トヨタ、ハイエースに上質な内装の特別仕様車

2012.11.01 自動車ニュース

トヨタ、「ハイエース」「レジアスエース」に上質な内装の特別仕様車

トヨタ自動車は、「ハイエース」「レジアスエース」のバンに、特別仕様車「スーパーGL “PRIME SELECTION”」を設定。2012年11月1日に発売した。

今回の特別仕様車は、最上級グレードの「スーパーGL」をベースに、室内空間をより上質に仕立てたもの。シート表皮とドアトリムにエンボス加工付きの専用トリコットを採用し、ステアリングホイールとシフトノブには本革巻き&サイバーカーボン調加飾を施している。

さらに、ロービーム・オートレベリング機能付きのディスチャージヘッドランプや、専用のエンブレムとスカッフプレートも装備。外板色は特別設定色の「ボルドーマイカメタリック」を含む、全4色が用意される。

価格は271万円から360万2000円まで。

(webCG)

「トヨタ・ハイエース」
「トヨタ・ハイエース」 拡大
「トヨタ・レジアスエース」
「トヨタ・レジアスエース」 拡大

関連キーワード:
ハイエースワゴン, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ ハイエースワゴン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 2018ワークスチューニンググループ合同試乗会(前編:TRD/STI編)【試乗記】 2018.8.13 試乗記 TRD/STI/NISMO/無限という国内メーカー直系の4ブランドが、“峠道”のようなクローズドコースで合同試乗会を開催。まずはTRDがチューンした「クラウン」「ハイエース」と、STIのパーツをフル装備した「WRX STIタイプRA-R」「フォレスター」「インプレッサスポーツ」の走りをリポートする。
  • トヨタ・グランエース プレミアム(FR/6AT)【試乗記】 2020.5.1 試乗記 トヨタから大型ミニバン「グランエース」がデビューした。今回試乗したのは全長5300mmものロングボディーを6人で使う豪華仕様「プレミアム」。運転席と後席の仕上がり、すなわち運ぶクルマとしてのドライバビリティーと、運ばれるクルマとしての快適性をチェックした。
  • トヨタが「ハイエース」をマイナーチェンジ 2013.11.28 自動車ニュース トヨタが、商用車の「ハイエース」にマイナーチェンジを施し、発売した。
  • トヨタ・グランエースG(FR/6AT)【試乗記】 2020.3.19 試乗記 トヨタの大型ミニバン「グランエース」に試乗。年間販売目標600台という数字が示す通り、その実態はプロユースの送迎用車両だ。果たしてそんなクルマに、目の肥えすぎた(?)自動車マニアが飛びついて持て余すことはないのだろうか。にわかオーナー体験の様子をリポートする。
  • 圧倒的な地位を築いた孤高の商用車
    「トヨタ・ハイエース」が愛される理由
    2018.8.15 デイリーコラム 2017年にデビュー50周年を迎えた「トヨタ・ハイエース」。新車販売台数の多さに加えて、中古買い取り価格の高さや盗難台数の多さなど、ライバル車と比べて圧倒的な人気となっているのはなぜなのか? 自動車ライター渡辺陽一郎が解説する。
ホームへ戻る