トヨタが新型「ハイエース」を世界初公開

2019.02.18 自動車ニュース
フィリピンでお披露目された「トヨタ・ハイエース」の新シリーズ。
フィリピンでお披露目された「トヨタ・ハイエース」の新シリーズ。拡大

トヨタ自動車は2019年2月18日、フィリピンにおいて、商用ワンボックス「ハイエース」の海外向け新シリーズを世界初公開した。

 
トヨタが新型「ハイエース」を世界初公開の画像拡大
 
トヨタが新型「ハイエース」を世界初公開の画像拡大
 
トヨタが新型「ハイエース」を世界初公開の画像拡大
 
トヨタが新型「ハイエース」を世界初公開の画像拡大
 
トヨタが新型「ハイエース」を世界初公開の画像拡大
 
トヨタが新型「ハイエース」を世界初公開の画像拡大
 
トヨタが新型「ハイエース」を世界初公開の画像拡大
 
トヨタが新型「ハイエース」を世界初公開の画像拡大

トヨタ・ハイエースの新シリーズは、刷新された専用プラットフォームを採用。快適性と安全性を大幅に向上させるとともに、日常生活やビジネスで役立つ優れた基本性能と高い耐久性を持つとアピールされている。

昨今、自動車市場が拡大している新興国・地域では、物流に加えて、観光用ミニバスや乗り合いバス等の乗客輸送の需要が拡大。新シリーズは、こうした多様なニーズに応えることを目的として開発されている。フィリピンでの発売以降、2020年にかけて、新興国を中心とした国と地域に順次投入される予定だ。なお、市場環境が異なる日本では、従来モデルのハイエースが継続販売される。

エクステリアデザインは、セミボンネット化したパッケージを生かしつつ、ハイエースの特徴である「信頼感・力強さ・機能美」を継承・進化。快適かつ先進的な空間を想起させるスタイルを実現したという。

インテリアには、用途に応じた座席と荷室のレイアウトを複数用意。バンの荷室は、世界各国のパレットが搭載できるよう配慮されている。このほか大型のドアトリムポケットや大型のシート下収納などを採用し、機能性を高めている。

ボディータイプは「ショート・標準ルーフ」と「ロング・ハイルーフ」の2タイプを設定。「バン」以外にも、乗り合いバス用途で最大17人が乗車可能な「コミューター」と、快適装備と専用インテリアを採用した「ツーリズム」を用意する。ボディーのスリーサイズはショート・標準ルーフが全長×全幅×全高=5265(+570)×1950(+255)×1990(+10)mmで、ホイールベースは3210(+640)mm。ロング・ハイルーフが同5915(+535)×1950(+70)×2280(-5)mmで、ホイールベースが3860(+750)mm(カッコ内は従来型との差)。

TNGA(Toyota New Global Architecture)に基づく新設計ボディーの採用により、乗り心地と静粛性、安全性能が大幅に向上。各国のさまざまな道路環境においても安心・安全を感じられる高い耐久性と、長距離走行でも疲れない快適性を実現している。パワーユニットは2.8リッターディーゼル「1GD」と3.5リッターガソリン「7GR」の2タイプのエンジンを設定する。

安全装備も強化されており、「Toyota Safety Sense」の採用により、ユーロNCAPで五つ星相当の性能を実現している。

(webCG)

関連キーワード:
ハイエースワゴン, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ ハイエースワゴン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 2018ワークスチューニンググループ合同試乗会(前編:TRD/STI編)【試乗記】 2018.8.13 試乗記 TRD/STI/NISMO/無限という国内メーカー直系の4ブランドが、“峠道”のようなクローズドコースで合同試乗会を開催。まずはTRDがチューンした「クラウン」「ハイエース」と、STIのパーツをフル装備した「WRX STIタイプRA-R」「フォレスター」「インプレッサスポーツ」の走りをリポートする。
  • 日産スカイラインGT Type SP(ハイブリッド) /スカイラインGT Type P(V6ターボ)【試乗記】 2019.9.5 試乗記 マイナーチェンジを受けた「日産スカイライン」のハイブリッドモデルと、日本初導入の3リッターV6ターボモデルに試乗。前者に国産市販車として初めて搭載された、同一車線内での“ハンズオフ”走行を実現する運転支援システム「プロパイロット2.0」の実用性や使い勝手を確かめてみた。
  • BMW 320d xDrive Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.8.26 試乗記 新型「BMW 3シリーズ」に追加された2リッター直4ディーゼルモデル「320d xDrive Mスポーツ」に試乗。その出来栄えは、「BMWといえばガソリン直列6気筒」といった“伝統的エンスー”の固定観念を覆す、実に印象的なものだった。
  • メルセデスAMG CLS53 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2019.8.15 試乗記 最高出力435psを誇る「メルセデスAMG CLS53 4MATIC+」は、4ドアクーペ「CLS」のトップパフォーマンスモデルだ。公道で実力の一端を……と試乗に臨んだリポーターは、むしろ“公道でこそ”と思えるフットワークの仕上がりに驚いたのだった。
  • 第142回:タントカスタムで辰巳へGO! 2019.9.10 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第142回は「タントカスタムで辰巳へGO!」。カーマニアの聖地で、軽トールワゴンはどう見えるのか!? スーパーカーを愛する筆者が抱いた、ある思いとは? 新型「タント」のプチ試乗リポートとともにお送りする。
ホームへ戻る