ポルシェ、「カイエンターボS」の予約受注開始

2012.10.15 自動車ニュース

ポルシェ、「カイエンターボS」の予約受注開始

ポルシェジャパンは2012年10月15日、SUV「カイエン」シリーズのトップグレードとなる「ターボS」の予約受注を11月1日に開始すると発表した。

「カイエンターボS」は最高出力550ps、最大トルク 76.5kgm(750Nm)を誇るポルシェのSUVシリーズ最上級モデルだ。
パワートレインは「カイエンターボ」と同様に4.8リッターV8ツインターボエンジンと8段ティプトロニックSとの組み合わせで、さらなる専用チューニングによって0-100km/h加速4.5秒(カイエンターボ比−0.2秒)、最高速度283km/h(同+5km/h)というスーパースポーツカー並みのパフォーマンスを発揮するという。

一方で、燃費はカイエンターボと同じ11.5リッター/100km(欧州NEDCモード値。約8.7km/リッターに相当)を達成している。

同車は、カイエンターボ同様、ダンパーの減衰力をアクティブに調節するポルシェ・アクティブサスペンション・マネジメントシステム(PASM)やエアサスペンションを装備するのに加え、コーナリング中のボディーロールを大幅に低減させて俊敏性と快適性を向上させるポルシェ・ダイナミックシャシー・コントロールシステム(PDCC)や電子制御リアディファレンシャルとの組み合わせによってエンジントルクを左右のリアホイールに可変配分するポルシェ・トルク・ベクトリングプラス(PTV Plus)などを標準で装備。さらに、スポーツクロノパッケージも標準装備となる。

エクステリアでは、エアインテークグリル、ヘッドライトハウジング、ミラーパーツなどにブラックのハイグロス仕上げが採用されるほか、カイエンターボSの専用ホイールとしてデザインされた「21インチ911ターボIIホイール」も装着される。

インテリアは、これもカイエンターボS専用となる新しいカラーリングのツートンカラーレザーパッケージやカラーパターンを採用。ブラック/カレラレッドとブラック/ルクソールベージュの組み合わせが用意される。

車両価格は1977万円。ハンドル位置は左/右が選べる。

(webCG)

「ポルシェ・カイエンターボS」
「ポルシェ・カイエンターボS」 拡大

ポルシェ、「カイエンターボS」の予約受注開始の画像 拡大

ポルシェ、「カイエンターボS」の予約受注開始の画像 拡大
ポルシェ、「カイエンターボS」の予約受注開始の画像 拡大

関連キーワード:
カイエン, ポルシェ, 自動車ニュース

ポルシェ カイエン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・カイエン(4WD/8AT)【試乗記】 2019.1.16 試乗記 ダイナミックなエクステリアデザインをまとい、前後でサイズの異なるミックスタイヤを採用するなど、スポーツカーらしいキャラクターが一段と強調された3代目「ポルシェ・カイエン」。その走りの質を報告する。
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
  • ポルシェ・マカンGTS(4WD/7AT)【試乗記】 2020.12.12 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ポルシェ・マカンGTS」に試乗。最高出力380PSの新世代2.9リッターV6ターボエンジンと熟成されたシャシーの出来栄えをチェックしながら、他のモデルとは異なるGTSならではの特徴と魅力を探った。
  • ポルシェ・カイエン ターボS Eハイブリッド(4WD/8AT)【試乗記】 2020.10.24 試乗記 車両本体価格2408万円。「ポルシェ・カイエン」シリーズのトップに君臨するのが「カイエン ターボS Eハイブリッド」だ。4リッターのV8ツインターボエンジンをモーターが加勢する、強力無比なプラグインハイブリッドシステムの仕上がりやいかに!?
  • ポルシェ・カイエン クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.4.1 試乗記 「ポルシェ・カイエン クーペ」に試乗。他ブランドではすでにおなじみとなっているデザインコンシャスなSUVだが、ポルシェの仕事を侮ってはいけない。外観だけでなく、走りの性能にも「カイエン」とは異なるクーペらしい味つけが施されているのだ。
ホームへ戻る