV専用プラットフォームを使う。そこが既存の「EQC」や「EQA」とは異なる、“S”ならではの扱いなのだろうか。条件付きながら将来のEV専業化を宣言したスリーポインテッドスター、フル電動フラッグシップの仕上がりやいかに!?
ホームへ戻る