「ジープ・コンパス ロンジチュード」の4WDモデル限定発売

2021.10.06 自動車ニュース
ジープ・コンパス ロンジチュード4×4
ジープ・コンパス ロンジチュード4×4拡大

FCAジャパンは2021年10月5日、「ジープ・コンパス」に特別仕様車「ロンジチュード4×4(フォーバイフォー)」を設定し、同年10月16日に240台の台数限定で発売すると発表した。

 
「ジープ・コンパス ロンジチュード」の4WDモデル限定発売の画像拡大
 
「ジープ・コンパス ロンジチュード」の4WDモデル限定発売の画像拡大
 
「ジープ・コンパス ロンジチュード」の4WDモデル限定発売の画像拡大

カタログモデルの「ロンジチュード」が前輪駆動モデルのところ、今回のジープ・コンパス ロンジチュード4×4では、駆動方式を4WDとしているのが最大の特徴だ。

4WDシステムは電子制御式パワートランスファーによって前輪駆動と4輪駆動をシームレスに切り替える「ジープアクティブドライブ」。路面状況に合わせて「サンド/マッド」「スノー」「オート」の3つの走行モードを切り替えられる「セレクテレイン」や坂道を一定速度を維持したまま下れるヒルディセントコントロールも装備する。

このほかLEDヘッドライト(ロー/ハイビーム)やブラックペイントルーフ、プレミアムファブリックシート、オートブレーキホールドを採用したほか、衝突被害軽減ブレーキやブラインドスポットモニター、ストップ&ゴー機能付きのアダプティブクルーズコントロールなども装備している。

ボディーカラーは「ブライトホワイトC/C」(限定100台)と「ブリリアントブラッククリスタルP/C」(同90台)、「グレイマグネシオメタリック」(同50台)の3色をラインナップする。

価格は前輪駆動のロンジチュードから20万円アップの419万円。

(webCG)

関連キーワード:
コンパス, ジープ, 自動車ニュース