特別な「アバルト・プント」、2モデル同時発売

2012.10.24 自動車ニュース

特別な「アバルト・プント」、2モデル同時発売

フィアット クライスラー ジャパンは2012年10月24日、スポーティーなハッチバック車「アバルト・プント エヴォ」を「アバルト・プント」の新名称とするとともに、その特別仕様車である「アバルト・プント スーパースポーツ」「アバルト・プント スコルピオーネ」を発売した。

今回の改称は、「アバルト・プント エヴォ」のベースモデルである「フィアット・プント エヴォ」が「フィアット・プント」へとその名を変更したことによるもの。
ただし、商品としての内容はこれまでと変わらず、走行性能を向上させるオプション「アバルト・プント エッセエッセKONIキット」「アバルト・プント KONIキット」も用意される。

同時に、「アバルト・プント」の特別仕様車も2車種発売された。

そのうち「アバルト・プント スーパースポーツ」は、「グリージョ カンポヴォーロ(グレー)」のボディーカラーと、ボンネットおよびルーフパネルのマットブラックペイント&スペシャルストライプ、専用17インチアロイホイールなどが特徴。
エンジンのアウトプットも、163ps/5500rpm、25.5kgm/2500rpmから180ps/5750rpm、27.5kgm/2500rpmへと増大している。

もう1台の「アバルト・プント スコルピオーネ」はさらに走りにこだわったモデルで、40台の限定で販売される。
「アバルト・プント スーパースポーツ」と同様のエンジンパフォーマンス(180ps、27.5kgm)が与えられるほか、より高性能なブレーキシステムやサスペンションが備わるなど、あらかじめ「アバルト・プント エッセエッセKONIキット」を組み込んだ仕様となっている。
ボディーカラーは「ネロ スコルピオーネ(ブラック)」で、これまた「アバルト・プント スーパースポーツ」と同じペイントやストライプで飾られる。ブラックの18インチアロイホイールや、アルカンターラを用いたSabelt製のフロントシートも特別な装備だ。

価格は、以下のとおり。

・「アバルト・プント」:289万円
・「アバルト・プント スーパースポーツ」:309万円
・「アバルト・プント スコルピオーネ」:374万円

(webCG 関)

「アバルト・プント スーパースポーツ」
「アバルト・プント スーパースポーツ」 拡大
「アバルト・プント スコルピオーネ」
「アバルト・プント スコルピオーネ」 拡大

関連キーワード:
プント, プント スーパースポーツ, アバルト, 自動車ニュース

アバルト プント の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アバルト595エッセエッセ(FF/5MT)【試乗記】 2020.10.31 試乗記 「アバルト595」の特別仕様車「esseesse(エッセエッセ)」は、往年の同名モデルをオマージュしたホットハッチ。アクラポヴィッチのマフラーやコニのダンパー、サベルトシートなどでチューンされた刺激的な走りを堪能した。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • フィアット500ev ONE BATTERYプロトタイプ(RWD/4MT)【試乗記】 2020.11.24 試乗記 日本でも大人気の“ヌオーバ チンクエチェント”こと2代目「フィアット500」をベースに、パワーユニットを電動化した「500ev」。日本の博物館がプロデュースしたというキュートな電気自動車は、他のクルマでは得られない魅力とドライブフィールの持ち主だった。
  • フィアット・パンダ クロス4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2020.12.9 試乗記 「フィアット・パンダ」のクロスオーバーモデル「パンダ クロス4×4」が日本に上陸。黄色いボディーにまるで開発テスト車のようなフロントマスクを組み合わせたド派手な個性派の実力を、高速道路や林道で試してみた。
  • 「シトロエンC3」がマイナーチェンジ フロントデザインを一新 2021.1.7 自動車ニュース グループPSAジャパンは2021年1月7日、シトロエンブランドのコンパクトハッチバック車「C3」のマイナーチェンジモデル導入を発表し、販売を開始した。内外装デザインの変更に加えて、1.2リッター直3ターボエンジンの燃費改善を図っている。
ホームへ戻る