トヨタ、プロボックスとサクシードを一部改良

2010.06.02 自動車ニュース

トヨタ、「プロボックス」と「サクシード」の一部をエコカー減税対応に

トヨタ自動車は2010年6月1日、「プロボックス」「サクシード」を一部改良し、発売した。

今回行われた一部改良の眼目は、環境性能の向上と快適装備の追加である。

バンの1.5リッター車は、オルタネーターの制御などを改良したことにより、10・15モード燃費を従来比+0.2km/リッターの16.0km/リッターに改善。さらにCNG(天然ガス)車を除くガソリン車全車においてエンジンECUを変更し、空燃費センサーを追加することで、排出ガスを低減した。これらにより、バンの1.3、1.5リッター車(いずれもガソリンのFF/4AT)は、エコカー減税(50%)の対象となった。

装備面では、プロボックスのドアミラーに電動リモコン式を採用。一部グレードにはUVカット機能付きプライバシーガラスとカラードアウトサイドドアハンドルを標準とした。
一方サクシードでは、リアコンビネーションランプのカラーリングが変更された。

ボディカラーはプロボックス/サクシードともに、新色2色を含む5色のラインナップ。価格はプロボックス バンが109.8万円から283.7万円、プロボックス ワゴンが126.5万円から166.7万円。サクシード バンは131.4万円から173.5万円、サクシード ワゴンは149.1万円から177.5万円。

一部改良と同時に、特別仕様車「プロボックス ワゴン F“エクストラパッケージ・リミテッド”」と「サクシード ワゴン TX“Gパッケージ・リミテッド”」が設定された。
ボディカラーに特別色のマルーンブラウンマイカが追加され、サクシードには14インチアルミホイールが標準装備される。価格はプロボックス ワゴン F“エクストラパッケージ・リミテッド”が142.6万円から171.5万円、サクシード ワゴン TX“Gパッケージ・リミテッド”は163.3万円と184.3万円。

(webCG 本諏訪)

「プロボックス バン 1.5DX“コンフォートパッケージ”」
「プロボックス バン 1.5DX“コンフォートパッケージ”」 拡大
「サクシード バン UL“Xパッケージ”」
「サクシード バン UL“Xパッケージ”」 拡大

関連キーワード:
サクシード, プロボックス, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ サクシード の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・サクシードTX(FF/CVT)【試乗記】 2019.2.5 試乗記 ついに「プロボックス/サクシード」にもハイブリッドモデルが登場。ハイブリッドを世に広めたトヨタにさえ、なぜかこれまで設定のなかった“はたらくクルマ”のハイブリッド、その仕上がりをリポートする。
  • マツダCX-8 XDプロアクティブSパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2020.3.30 試乗記 さらなる高みを目指し、発売後も惜しみなく製品の改良を続けるというマツダ。その基本方針と車両の進化を確かめるべく、3列シートSUV「CX-8」の最新モデルに試乗した。販売の半数以上を占めるというディーゼルモデルの印象を報告する。
  • トヨタ・ヤリス ハイブリッドG(FF/CVT)【試乗記】 2020.3.21 試乗記 トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」がフルモデルチェンジ。プラットフォームやパワートレイン、内外装デザインなどすべてが刷新され、車名まで従来のグローバル名たる「ヤリス」に改められて登場した。まずは最量販モデルと位置付けられる「ハイブリッドG」の出来栄えを確かめる。
  • トヨタ・グランエースG(FR/6AT)【試乗記】 2020.3.19 試乗記 トヨタの大型ミニバン「グランエース」に試乗。年間販売目標600台という数字が示す通り、その実態はプロユースの送迎用車両だ。果たしてそんなクルマに、目の肥えすぎた(?)自動車マニアが飛びついて持て余すことはないのだろうか。にわかオーナー体験の様子をリポートする。
  • マツダCX-5 25T Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2020.3.14 試乗記 近年のマツダは、年次改良どころか、いいものが仕上がれば最良のタイミングでモデルに反映するという方針を打ち出している。今回の2.5リッター直4ターボエンジンが搭載される「CX-5」もそんな一台。最新モデルの進化はいかなるものだったのか。
ホームへ戻る