トヨタ、プロボックスとサクシードを一部改良

2010.06.02 自動車ニュース

トヨタ、「プロボックス」と「サクシード」の一部をエコカー減税対応に

トヨタ自動車は2010年6月1日、「プロボックス」「サクシード」を一部改良し、発売した。

今回行われた一部改良の眼目は、環境性能の向上と快適装備の追加である。

バンの1.5リッター車は、オルタネーターの制御などを改良したことにより、10・15モード燃費を従来比+0.2km/リッターの16.0km/リッターに改善。さらにCNG(天然ガス)車を除くガソリン車全車においてエンジンECUを変更し、空燃費センサーを追加することで、排出ガスを低減した。これらにより、バンの1.3、1.5リッター車(いずれもガソリンのFF/4AT)は、エコカー減税(50%)の対象となった。

装備面では、プロボックスのドアミラーに電動リモコン式を採用。一部グレードにはUVカット機能付きプライバシーガラスとカラードアウトサイドドアハンドルを標準とした。
一方サクシードでは、リアコンビネーションランプのカラーリングが変更された。

ボディカラーはプロボックス/サクシードともに、新色2色を含む5色のラインナップ。価格はプロボックス バンが109.8万円から283.7万円、プロボックス ワゴンが126.5万円から166.7万円。サクシード バンは131.4万円から173.5万円、サクシード ワゴンは149.1万円から177.5万円。

一部改良と同時に、特別仕様車「プロボックス ワゴン F“エクストラパッケージ・リミテッド”」と「サクシード ワゴン TX“Gパッケージ・リミテッド”」が設定された。
ボディカラーに特別色のマルーンブラウンマイカが追加され、サクシードには14インチアルミホイールが標準装備される。価格はプロボックス ワゴン F“エクストラパッケージ・リミテッド”が142.6万円から171.5万円、サクシード ワゴン TX“Gパッケージ・リミテッド”は163.3万円と184.3万円。

(webCG 本諏訪)

「プロボックス バン 1.5DX“コンフォートパッケージ”」
「プロボックス バン 1.5DX“コンフォートパッケージ”」 拡大
「サクシード バン UL“Xパッケージ”」
「サクシード バン UL“Xパッケージ”」 拡大

関連キーワード:
サクシード, プロボックス, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ サクシード の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・サクシードTX(FF/CVT)【試乗記】 2019.2.5 試乗記 ついに「プロボックス/サクシード」にもハイブリッドモデルが登場。ハイブリッドを世に広めたトヨタにさえ、なぜかこれまで設定のなかった“はたらくクルマ”のハイブリッド、その仕上がりをリポートする。
  • 三菱デリカD:5 P(4WD/8AT)【試乗記】 2019.5.20 試乗記 大きく変わったフロントマスクが話題の「三菱デリカD:5」だが、パワートレインをはじめとした中身の洗練ぶりもかなりのものだ。「デリカじゃなきゃダメ」というこだわりのユーザーを生み出す、孤高のミニバンの進化のほどを探った。
  • デュアルクラッチはもうイヤだ!
    編集部員のマイカー探しに見る“いいクルマ”の普遍の条件
    2019.4.22 デイリーコラム webCG編集部の折戸青年がマイカーを買い替え! 3代目「ボルボV70」の中から、わざわざ自分でタマを探してまで「T5 SE」を購入した理由とは? 購入談の裏にある非カーマニア系オーナーのこだわりを通して、“いいクルマ”の普遍の条件について考えた。
  • 改良型ガソリンエンジン搭載の「プジョー3008/5008」発売 2019.5.21 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2019年5月21日、改良型1.6リッター直4ガソリンエンジンと8段ATを採用した「プジョー3008/5008」を発売した。このエンジンは最高出力180ps、最大トルク250Nmを発生し、欧州環境規制ユーロ6.2に対応する。
  • 「トヨタ・スープラ」が17年ぶりに復活 2019.5.17 自動車ニュース トヨタ自動車は2019年5月17日、FRスポーツカー「スープラ」の新型を発表。同日、国内での販売を開始した。3リッター直6ターボと2リッター直4ターボを搭載する、全3グレードがラインナップされる。
ホームへ戻る