「ホンダ・スーパーカブ110/クロスカブ110」のエンジンが新型に

2022.03.28 自動車ニュース
ホンダ・スーパーカブ110
ホンダ・スーパーカブ110拡大

本田技研工業は2022年3月28日、「スーパーカブ110」「クロスカブ110」「クロスカブ110 くまモン バージョン」の仕様を変更すると発表した。いずれも同年4月14日に発売となる。

クロスカブ110
クロスカブ110拡大
クロスカブ110 くまモン バージョン
クロスカブ110 くまモン バージョン拡大

今回3モデルとも、エンジンが最新の排出ガス規制(平成32年<令和2年>排出ガス規制)に対応するものに変更される。

パワーユニットが変わったことで、いずれも最大トルクが8.5N・mから8.8N・mにアップ(8.0PSの最高出力はそのまま)。WMTCモード燃費(1人乗車時)は、従来のスーパーカブ110が67.0km/リッター、クロスカブ110およびクロスカブ110 くまモン バージョンが66.7km/リッターだったのに対し、全車67.9km/リッターへと向上している。

そのほか、フロントのみに作用するABSと前輪ディスクブレーキを採用することで、安全性が向上。メンテナンスのしやすさにも配慮し、キャストホイールおよびチューブレスタイヤも装着される。メーター内にギアポジションや平均燃費、時刻などを表示する機能も追加されている。

各モデルのカラーバリエーションと価格は以下のとおり。

  • スーパーカブ110(グリントウェーブブルーメタリック/パールフラッシュイエロー/バージンベージュ/タスマニアグリーンメタリック/クラシカルホワイト):30万2500円
  • クロスカブ110(マットアーマードグリーンメタリック/パールディープマッドグレー/プコブルー):36万3000円
  • クロスカブ110 くまモン バージョン(グラファイトブラック):37万4000円

(webCG)

関連キーワード:
クロスカブ, スーパーカブ, ホンダ, 自動車ニュース