ダンロップはガレージの世界観で一押しのタイヤを紹介【東京オートサロン2023】

2022.12.21 自動車ニュース webCG 編集部

住友ゴム工業は2022年12月21日、千葉・幕張メッセで開催される「東京オートサロン2023」(開催期間:2023年1月13日~15日)の出展概要を発表した。

今回のダンロップの展示テーマは「DUNLOP otona GARAGE」。こだわりの大人のカーライフを、DUNLOPセレクトのタイヤラインナップとともに、アウトドア/ホビー/チューニング/クラシックの4つのコンセプトで表現するという。

さらに、画家の松崎大輔氏による展示車両へのライブペイントパフォーマンスや、子どもも参加できるペイントワークショップ、スペシャルゲストによるこだわりのカーライフをテーマにしたトークショーも開催される予定だ。

会場に出展されるタイヤと装着車両(カッコ内)は以下のとおり。

  • ALL SEASON MAXX AS1(ルノー・カングー)
  • グラントレックMT2(スズキ・ジムニーPRO-STAFF Custom)
  • ディレッツァ03G(ホンダ・タクティカルアート シビックEK4)
  • SP SPORT MAXX 060+(トヨタ・スープラDUNLOP otona GARAGE Edition)
  • ル・マンJ-CINQ(オースチン・ミニクーパーS)
  • SP SPORT R7(ローバー・ミニクーパー1.3)

(webCG)

東京オートサロン2023におけるダンロップブースのイメージ。
東京オートサロン2023におけるダンロップブースのイメージ。拡大

関連キーワード:
タイヤ・スタッドレスタイヤ, 東京オートサロン2023, モーターショー, 自動車ニュース