三菱、「RVR」にナビ付きの特別仕様車を設定

2010.12.03 自動車ニュース

三菱、「RVR」にナビ付きの特別仕様車を設定

三菱自動車は2010年12月2日、SUV「RVR」に特別仕様車「1stアニバーサリー エディション」を設定し、発売した。

■HDDナビ&ETC付きで13万円以上お得

今回の特別仕様車「RVR 1stアニバーサリー エディション」は、「M」と「G」をベースに、高機能のカーナビをはじめとする装備が与えられた上で、リーズナブルな価格に設定されたモデルだ。特別装備されるカーナビは、ミュージックサーバー機能、携帯音楽プレーヤーとの接続機能、走行情報や環境情報などのインフォメーション機能をもつ、地上デジタルテレビチューナー付きの7インチワイドディスプレイHDDナビゲーション(通常オプション価格は「M」で34万6500円、「G」で33万6000円)。このナビと料金履歴表示などの機能で連動する、ビルトインETCユニットも特別装備される。

さらに「M 1stアニバーサリー エディション」では、マニュアルエアコンがフルオートエアコンにグレードアップされるほか、ウレタンのステアリングホイール&シフトノブが本革巻きに。またフロアコンソールボックスが前後スライド式アームレスト&コンソールトレイに変更される。

価格は、ベース車の19万4350円〜21万6500円高で、「M 1stアニバーサリー エディション」が213万8000円(FF車)/240万円(4WD車)、「G 1stアニバーサリー エディション」は238万2000円(FF車)/264万4000円(4WD車)。

(webCG 曽宮)

「三菱RVR 1stアニバーサリー エディション」
「三菱RVR 1stアニバーサリー エディション」 拡大

関連キーワード:
RVR, 三菱, 自動車ニュース

三菱 RVR の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱パジェロ ファイナルエディション(4WD/5AT)【試乗記】 2019.7.26 試乗記 かつてスキー場の駐車スペースを埋め尽くすほどの人気を誇った「三菱パジェロ」が、日本を去ろうとしている。初代モデルから37年の歴史を持つ同車の“進化の最終形”をうたう特別仕様車「ファイナルエディション」に試乗し、別れのあいさつを交わした。
  • 三菱が最新型「パジェロスポーツ」を初公開 グローバルモデルとして約90カ国での販売を計画 2019.7.25 自動車ニュース 三菱自動車は2019年7月25日、ミッドサイズSUV「パジェロスポーツ」の最新型をタイで世界初公開し、同国での販売を開始した。タイのラムチャバン工場で生産し、フィリピンやオーストラリアなど約90カ国での販売を計画しているという。
  • トヨタ・カローラ/カローラ ツーリング/カローラ スポーツ【試乗記】 2019.10.11 試乗記 1966年以来の伝統を誇る「トヨタ・カローラ」の現行モデルに、4ドアセダンとワゴンの「ツーリング」が登場。専用設計のショート&ナローなボディーを持つ日本仕様の出来栄えやいかに? 足まわりに改良を受けた「カローラ スポーツ」の走りもあわせて報告する。
  • ボルボV40クロスカントリーT5 AWDサマム(4WD/8AT)【試乗記】 2019.10.9 試乗記 長年にわたってボルボの販売面での主役を務めてきた「ボルボV40/V40クロスカントリー(CC)」が、2019年内に生産終了を迎える。最後の試乗の出発地は栃木・宇都宮。東京を目指す道のりで、V40CCとじっくり向き合ってみた。
  • プジョー508SWアリュール(FF/8AT)【試乗記】 2019.9.30 試乗記 「プジョー508」のステーションワゴン版「SW」に試乗。新型ではプジョー車から一時失われつつあったフランス車らしい美点が復活! さらに、かつては望むべくもなかったフランス車らしからぬ(?)先進性までもが備わっていたのだった。
ホームへ戻る