特別な「アバルト・プント」、2モデル同時発売

2012.10.24 自動車ニュース

特別な「アバルト・プント」、2モデル同時発売

フィアット クライスラー ジャパンは2012年10月24日、スポーティーなハッチバック車「アバルト・プント エヴォ」を「アバルト・プント」の新名称とするとともに、その特別仕様車である「アバルト・プント スーパースポーツ」「アバルト・プント スコルピオーネ」を発売した。

今回の改称は、「アバルト・プント エヴォ」のベースモデルである「フィアット・プント エヴォ」が「フィアット・プント」へとその名を変更したことによるもの。
ただし、商品としての内容はこれまでと変わらず、走行性能を向上させるオプション「アバルト・プント エッセエッセKONIキット」「アバルト・プント KONIキット」も用意される。

同時に、「アバルト・プント」の特別仕様車も2車種発売された。

そのうち「アバルト・プント スーパースポーツ」は、「グリージョ カンポヴォーロ(グレー)」のボディーカラーと、ボンネットおよびルーフパネルのマットブラックペイント&スペシャルストライプ、専用17インチアロイホイールなどが特徴。
エンジンのアウトプットも、163ps/5500rpm、25.5kgm/2500rpmから180ps/5750rpm、27.5kgm/2500rpmへと増大している。

もう1台の「アバルト・プント スコルピオーネ」はさらに走りにこだわったモデルで、40台の限定で販売される。
「アバルト・プント スーパースポーツ」と同様のエンジンパフォーマンス(180ps、27.5kgm)が与えられるほか、より高性能なブレーキシステムやサスペンションが備わるなど、あらかじめ「アバルト・プント エッセエッセKONIキット」を組み込んだ仕様となっている。
ボディーカラーは「ネロ スコルピオーネ(ブラック)」で、これまた「アバルト・プント スーパースポーツ」と同じペイントやストライプで飾られる。ブラックの18インチアロイホイールや、アルカンターラを用いたSabelt製のフロントシートも特別な装備だ。

価格は、以下のとおり。

・「アバルト・プント」:289万円
・「アバルト・プント スーパースポーツ」:309万円
・「アバルト・プント スコルピオーネ」:374万円

(webCG 関)

「アバルト・プント スーパースポーツ」
「アバルト・プント スーパースポーツ」 拡大
「アバルト・プント スコルピオーネ」
「アバルト・プント スコルピオーネ」 拡大

関連キーワード:
プント, プント スーパースポーツ, アバルト, 自動車ニュース

アバルト プント の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5MT)【試乗記】 2016.3.22 試乗記 アバルトのパフォーマンスモデル「595コンペティツィオーネ」がマイナーチェンジを受けた。160psから180psに強化されて一段とスポーティーになった同車を、一般道、高速道路、そしてワインディングロードで試乗した。
  • アバルト70周年記念モデル「アバルト695 70°Anniversario」国内で初披露 2019.11.11 自動車ニュース FCAジャパンは2019年11月9日、富士スピードウェイで開催した公式イベント「ABARTH DAYS 2019」で、限定車「アバルト695 70°Anniversario(セッタンタ アニヴェルサーリオ)」を日本初公開した。同年11月15日に予約受け付けが開始される。
  • 自分好みの「アバルト595」をつくれるカスタマイズプログラム「メイク・ユア・スコーピオン」実施 2019.10.25 自動車ニュース FCAジャパンは2019年10月23日、アバルトブランドの創始者であるカルロ・アバルトの誕生日と星座(11月15日生まれのさそり座)にちなみ、同年11月15日から12月15日までの期間限定で、「アバルト595」シリーズのカスタマイズプログラムを実施すると発表した。
ホームへ戻る