トヨタ・ハイエース燃費向上 減税も

2010.07.26 自動車ニュース

「トヨタ・ハイエース」燃費向上で、よりお求めやすく

トヨタ自動車は、「ハイエース」の商用バンと乗用ワゴン、コミューターならびに、その姉妹車の商用バン「レジアスエース(バン)」の仕様を変更し、2010年7月26日に発売した。

今回のマイナーチェンジのポイントは、燃費性能の向上だ。
3リッター直噴ターボディーゼルモデルは、触媒が変更されるとともに、ピエゾインジェクターが採用され、排ガスはよりクリーンに。燃費性能もアップした。バンとコミューターのディーゼル車はエコカー減税の対象となり、自動車取得税と自動車重量税が75%減免された。
2リッターと2.7リッターのガソリン車(FR車)も、エンジンとトランスミッションの制御と触媒が変更され、バン(FR車)が同様に50%の減税対象となった。

内外装も、フロントバンパー、ヘッドランプ、フロントグリルドアトリムが手直しされ、ダークグレーの内装が採用されるなどの変更を受けた。

ほか、上級グレード「DX」でパワーウィンドウが標準装備となり、ディスチャージヘッドランプがオプション設定されるなど、機能面も改められた。

価格は、「ハイエース」と「レジアスエース」のバンが同じで、205万7000円から350万7000円。「ハイエース」のワゴンが、243万6000円から350万円。同「コミューター」が267万2000円から328万1000円までとなっている。

(webCG 関)

関連キーワード:
ハイエースワゴン, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ ハイエースワゴン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 2018ワークスチューニンググループ合同試乗会(前編:TRD/STI編)【試乗記】 2018.8.13 試乗記 TRD/STI/NISMO/無限という国内メーカー直系の4ブランドが、“峠道”のようなクローズドコースで合同試乗会を開催。まずはTRDがチューンした「クラウン」「ハイエース」と、STIのパーツをフル装備した「WRX STIタイプRA-R」「フォレスター」「インプレッサスポーツ」の走りをリポートする。
  • トヨタが新型「ハイエース」を世界初公開 2019.2.18 自動車ニュース トヨタ自動車は2019年2月18日、フィリピンにおいて、商用ワンボックス「ハイエース」の海外向け新シリーズを世界初公開した。刷新された専用プラットフォームにより、快適性と安全性を向上させるとともに、日常生活やビジネスで役立つ優れた基本性能と高い耐久性を持つという。
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2019.9.18 試乗記 活況を呈する昨今のコンパクトSUV市場にあって、いまひとつ存在感を示せていない「スズキ・エスクード」。しかし実際に試乗してみると、軽快な走りと本格的な4WDシステム、優れた実用性を併せ持つ、侮れない実力の持ち主だった。
  • スバルが「インプレッサ」の大幅改良を予告
    「アイサイト・ツーリングアシスト」を全車に標準化
    2019.8.27 自動車ニュース スバルは2019年8月27日、同年秋に発売を予定している「インプレッサ」の改良モデルに関する事前情報を専用ウェブサイトで公開するとともに、先行予約の受け付けを開始した。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
ホームへ戻る