ゴールドウインがCAKEのプレミアム電動バイクを日本で発売

2023.01.20 自動車ニュース webCG 編集部
CAKEのステファン・イッターボーンCEO(写真向かって右)と、ゴールドウインの渡辺貴生社長(同左)。
CAKEのステファン・イッターボーンCEO(写真向かって右)と、ゴールドウインの渡辺貴生社長(同左)。拡大

アウトドア用品を手がけるゴールドウインは2023年1月20日、CAKE 0 emission AB(以下、CAKE)の電動バイクを日本で販売すると発表した。

自社製品の特徴を説明するCAKEのイッターボーンCEO。各モデルとも、電動バイクの理想形を追求するためにすべてを新設計。進化の著しいスポーツバイク(自転車)などの技術を、積極的に取り入れたという。
自社製品の特徴を説明するCAKEのイッターボーンCEO。各モデルとも、電動バイクの理想形を追求するためにすべてを新設計。進化の著しいスポーツバイク(自転車)などの技術を、積極的に取り入れたという。拡大
Kalk&(カルク アンド)
Kalk&(カルク アンド)拡大
 
ゴールドウインがCAKEのプレミアム電動バイクを日本で発売の画像拡大
Osa+(オッサ プラス)
Osa+(オッサ プラス)拡大
 
ゴールドウインがCAKEのプレミアム電動バイクを日本で発売の画像拡大
今回は「Makka range(マッカ レンジ)」の展示はなく、「Makka flex」(93万5000円)が展示されていた。
今回は「Makka range(マッカ レンジ)」の展示はなく、「Makka flex」(93万5000円)が展示されていた。拡大
 
ゴールドウインがCAKEのプレミアム電動バイクを日本で発売の画像拡大
会場にはCAKEの競技車両等も展示されていた。写真向かって左から順に、オフロードバイクの「GO」「Kalk OR race」、配送での使用等を想定した「Makka flex:work」。
会場にはCAKEの競技車両等も展示されていた。写真向かって左から順に、オフロードバイクの「GO」「Kalk OR race」、配送での使用等を想定した「Makka flex:work」。拡大

CAKEは、2016年に創業したスウェーデンの電動バイクメーカーである。軽さとシンプルさを追求した独創的なデザインのモデルを、環境負荷に配慮した製法のもとにリリースしており、生産工程で排出される二酸化炭素の低減や、プラスチック部品の植物由来の素材への置換などを押し進めている。

一方、ゴールドウインも2021年に発表した中期経営計画において、環境配慮素材の積極採用や、リサイクル/アップサイクル事業の推進を表明するなど、環境負荷低減に対する取り組みを強化。CAKEの展開するバイクに親和性を感じたことから、2022年10月7日に日本国内における独占的パートナー契約を締結したという。

今後は、2023年1月末に東京・原宿で一般向けの展示会や試乗会を実施。同年4月には東京・丸の内にショールームを開設する。並行して、2023年春よりウェブ限定で予約受け付けを開始。販売目標台数は、2023年1月からの3年間で5000台としている。

主要販売モデルの概要は以下のとおり。

■Kalk&(カルク アンド)

  • 価格:291万5000 円
  • 最高速度:90km/h
  • 一充電走行距離:86km
  • 最大瞬間出力/定格出力:10kW/5.8kW
  • 車両重量:79㎏
  • 免許:普通自動二輪(中型)

■Osa+(オッサ プラス) 

  • 価格:225万5000円
  • 最高速度:90km/h
  • 一充電走行距離:111km
  • 最大瞬間出力/定格出力:9kW/6.0kW
  • 車両重量:89㎏
  • 免許:普通自動二輪(中型)

■Makka range(マッカ レンジ)

  • 価格:86万9000円
  • 最高速度:25km/h
  • 一充電走行距離:66km
  • 最大瞬間出力/定格出力:1kW/0.6kW
  • 車両重量:70㎏
  • 免許:原動機付自転車免許(原付)

(webCG)
 

関連キーワード:
バイク, 自動車ニュース